最終更新日

手相見の見料についての記事を上げてから、アクセスが急増しているが、なぜでしょう。

基本、新渡戸さんが1人でリピーターさんが漱石さん4人でいこうと考えています。あまり変わらないと思います。

あ、漱石さん一人が前後するかもしれませんが。

今まで、通りすがりの手相見を自負していたのですが、最近はリピーターさんも増えてきましたので、考えを改めました。最初は時間をかけて拝見して、2回目からはポイントを押さえて流れを見るというスタイルが望ましいのでしょう。手相見を始めた頃は、リピーターさんがいらっしゃるとは考えていなかったのですが、数年やっていると、意外と需要がありましたね。

昨年は、紹介されたアルバイトで土日も働いていた関係もあり、日にちと時間が合わず、お断りした依頼も複数ありました。正直申して、アルバイトで働いていたほうが、収入も安定していたのです。ただし暇がない。

もしもこのアルバイトが続いたら、手相見は辞めることになるかもなぁ と頭のどこかで考え初めていたのは正直なところです。

ところがですよ、そんなことを考えたとたん、バイト先の仕事は終了しました。当初の予定が全て終了したのです。ミッションクリアです。

次に希望された業務内容が、施設内某所の整理でしたが、責任者が「その場所には怖くて一人でいられない」と言いながら、私にそれをしろ、と言う内容でした。

最初はやんわり断りました。でもなかなか伝わりません。当初の仕事のゴールが見えてきてだんだんその話が本格的になってきます。

場所が場所だけに「ちょっと氣が進みません」とお話したところ、突然、責任者が「仕事は終了した」と言いました。

延長するならば「勤務時間が今までの半分」になり、またその日の忙しさによって延長がある、つまり時間ははっきり決まらない勤務という条件で、または平日の仕事を辞めて専任するかだ、とも言われました。
詳細は省きますが、その仕事に専任するには不安な材料が多々ありましたし、

勤務時間が当日にならないとはっきりしないというのは、正直厳しいので延長はお断りしました。

今までパソコンのスキルで望まれて是非に、というのでいただいた仕事を無事に完了できてほっとした反面、延長をお断りしたとたん「もともとパソコンなんて必要なかった」と責任者の方に言い捨てられたのは、残念な思いもあります。

単純な言葉の行き違いだったとも思うのですが、信頼している複数の人や夢見でも「もうその場所のバイトは辞めたほうがよい」と告げられていたので、渡りに船だ、と判断しました。

あまりの急展開に、見えない力が働いていると思わずにはいられません。

今から思うと、責任者の方の態度や言葉も普通ではなかったように感じます。

当初の予定を終了したところでしたから「もう後ろは振り返るな、走って逃げろ」と背後霊に促されて、新たな気持ちで新年を迎えよう。

でも、ほぼ一年、そのバイトを通して私は見えない世界を見て、得た知識も少なくありませんでした。貴重な体験です。こんな私を紹介してくださった方や、採用してくださった方には感謝の言葉しかありません。
本当にありがたいことです。

急な終わり方に見えない力を感じたのは、もう一つあります。

バイトを辞めたとたん、手相見の依頼と天然石の依頼が続いたことです。

依頼主からのお礼のメールや近況報告も多く届きました。

堰を切ったように、という表現が合っているかはわかりませんが、続くときは続くなぁと感じました。

ヘミシンクを始めて一年以上になりますが、2014年はこのバイト先に勤めることで、私は前世のカルマをひとつ解消したと思っています。

ヘミシンクの「Hemi-Syncによる過去世(別の人生)探究(日本語版)」で

強烈な過去世の夢を見たときに、このバイトが決まったのです。それも不思議な偶然がいくつも重なってです。

当初は断りに断ったのですが、あれよあれよと決まり、氣がついたら土日その他で95日ほどの短いバイトでしたが、始まりも終わりも、不思議な展開、不思議な力に導かれていたような氣がするのです。

己の直感を信じていいのかどうか、オラクルカードを引いて尋ねてみたら

「あなたは正しい道を歩いています」というメッセージでした。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする