最終更新日

No.303
No.303

二連のブレスレット。
ルベライト(トルマリンの中で、赤色のものを指します)が主役のように見えて、実は主役は、非加熱のサファイアのボタンカットです。

No.303-02
No.303-02

市場に出回っているサファイアは、熱処理をされたものがほとんどです。天然で青い色、カラーの濃いサファイアはそれゆえに高価で取引されます。
私の作るブレスレットでの「天然石」のカテゴリに入る中でも、熱処理をされていない、天然の色のカラーサファイアは希少です。
写真ではわからないでしょうが、太陽の光の下でサファイアを見て、その精緻なカットと輝きに、納得していただけるのではと
思います。
ダイアモンドが宝石の王様なら、サファイアは王妃のイメージです。
サポートに配置したのは、ホワイトラブラドライト(レインボームーンストーン) のボタンカット。
ほのかに蒼白く輝きます。
それに、ガーネットやピンクトルマリンのボタンカット、シトリンのボタンカットを左右非対称に配置しています。
留め具はマグネットで、ロジウム加工されています。
着けやすくて、はずしやすいものを選びました。

派手にならず、本物の輝きをそっと身に着けたい。そんなとき、宝石たちが囁いてくれるようなブレスレットにしました。

ren

シェアする