今は語れず

最終更新日

手相見です、と声を大にして言えない状態の手相見です。ヘミシンクを始めてから、眠りの質が良くなったような氣がします。肩こりも解消されたような氣がします。

氣がする、というのは、本人は「軽くなった」と思っていたら、行きつけのヘアサロンにて、マッサージされたとき「凝っていますね~」と言われたからです。氣のせい?

あちこちで、関連書籍を読んで知識を得ましたところ、ヘミシンクというのは、バイノーラルビートという手法を活用して商用にしたものだそうです。技術の詳しい内容は、ネットや書籍で得られますので省きます。

砕けて言うと、古い脳からの情報を引き出すとか。深い瞑想状態に導いてくれるというのですが、慣れていないと、すぐに寝オチする。人によっては2年から3年も寝オチするというから、続けることに意味があるというか、続けることが大事らしいのです。

すぐに劇的な体験ができると期待せずに、続けるのが大切。

ヘミシンクでは、自分のイメージ力を要求されます。

これだけで、普段使っていない脳細胞を一部活性化できそうな氣がしてくるから不思議。

ヘミシンクを同じ頃始めた、ヘミシンク仲間がイメージするものと自分のイメージ(体験?)が微妙に違うというのも、比較していて面白いと思います。

精神世界では、この世は、自分の考えが現れた世界と、よく言います。

長いこと生きていると、それは正しいと思えます。

幸福な人は、周りを幸福な視点で捉えますし、悲観的な人は悲劇的に捉えます。

常に怒っている人は、自分が虐げられているとどこかで感じているのです。

自分が虐げられているから、相手を攻撃してしまう。どこかに溜まった不満が出口を求めているのでしょう。

先日、ある一文に『「鍛えられていると思うか、いじめられていると受け取るか」それは本人の気持ち次第である』とありました。

私自身、もう人生に未来を考えるより、終焉を考えねばならない年齢ですから、残りの人生は、周囲から責められても、都合の良い考えでいくつもりです。

人生、もう終わりのほうが近いのだから、嫌なものはイヤだけど、せめてこの世は、苦しみや辛さまでも自分のために存在しているのだと、ご都合主義よろしく思うことにしました。

この世には、昨日の正義は今日の嘘ということもあるので、自分だけが正しいということは、ないと理解して過ごしていますが、自分は自分以外になれないので、なんとか折り合いをつけて生きていくしかないのです。

そう、願っています。



ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする