負の感情と向き合った3月

最終更新日

4月になりました。今日は、満月にして皆既月食の日です。占星術の運命の分岐点です。

1月から3月にかけて、周辺の人間関係の変動が多々あり、運命の嵐を感じていました。ちょうど12年前も私は嵐の只中でした。父の死、自分の病、ご近所との確執。そういう星回りだったと思います。今回のテーマは自分の負の感情でしょう。手相見であり、他人様の運命の流れを見ている私の中に、悟りきれて部分、諦観できずにいたもの、が存在したわけです。正直、枯れていたと思っていた感情がまだ残っていたのか!少し人間らしさが戻ってきたのかもしれません。

それは欲であり、黒い感情であり、恐れでありました。

ヘミシンクで少しずつ内部に変化が生じているならば、現在は膿出しの終盤です。これで、私は人間の負の感情の所在、昇華、やり過ごしの術を学びに行く機会を得たのだと納得しました。学びの途中、自分でその感情の活かし方を試すにあたり、得たアイテムに関する質問を、販売店に質問したところ、思いもよらない方から直接お電話を頂戴し、私の素朴な質問に関して、それは丁寧に教えていただく機会を得たのです。これは、正直本当に、お話できただけでもう、今年の運気を使い果たしたんじゃない?と思ったほどです。お電話を頂戴した相手の携帯電話番号すら、私にとってはお守りです。教えていただいたテクニックを実践し、手相見の皆様とシェアしていけたらな、と思っております。

人類が生まれて、数々の「神の使い」が地上に使わされ、愛を説き、平和を説いてきましたのに、人間と言うものは、何千年経ても負の感情をうまく処理できないもののような氣がします。

当たり前のこと、普通のことだと思っていても、別の人間から見ると、妬み、嫉みの対象になる場合があるわけで、それゆえに人は魔除け、厄除けを欲しているのでしょう。

これからは、開運の他に、厄除け魔除けのほうも勉強します。

もう、あれだ、普通に安定した道に行きたいなぁ、安定したら手相見も辞めたいなぁ と心の中で思っていたのに、背後霊からは思いっきり「それはダメ」と言われた気分です。

先日、見た夢で、とうとう ある書類を背後霊(ガイド?)からいただいてしまいました。

そう、不安定こそがわが人生のスパイス。

ずっと肩書きは「明日をもしれぬ自由業者」なままなんでしょうね。

しかし、もう新しいことを覚える気力もないので、好きなことを好きなだけやっていくのが

無難なんじゃないか。

運気の大いなる波の変動は来年らしいので、コツコツ開運探査を続けていくだけです。

知人に、自分の嫌いなことをすぐ口にする人がいます。

「このまえ、あのお店のお菓子美味しくて」と話すと

「あのお店の店員に失礼な態度をとられたので嫌い」というような答えが返ってきます。

感想は個人の勝手ですが、一事が万事、嫌いなことを口にしている。

本人には自覚がないのでしょう。

嫌いなことを多数口にしていると、それが癖になる。嫌いなことを言う口で楽しいことを

話したほうが良いんだろうな。

良い運気を引き寄せるには言葉は大切だとわが身を振り返って反省した3月。

まさに他人は鏡の法則。

周りには嫌いなもの は少ないほうがイイ。

自分の中の負の感情、ヘミシンクのイメージトレーニングで頑丈な箱に入れて海に流します。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする