最終更新日

どちらも、組みなおしです。

No.397

依頼者が以前、別の方に作ってもらったブレスレットの、良い石をもとに追加して作成しました。

No.397

ユニカイト、という石に、オレンジガーネットと煙水晶を加えました。

ユニカイト(ユナカイト)は乱れがちな精神状態、感情の乱れを癒し、肉体とのバランスを安定した状態へと導く力があります。

これに、オレンジガーネット(ヘソナイト)と煙水晶を合わせて、持ち主のもともとの運気の量を増やすのを目標にして配置しました。

人間にはもともと、運の量というのがあるのですが、それらを少しずつ大きくするため、身につけると、頭が痛くなったりする場合があるので、そういう場合は、身につける時間帯を眠るときにする、とか

オレンジガーネット、煙水晶

時間を少なめにする、ところから始めてください。

No.398は自分史上、最高額の石を揃えて作ったブレスレットを組みなおしました。

自分自身の内面と、内なる力とつながり、大きな存在とつながるのがための配置です。

No.398
ギベオン隕石

グラウンディングも欠かせません。

そこで、ギベオン隕石を追加しました。

ギベオン隕石は1936年にアフリカのナミビア共和国のギベオンで発見されました。メテオライトとも呼ばれます。

ギベオンと言えば、「ウィドマンシュテッテン」と呼ばれる神秘的な模様が特徴です。

高温で惑星の中心部のような高気圧で混ざり合った物質が何万年もかけて温度が下がり、鉄とニッケルが分離を始めます。

こうして、形成され、研磨されたギベオンを、酸につけると、溶け具合で模様が出てくるのです。

ギベオンは、基本、鉄とニッケルが主成分で錆つくのを防止するためロジウム等でコーティングされたものが市場に出回っています。

石の力、意味は

「新しい段階へシフトする」

「新しい環境への順応」「価値観の変容を受け入れる」です。

 

 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする