SIGN-サイン-

最終更新日

先日、空に浮かんでいた雲。白い羽に見えませんか。

ヘミシンクの、「創造性開発(クリエイティヴ・ウェイ」を購入しました。CD4枚組です。

私は基本、モノ書きなのですが、書いているときに、我に返るというか、自分で自分にブロックをかけてしまうところがあり、これを打破するためにいろいろ試しました。自己催眠にも挑戦したことがあります。

でも、あまり効果を感じられなかったです。

モノを作る人なら経験があると思いますが、 脳裏に浮かんだ妄想(アイディア)を3次元で表現するのには、見えないエネルギーが必要なのです。私には行動するとどうしても、ダメな部分に引っ張られる傾向があるので、何とかしたいと思っていました。私のガイド(守護霊)さんは姿を見せません。なにか意味があるのでしょうが、直感では指示してくれます。その直感のおかげで、過去、病を患ったときに、私は医師を変え、病院を変えて無事に済んだ経緯があります。

内側から、衝動があれば、それを信じて進むのが良いようです。迷って選択したもの…つまり、理性を働かせて手にしたものは、ババをひくのも思考癖のひとつです。

CDを購入すると、決めたとき、夢に見たのは、とても美しい満月の姿です。それは現実世界よりも大きく光が強い、見とれる月の姿でした。これを内面の「OK」と捉えています。

先日、美しい夕焼けが、西方浄土を思わせるように見られました。

美しい、とコンデジのシャッターを切りましたが、この美しさはあっという間に、夜のとばりに溶け込んでしまいました。

このタイミングというか、今示されているあらゆることを、自分へのサインとして、受け止めることにしています。

手相見をしていた頃、「当たっている」「当たりました」と言われても、自分は手相の線を見ているだけなので、不思議な感覚でした。読み取るだけではなくて、もっとよりよい方向へ、物事が流れたら良いのでは、と見続けて、御代を頂くようになってあっという間に5年以上過ぎていました。

こういうと、語弊があるかもしれませんが、手相見としての自信があるか、と問われれば、「普通」としか答えられませんでした。

紹介制で拝見しているということは、紹介してくださる方々の「見て欲しい」「見てもらいたい」と思いがあればこそです。

はじめから「信じられない」「怪しい」という気持ちがあり、開示される情報…「聞きたいこと」「悩みの内容」が明示されなければ、私の受け取る「内容」にもブレが出てくるのだと思います。

私に、相談をしてくださった方々に、恥じることのないように、これからも精進していきたいと思っています。

手相見でも、天然石でも、あなたと私の、出会いはきっと、必然だと思うから。



ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする