私は水面~手相見に関するあれやこれ~

最終更新日


メッセージ絵書を保護する厚紙に書かれていたのですが、これも私の宝物です。手相を見るということは、ブログ内で幾度も記しているように、案外あっさりしているものです。運気の流れを読むのが主流です。

私の場合は手相を元にもっと深いところを見ていると想います。結果、当たるあたらない、という括りではなくて、目の前のチャンスをどう生かすか、人生の嵐をどうやりすごすか、ということを、今まで見てきた方の手相をもとに、方法を探すという内容です。

そこに手相見の私個人の私的な意見は入らないように努めますが、結局私は、依頼者の思考を写す水面のようなものです。水面が静かでなければ、空の月の姿をしっかり写すことができません。その逆も有りです。今まで、私は依頼主には恵まれていました。皆さん、基本的に前向きで、優しいし、パワフルです。手相を見た甲斐があるというものです。多くの方から、夢に近づいた、今、頑張っている、という知らせが忘れた頃に届きます。未来を見通す眼は本来閉じておくもの、それを使っている代償として、私は健康な体とひきかえ、あるいは視力の低下を招いています。

人の人生に、微力ながら立ち入る上で、提示された人生の機微を多くの人の運気を読み取ることでシェアしていきたいと思っています。

しかしながら、私は預言者ではありません。依頼主の現在の運気を押さえて、未来を予測することが可能ですが、選択するのはご本人です。

「煉さんが、○○と言ったから、○○しない」と主張される前に、自分の考えはどうなのか、もう一度向き合って欲しいと思います。

私の手相見は所詮、人間の力の及ぶ範囲であり、見えない世界の力を示しているものではないからです。

長い手相見の経験上、招来の危機や否定の予測を申し上げても、結婚される人はされるし、離婚される人はされます。手相見の意見は聴くけど、それは参考まで。という方々がほとんどです。

そういう使われ方で良いと思っています。

私は、水面。相手が「黙って座ればピタリと当たる」というのは、私には無理です。そんなに人の裏側に入り込むことは精神衛生上よろしくないので、いたしません。

聴きたいことがあれば、示していただかないと、それに対して深く見ることはできません。

依頼主の人生は依頼主が主役です。

それから、今までも何度かありましたが、同伴での手相見は今後、固くお断りします。

「お友達同士」「恋人同士」「ご夫婦」「兄弟姉妹」「親子」等々

いずれも同時にお申し込みは承りますが、同席での拝見はお断りします。

理由は、集中力が下がること、人間の深いところは、たとえ肉親と言えども「話せること」「話せないこと」が存在するからです。

今まで、なんとかなっていたところもあったのですが、今回、思うところがありまして、文章として記すことといたしました。
なにとぞ、ご理解賜りますよう、よろしくお願いします。


ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする