本業より忙しい

最終更新日

最近、自分が占いのできない手相見だと実感しています。

そこで!運気の流れを読むために、手にしたのはオラクルカード。

先日購入したばかりの「日本の神様オラクルカード ミニ」を今回の手相見に初披露しました。驚いたのは

転職の際の開運ポイントについて、私が引いたカードと

依頼主が自分で、切って引いたカードが、同じだったことです。

確かに、オラクルカードは、数回引くと、どんな引き方をしても(真ん中からひく、端からひく等ね)同じカードが出ることがあります。

でも、あまりにぴったりだったので、ワタクシと依頼主、二人で驚きました。

龍神さて、手相見で見料をいただくようになって、今年で10年目に突入です。正直、こんなに長く手相見を続けられると思っていませんでしたが、気がついたら、9周年目となっていました。

一度限りのご縁の依頼主が多かったのは、喜ばしいことですが、3度4度…という重ねてのご縁もいただくようになりました。

長い間ご縁をいただいている方が、着実に自分の道を歩いている姿に私も励まされています。人間的には、あまり褒められるところのないワタクシですが、手相見や天然石関係で得た皆様との、ご縁がなによりの宝物です。

さて天然石関連の依頼が続いておりますので、占いのできない手相見のワタクシ、どちらが本業かと問われると、

開運アイテムデザイナー(?照れる)な感じで、ただいま1ヶ月、最長2ヶ月はお待ちいただいています。

贈り物などのご依頼は、余裕をもってご相談くだされば、と思います。

また、何年も前に私から手元に届いたアイテムをなおしてもらいたい!等のお気持ちがありましたら、ブレスレットの組み換え、またはキーホルダーなどへのリメイクも、ご相談に応じます。

忙しくて、天然石関連作業を、やめた~い!と思うことも少なからずあるのですが、その都度、修理の依頼などがあり、依頼者の手元にわたっている石が愛おしくて、承っております。

「やめるって言ってたよね?」と友人からは言われます。

でも縁が続くのだから、これは背後霊のお取り計らいですね。

石は、己の内面へつながる異次元の門です。自分自身との約束のために持つものです。遠い遠い昔は、混とんとして同じ宇宙の塵だったと思うとロマンを感じます。

今年は、隕石系!イチオシしてます。モルダバイトに、リビアングラス、テクタイト、ギベオンとかですね。モルダバイトは、隕石が地球に落ちて、できた天然のガラス、同じくリビア砂漠に落ちた隕石からリビアンデザートグラス、ギベオン隕石は地球の年齢46億年より、古いんだそうですよ!

小さい悩みは時の流れの前、隕石の経た年の前に矮小化して見える、かもしれません。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする