最終更新日

No.336

No.336

 
 
336番と337番は、珍しいブラックルチルクォーツ(黒針水晶)とガーデンクォーツ(庭園水晶)が一緒になった7-7.5ミリ玉に、ブラックスピネル8ミリ珠を合わせました。
 
黒針水晶は、勝負運、ギャンブル運に強くなり、庭園水晶は、金運気を貯めるということで、華僑の方々に大変人気のある石です。
黒針水晶は、針がびっしり入っている品よりも、ほどよく針が入り、透明度の高いものが高値で出回っているようです。
最強のギャンブル運に、最近は黒ダイヤモンドが人気がありますが、ダイヤモンドだけに高価で小さいので、男性が身につけるブレスレットにするには、色々と制約も多くなります。細いワイヤーブレスレットにしても、数万円単位ですし、粒単位で取り入れて作るにも万円単位はかかるでしょう。
そこで、ブラックスピネルを初めて、購入してみました。私にとっては「はじめまして」のブラックスピネルです。
スピネルは色味も多く、古くは紅いスピネルはルビーと言われ(間違われ)、黒いスピネルは黒ダイヤモンドと同じ輝きを持つと
珍重されてきました。
ブラックスピネルには、「豊かさを受け入れる」「物質的余裕を得る」という力もあると言われています。
ブレスレットの石の配列にも意味があります。針入り水晶の石の数4つずつは安定を意味して、またブラックスピネルは5角形の配置にしています。
 
No.337
 
No.337
 
 
こちらはブラックスピネルを中心に黒針水晶を2つ、金針水晶を5つ配置しています。
どちらがどの運気に力を貸してくれるのか、それは持ち主次第かもしれません。
ブラックスピネルは石の分類ではコランダムの仲間です。
黒水晶のような破邪好転で毒だしの力は少ないですが、それゆえ劇的ではありませんがスマートに運気を上げてくれるとも言えます。

ren

シェアする