守護霊の名前は

最終更新日

龍神

最近、忙しいのは、氣のせい。

図書館で、面白そうな本をたくさん、借りているから。

天然石の在庫が多くなったので、いろいろと作っているから。

それと、今、「ヘミシンク」のCDを聴き始めたから。

聴いていると、すぐ寝てしまう。俗に言う「寝オチ」してしまうのだが。

これがまた、寝そびれることがないほど、すぐ寝てしまって、朝まで起きることがない。

ヘミシンク で不思議な体験ができなくても、この寝つき良さ、侮れん。

「ヘミシンク」では、不思議な体験はできていないのだが、不思議な夢を見た。

守護霊が交代する夢。

守護霊と名刺交換する。「天使男(てしお)さん」という名前。

てしおって、そのまんまな読み方。しかもイケメンではなかった。40代の普通のサラリーマン風のメガネ男。しょせん、私のイメージ力はこの程度か。

これからは「てしおさん」と呼びかけながら、協力を依頼するつもり。

手相見もほどほどに忙しいと、ブログであまり詳しくも書けない事案が増えてくる。

先日、検索文字に「手のひらがピンクの人について」という文言が残っていたので、お答えする。

手のひらで、見るのはその人の現在のエネルギーである。

ハリがあってつやつやな人は、良いエネルギーを放っているが、くすんでいる人もいる。

ピンクだけど、まだらになっているひとは、無駄な場所にエネルギーをつぎ込んでいると判断する。手のひらのしわは、多い人は苦労する、と昔から言われるらしいが、横線の細かいの部分は、だいたい自分で自分の限界を決めている人、気苦労の多い人に見られる。

縦線が多いのは、やる気や開運のタイミングを表すが、これも短めのが多いと器用貧乏になりかねない。

私自身は両方にあてはまるタイプ。

手相の線で運、不運を計るときは、線の切れ、遮りを読む。

よほどの不運が見られても、切れた線から立ち上る線があれば、良し。

立ち上っていなければ、立ち上げる方法を模索する。

私はそのために手相を拝見している。

三人寄れば文殊の知恵。

依頼主と私、そして「てしおさん」で知恵を出し合うのだ。



 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする