手相見後のメールの話

最終更新日

ハンドマーク

世の中お盆です。更新がないので、忙しいとお察しの方、いらっしゃいますか。

「まだ、手相を見ているんだぁ」と旧知の方に言われました。「まだ」とは、どういう意味?なんて深読みしません。私自身も「まだ」見ているんですよ、と答えます。趣味の延長線で見始めて、依頼があれば、「まだ」見ている。そんなところです。見料を頂戴して、手相を拝見したあと、お礼のメールをします。

少し前から、氣がついたのですが、メールの時にひとこと、ふたことアドバイスというか、追加の文面を記すことがあります。あれはいわゆる「降りてきた」言葉のような氣がします。

御礼のメールの後、ほとんど全ての方が、返信をくださいます。

今まで拝見した3桁の依頼主で、メールをさしあげて返信がなかったのは、お一人だけです。

その方は私の拝見結果にかなりの不満を、面と向かって告げられたので、相性が合わなかったんだなぁと思います。数年後、同じ方から手相見の依頼がありましたが、相性もあるので、とお断りしました。

手相後のメールでも、なにか感じることがあります。

メールのやりとりから、すでに運気を読み取る作用が働いているのかもしれません。

基本、紹介いただいた方はご縁があるので拝見しますが、二度目の依頼主は、選びます。

手相は、依頼主の内面を見るもので、その先に運気の展開を見ますから、今まで拝見した方の人生や考え方が、私に力を貸してくれると思っています。

事業をされる方、幸福を願われる方には、私の持てる限りの知恵を示して、良いほうへ向かっていただきたい。

何年にもわたって手相を拝見している方に、「言われたときは、”なんだ?違うんじゃない?”って思っていましたが、今なら、あのときのアドバイスの意味がわかります」と言っていただけたとき、「そういうこともあるんだなぁ」と他人事のように思いました。

誰もが幸せになりたい!と思っていて、うまくいかない、と思うなら、それは自分自身を省みる機会がやってきたのです。他人を変えることは難しい。自分自身を変えて、他人を変えることのほうが、少しは易しいのです。

長年見てきた中で、幸福を引き寄せる人は、謙虚な人、フットワークが軽い人。良いといわれたことを、すぐに試してみたり、自分の生活に取り入れる行動をする人です。

わたしが手相を見る人には、回りまわって、幸福が訪れますように。といつも願いをかけています。

縁をつないでくださった皆様、ありがとうございます。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする