最終更新日

 
 
No.295
No.295
今回は、頑張る女性にぜひとも、と選んだ素材はピンクサファイアです。故にワイヤー仕様。
石のひとつひとつは2ミリ3ミリのボタンカットですごく繊細な印象です。
今までと違うのは2連になっているところでしょうか。留め金具はsilver925製のマグネットクラスプです。
磁力は強いですが、横の衝撃には弱いのが難点。
 
下部、紅いボタンカット、ピンクサファイアです。白い部分は水晶のは止め具近くのみに使用して、セイロン産のムーンストーンとホワイトラブラドライトを交互に配置しています。一見、透明または白に見えますが、光にかざすと青い光が仄かに浮かび上がります。
白いほうのブレスレットにはなにかポイントが欲しいと思い、ピンクトルマリンのオニオンカット。
ピンクというよりは、赤、ルベライトに近いかもしれません。
 
ピンクサファイアのほうにもポイントがあれば、と思っていたところ、宝石カットされたローズクォーツがありましたので、それを加えてみました。
No.295-04
No.295-04
ピンクの色合いにもさまざまな色調がありますね。
サファイアは覚悟の石と言われており、強い決意を持つとサポートしてくれますが、中途半端な気持ちでいると、離れていくと言われています。
トルマリンは、恋愛運でも用いることがありますが、この場合は健康運も入ってます。
 
ムーンストーンを入れたかったのは、女性としての感性や直感のパワーアップを願っています。
質量はないけれど、質はすべて宝石質のものでまとめました。
ブレスレットの御代のほとんどは、ピンクサファイアのお値段と言っても良いかも。主役はさりげなくピンクサファイアです。他の石たちは引き立て役と言えるかもしれません。
今までの私の思考の殻を破ってみました。
 


ren

シェアする