押してダメならば

最終更新日

140111 ren2

力いっぱい押しても開かない扉が、引くと開く。人生において、処世術というのは必要だと思う。それは偽善や欺瞞ではなくて、生きていくための技術だから。ブログにも何度も書いているが、私はたいした人間ではないのに、人様から望まれて手相を見る。人は自分で自分の運命を願うことができるが、見通すときには私情がはいるので、的確に見通すことは難しい。私自身、定期的に自分の方向性をほかの人に見てもらう。

普通の生き方をしていれば、まず接点がないであろう方々と言葉を交わし、人生を垣間見る機会を得られているのは、手相見だからだ。数が増えれば、実生活ではまず、お近づきになれない、なれないだろう方の相談もある。

単に、私を愚痴のゴミ箱にしていると思われる方や、懐疑的な言葉を投げかける方もいらっしゃる。実際たいした人間ではないので、今さら取り繕ってもしょうがない。人間である以上は、合う合わないというのもある。ただ、私は背後霊。。。。それは誰かは不明だが。。。。に縁の必要な方とつないでくださいと願いをかけているので、必要な出会いだと信じている。

信じること、信じて仰ぎ見ること、これをさして信仰というのなら、信じる自分を信じるのも、信仰のひとつだろうか。面倒くさい言い回しだけども。

自分の感じるものを信じることしか、他人様に提供できる部分がないのだ。

小学生低学年のころ、下校途中に二人の上級生に呼び止められ、学年を尋ねられた。上級生が怖かった私はとっさに学年を偽った。上級生は偽ったことに理由をつけ一人は私を押さえ込み、一人はこぶしで腹を2回殴り「うそをついた罰だ」と言い捨てて去っていった。

その痛みと恐怖は私に長いことトラウマとなっていた。それを黙って見ていた同級生を責めて泣いた。親に訴えても親はわが身が忙しくて頼りにならない。誰も味方がいない。

現代なら大騒ぎになったかもしれない。

恐怖で嘘をついた私も悪いだろうが、下級生に理由をつけて暴力を振るった上級生のことを思うと彼なりの正義でそうしたのだろう。その子の正義が私にとっては災厄だったということだ。

正義は立場によっていかようにも変容する。

長いこと思い出したくもない出来事だったのだが、この数年、何らかのはずみで思い出すと

傍で見ていた同級生にも、もしかしたら心の傷になっていたかもしれない。

上級生も、下級生相手に憂さを晴らすというか、そういう鬱屈した事情があったのかもしれない。

等々思えるのは、年齢を重ねて、あらゆる角度から見えてきたからだ。

天網恢恢 粗にしてもらさず。

幸い大怪我にもならなかったし、あれは意味あることだったのかも、と数十年経って思えるようになった。意味あることだったと思わないと救われない。

人生には、人間の目や感覚には及ばない大きな歯車(のようなイメージ)が動いていると思う。

それは一見関係のない事象のように見えるが、はるかな時をこえて、意味あることだったとつながって現れる。

理不尽な暴力や、中傷や出来事を、上辺だけで見るとわからないこと、時間が経ってわかること、糧にすること、忘れること。これが年を重ねるということだ。

今、ネット社会の普及で、ブログが炎上ということを目にするが、必要とされているのは「スルー力(りょく)」らしい。

真っ向から責められたときに、まっこうから迎え撃つより、流す力が必要ということか。

悩んでいることがある、つらいことがある、そんなときは、考え方を押してより引いて、違う視点で見てみると、誰かの悪意も、自分にとっては糧になる。

一番の復讐、報復は「相手に影響されない」「うんと幸せになる」 それが一番。

費やす時間は個人差があるので、焦らなくてもいい。

相手を責める気持ちが湧いて来たら、私は脳内に浮かんだ映像を消しゴムで消すというイメージやホウキで叩く イメージで祓っていました。実際すると暴力ざたですが、イメージですので気分転換を意識的することに意味があるのです。

スピリチュアルをかじった今は、光に包んで消すというイメージを使ってます。

小学生時代のいじめっ子や理不尽な教師など、私の人生においては、気づき、今の道へ進ませる守護天使の化身、配役だったのではないかとも思うことにしています。

いいんです。自分が思うことが「自分の世界平和」につながるのなら。



 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする