天にお任せ

最終更新日

130914ガムランボール

先日、フランスのパリに旅行に行くという友人のメールを受け取り、パリをバリと読み間違えて「バリに行くなら、ガムランボールを変わりに買ってきて」と返信したところ「旅行先はBaliではなくParisです。」とあり、「あちゃ~。ガムランボールへの想いが字を読み間違えさせたんだわ」と反省しました。他人を当てにしているからこうなる、なんとか良いガムランボールがないかなぁとネットで探し回ったら、写真のアイテムを見つけたわけです。セール品だったので、本場バリ島からの送料を加えても定価の半額!良い買い物をしました。

ネットショップでは、その他、さまざまなアイテムを取り扱っているようです。

■バリ島発  rainbowspirit

さて、最近の相談内容に目立つことが、「傷ついた」と訴える事案。

人生、長く生きていると、もちろん、傷つくようなことを言ってくる人はいけないが、傷つく、傷つかないは、自分でコントロールできるのではと思うのだ。

あの人がああ言った、わたし傷ついたんですけど! と訴える人がいるとして

相手を責めて、一時相手が態度を改めたとして、同じような事案が起こるたび

「私、傷ついたんですけど!」ということをしていると、回りから「腫れ物を触るような扱い」をされる。

本人もそれを求めているのかもしれないが、「腫れ物に触るような扱い」と「大切にされる扱い」は似て非なるものである。

そこのところを押さえておかないと、傷つく私を大切にして~!とアピールしているうちに、大切なことを忘れてしまう。

石の話にたとえると、ダイヤモンドは硬い。傷つかない強さが珍重されるが、ダイヤモンドでさえ、同じダイヤモンドで傷つくのだ。

また、傷つくからこそ、美しいカットが施され、美しい光を放つのだから。

傷つくことに敏感になって、相手をコントロールしようと思わないことが大切だ。

極端な話、傷つくのは、自分の勝手だから。

傷つきたくなければ、強くなるなり、その場から去るなり、自分で決めなくてはならない。

自分で決められるのだ。

強くなるには、考え方の癖を、変える。発想の転換をする。

昔に比べたら、ネット環境もあるし、書物もある。

お金がないなら図書館で借りて読むこともできる。

行動するのみである。

相手をコントロールするより、自分でなんとかするほうが、現実的。

自分に敵対している(と思われる)人には、聖書の一文にあるように、「復讐するのは、あなたではない。わたし(神)である」

そういう人への復讐は天にお任せしておけばよい。

傷つくのがいやなら、強くなるしかない。
鋼の強さか、しなやかなしたたかさか。それは私も、もちろんあなたも選べるのだ。

<



 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする