実際のところ

最終更新日

今日は、温かいというよりは、暑かったです。

この季節は、桜が咲く季節のせいか、手相見の問い合わせが多くなってまいります。

昨年は初見さんの、電話での問い合わせが続きました。昨年の拝見数のほぼほぼは、この季節に拝見した数になります。

紹介してくださった方の職位の関係で、希望者に私の連絡先がわ~っと広がってしまい、この波の最初に広げた方が、最後の依頼者となり、その際に「これで紹介をやめておいてください」とお伝えしました。口コミで拝見していますが、ブログを見て、私を知ってもらってから、が基本だからです。

その中でも、あまり熱心に見た方の、2、3回ほどお世話になった個人の喫茶店も出入り禁止になったりもしました。(私たち以外にお客がいなかったからね。。。)。お店の雰囲気が悪くなるから、と言われましたが、聞き耳立てられても、そんなに物騒な話をしていたわけじゃありません。長かったのが店主さんのご不興を買ってしまったようです。

樹を隠すなら森、の例えにあるように、ファストフード店内の方が雑音に紛れてお話しやすいとも思います。

プロらしくなってきたか?なんて思ったりしました。良い経験でした。私は拝見室というのを持っていないので、喫茶店で見ることが多いのですが、レンタルルームも思案したほうがいいのでしょうか。カラオケルームとか?

一番ドキドキしたのは、何回か、「自宅で見てください!」と言われて、依頼者のご自宅にお邪魔した時かな。

拝見中にご家族が帰宅されて、焦りました。

最初に見料を頂戴した時、自分の手相見がお金になると思っていなかったので、差し出された諭吉さんを固辞したのですが「受け取ってもらうと、こちらも安心だから」と言ってくださいました。見料というよりは口止め料に近いですな。

男性の方も思いのほか多く拝見してきました。無料で見ていたときからですが、私が思っていたよりも男の方、も占いが好きな方が多いことに驚きました。

実は、私、背後霊に、「いつも適切な人とご縁がつながりますように」とお願いしています。これは、「運気が上がる方」という願い、祈りが入っているのです。

電話一本、メール一つであっても、私に繋がるには百人百様のエピソードがあります。

そこが面白いところです。連休中に多いのは、直前に依頼されるリピーターさんが少なからずいらっしゃることです。旅行で近くに来たから、時間が空いていますか? というのがね。

なかなかタイミングが合わないというケースもありますが、自分の運を試してみたいという方は、お試しください。

私も以前は、できるだけ依頼主の都合に沿って、と拝見していましたが、今は、タイミングが合わないときは仕方ない、と無理しないようになりました。

続けていくには、無理していたら、無理。(あれ?)って、ことがね。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする