上から降ってきたなにか

最終更新日

このところ、眠気が強くて、ヘミシンクを聴くのをお休みしている。

よくあることなんだろうけど、と前置きしておいて。

寝落ちする寸前に、頭に何か「落ちてきた」感覚があった。

飼い猫や、机の上の本ではなくて。空気の珠、丸い玉のようなものがふわりと落ちてきた感覚。入眠時の幻覚のようなものか。

昔、眠っていたところ、頭の中から、なにか引っ張り出されるという感覚を味わったことがあり、今度はその逆パターン。脳の錯覚としても面白いと思う。

別の日には、光の玉が、落ちてくる夢をみた。夢は潜在意識の表れてあるから、興味深い。

本日、私が呼ばれていた(と思っている)モルダバイトのペンダントが到着。

手にして見つめていると、遠い宇宙に想いを馳せると、アニメオタクだった頃や自分や天文オタクだった頃を思い出す。

最近のアニメを見てときめかないが、’80年代から90年代のアニメをYoutubeで見ると、気分が高揚するなぁ。

世の中には、人間には見えていない世界がある。最近の宇宙物理学は、それを数式で証明できつつあるようだ。

数式を見ても凡人には数字の羅列でチンプンカンプンだが、見える人には意味ある事象が見える。そんなふうに世界には、自分の目だけで見えないものが存在する。

 

密かにブログのファンをしていた道内のある霊能者Aさんの、メルマガの内容が、偏りだしたことに氣がついたのは最近だ。

言葉遣いが乱暴で、断定的になってきた。ネット上でもよからぬ噂が流布されている。だいたいはとても汚い言葉で罵倒された、という内容が目立つ。

噂は噂にしかすぎないが、実際はどうなのか、会ったことのない私には断定できない。

ただ、自戒として話す言葉には氣をつけねば、とあらためて思った。

どんなに優秀な霊能力者も、心の隙間に入り込まれて、低級霊に憑かれてしまうと、「言葉が乱暴になる」とか「金銭にうるさくなる」そうだ。

強力な守護霊が憑いていても、守ってくれないのか?

というと、そういう低級霊から守ってくれていても、当人には及ばないらしい。

低級霊に憑かれると、直近のことはよく当たるらしい。そして位の高い神様の名前を名乗って接近してくるとか。

とりあえず、私には、今のところ、そういうのはない。

直感で、繋がっているのみである。

バンバン当たり始めたら、かえって危険なのか?難しいところである。

見料は、当面、新渡戸さんでお願いすることになりました。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする