OSをWindows10にしてみた

最終更新日

もういくつ寝るとお正月。

クリスマスも目前なのに、なにを思ったか、金曜日の晩に突然思い立って、我が家のパソコンOS 「Windows7pro」 を「Windows10pro」にアップグレードする作業をしました。

このパソコン、5年ほど前に購入したもので、その時は、Windows7をXPにダウングレードしたものを使用していました。

2年ほど前にマイクロソフトのサポートが終了するというので、OSを7にインストールしました。その際、ハードディスクを交換し、メモリも2GBに増設していました。

「10にしませんか?」という通知がかなり前からずっとタスクバーに表示されていたのですが、古いパソコンですから、気も進みません。

マイクロソフトのQ&Aを読むと、アップグレードして、使い勝手が悪い場合は1か月以内にOSを戻すことも可能、とありましたので、2時間弱はかかりましたが、ダウンロードしアップグレードしました。

今、思えば、冷や汗ですが、バックアップもとらずに、「イケイケ」とばかりに試したわけです。

Windows10は、7と8の良いとこ取りという評判でしたが、それは間違いではないと思います。

以前、知り合いのWindows8のパソコンを操作したとき、あまりに7と違うので操作に戸惑った記憶がありますが、今回はすんなり操作できました。

パソコンの動作も重くならず、予想よりは快適です。

なんとも面白い機能も搭載されているので、Windows10 のお知らせの中に「お使いのパソコンはアップグレード可能です(意訳)てな表示がでたら、試してみるのもいいかもしれません。

このWindows10 が無償提供されるのは一年間だそうです。

今のパソコンを購入してから、リカバリはしたことがなかったんですが、久々に楽しかったのは事実です。

私、パソコンはMacから入ったのですが、リカバリは必須だったせいか、Windowsを併用するようになっても、リカバリする機会が多く、他人様のパソコンもリカバリしたりしてました。

ただ、タッチパネル機能は付いていても、ディスプレイのタッチパネル機能は付いていないので、使えませんけどね。

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする