2月は逃げる

最終更新日

手相見の依頼は、いつもどおりでありますが、バタバタと修理やその他を片付けていると、気がついたら、2月も中旬になりました。

本日、ずっと抱えていた天然石の修理関係のお預かり品を、すべて修理して、依頼主に発送が終わりました。浄化とエネルギーの注入に日にちがかかりました。

これから、新規依頼の制作作業に移ります。

1月から2月にかけては、愛用していたコンパクトデジカメ撮影用のLEDライトの電源コード部分が壊れて、天然石などの撮影できずに過ぎました。 これからライトの電源コードを注文します。

今年の節分前後は、集中力も落ちて、年齢的なことを目の前に突き付けられたような、切ない場面もありました。誰もが通る道(なのか?)だと自分自身を慰めているうちに、2月は逃げてしまう。

月夜
月夜

夢見では、ここ数日、「買いたいものが、高すぎて買えない」という場面を見ます。

私の人生はもう、「詰んで」しまった感じでしょうか。

手相見も「まだやっていますか」と尋ねられることが増えてきました。「まだ?」「まだって、当たらないのにまだやっているの?」という意味もあるんでしょうか。

私自身は、依頼主が少なくなっていくことの方が、喜ばしいのですが。

占いをしてほしいというのは、たいていが人生に希望が欲しいときですよね?

希望が欲しいときというのは、ちょっと落ち込んでいるときが多いように思います。

年齢的な部分もあるのでしょうが、私も今は落ち込んでいます。

気分を上げること、模索中ですが、嵐がすぎるのを待つしかないのかな。

天然石では、今年は、運の器を大きくするブレスレットと、隕石系をオシテいます。

 


 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする