天中殺抜けていました

最終更新日

先日、十数年ぶりにインフルエンザに罹患しました。ブログに記したとおり、毎年ワクチンを接種していたので、身体的には、関節の痛みも出ず、楽だったんですよね。しかしながら、さすがインフルエンザと言うべきか、ただの風邪と区別されるだけあります。熱が下がってから、数日後に筋肉痛が出て、倦怠感も出てきました。年齢が年齢だけに、完全回復までは、まだ時間がかかりそうです。

なかなか体調が回復せず、手相見も天然石関係も、お待ちいただいています。深くお詫びとともに、お待ちいただいていることに感謝申し上げます

身体の深いところで、免疫細胞、頑張ってくれていたようです。
私のブログで、一番、検索数が多い記事は「体調を崩す時」なんですが、今回、十数年ぶりにインフルエンザに罹患して、「運気の変わり目」を体感しています。慌ただしくて、すっかり失念していましたが、この2年間は「天中殺」だったのですが、2月4日に抜けてました。

西洋占星術では木星が巡ってくる幸運期(耕運期とも言う)なんですが、波がぶつかり合うせいか!あまり体感できませんね。

前回の星回りの時も、父が他界し、自分自身も手術が続きました。

これをついていない、と思うか、これくらいで済んで幸運と思うかは自分自身で決められると言うことですね。

自分で選べます。

最後の最後に、インフルエンザでデトックス。厄落としできたのかもしれません。
六星占星術では、まだ大殺界なんですが、そこは気にしない。(笑)

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする