天使の現れ方1

最終更新日


長いこと、ブログ記事を書いているので、もしかしたらば、過去の記事と重複する部分があるかもしれません。

でもまとめとして書いてこうと思いました。

思い立ったら、記しておかないと、すぐ忘れてしまう、そんなお年頃なので、ご容赦ください。

この世に神様、天使が存在すると信じている、と言ったら、私の頭が変になったとか、ヤバイやつだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私が、見た(感じた)天使、神様と言っていいかも、という存在を感じた時の話です。

私は人生に一度、まさしく天使が現れたのを感じたことがあります。

話は長くなりますので、数回に分けます。

 

今から18年ほど前です。(月日の流れるのは早いわ~)

亡父は若いころから関節リウマチを患い、近所の病院に長い間通院していました。今ほど良い薬もなく、治療といえば、痛みや炎症を抑える薬を投薬されるだけです。

また、亡父自身も、病に対して己自身を労わるというか、節制もしない性格でした。

今から思い返すと、すでに、糖尿病も始まっていたと思います。

父は早朝に出た庭先で転倒し、伏していたところを、幸い、ご近所の方に助け起こされ、玄関に運ばれてきました。

意識はありましたが、動けません。足を骨折しているようです。

人生初の救急車要請。救急サイレンにご近所の方も出てきます。

救急隊員の話では、右大腿骨を骨折したようでした。

何年もお世話になっている近所のかかりつけの整形外科病院に、救急隊員の方が連絡してくれました。

院長からは、

「大腿骨を骨折していた場合は、看護者が必要になる。当院は完全看護ではないので、総合病院に行った方がいい」との返答でした。

しかし、母が近所の病院でないとダメだと譲らず、無理を言って病院に運んでもらい入院となりました。

けれども、入院してから面倒なことになるとは、

神ならぬ身の知る由もなかったのです。

「天使の現れ方2」へ続く

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする