急がば、試す

最終更新日

夢のような夕焼けが見えたのは、先週のことでした。

私の作ったブレスレットを身につけてくださっている方を見て、依頼してくださる方も増えてきました。

できる限り、お受けしたいと思っています。ですが、紹介者がいらっしゃる場合は、その方からお話を聞いてイメージを掴みます。既に石との縁は繋がり始めていると、私は考えています。

「石」と「依頼者」の「願い」のバランスが不調和ならば、ゴム、またはワイヤーは切れやすく、また石は紛失しやすい印象です。

見えない世界からの、「Go,Now」の閃きがもたらされないと、私は石を探しに行けません。

さて、自分自身を不幸だ、ツイテいないと、思っていた昔、私は運気的にどん底で、気力も体力も底の底だと思っていた時の話をさせてください。

底なので、すがれるものは、すがりました。

手持ちのお金が潤沢ではなかったので、手は出せませんでしたが、もしも手持ちが潤沢だったら、きっと、高額な壺でも護符でも買っちゃったんじゃないだろうか。

手持ちが潤沢でなかった私は、「言霊」にすがってみました。

苦しければ、苦しいときほど、「私に対して当たりの強い人」、私に対して不満がある人に向かって、こっそりと念をとばしました。

「ありがとう、幸せになりますように」という言霊を呟きました。

これは

それは、棒読みで、感情もこもっていなかったでしょう。でも他に術がないから、続けました。続けて、救われたのは、私の魂です。

今、辛いこと、悩みがある人は、まずは言霊で自分を救ってほしいと思います。

日本には豊かな言葉の表現があるので、ちょっと意識を変えてみるだけ。最初は苦しく、面倒で、しっくりこなくとも、自分自身の運気を上げるためだと思って、少しずつ。

「嫌い」は「好きじゃない」。「嫌なヤツ」は「好きじゃない人」、「デブ」は「体格の良いひと」「変わった人」は「個性的な人」。

「お前はどうなの?」と思われるでしょう。

私自身、運気の器が小さいので、他人様から見れば、たいしたことない存在です。でも、依頼者の運気が上がれば、私の運気も上がっていく…と信じています。

そこは、人間界の理屈で語り切れない部分なので、入り口は「俗世にまみれた、偽善」で良いと思っていますよ。言霊がすべてですから。

手元に届いた石と長く過ごすためにも、試してみてくださる方に、ブレスレットを身につけて欲しいと願っています。

 



ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする