豊かさのメモ

最終更新日

どこぞの小説のようなタイトルですが。3連休の最終日に本棚の整理をしているワタクシ。本棚の後ろから古い手帳が出てきました。

手帳には「豊かさのメモ」というタイトルで、

●月×日、アンケートで商品券が当たる。

〇月×日、イトコから服を贈られる。●月×日、知人のダレソレさんから、ごちそうになった。

●月×日、同僚のダレダレさんから、旅行のお土産をいただいた。某月某日、××社の懸賞で商品券〇千円当選する。

×月〇日、◆◆さんから、「〇〇」とお言葉をいただく。

…等々他人様からしていただいたこと、お言葉などが一行メモで簡潔に記されていました。

忘れていたことが多くて、少し反省。人間て、忘却の生き物だからね…。

10年前に、こんなに他人様から「気持ち」をいただいていたんだなぁと、胸が熱くなりました。

金銭の問題ではなく、厚意の問題です。

メモを残していた自分、GJ。これは、「過去からの手紙」。

自分は、他人様から何もしてもらわないのが、基本として考えると、何かしてもらったら、些細なことでも感謝できる。

すなわち、「情けは人の為ならず(自分のため)」(あ?少し偽善が入ってるかも。ま、いいか(^^♪))

忙しくなったり、ちょっと満たされると忘れてしまう、こんな自分に喝して、また「豊かさのメモ」を記していこうと思います。

豊かさのメモが、豊かさを引き寄せ、私を満たしていくと思います。



 

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする