月だけが知っている

最終更新日

10月も下旬となりました。

ブログの更新が(毎度のことながら)滞ってしまって、申しわけありません。私のブログにたどりつくキーワードで一番多いのは「体調を崩す時」「運気の変わり目」です。運気の変わり目には、体調が崩れるという、自分の経験を記事にしたものです。

今年は、年明け早々、数年ぶりにインフルエンザに罹患しました。

そして今年の残りが迫った現在、久しぶりに喉からの風邪に罹患して、重症ではないものの、回復が遅れています。

手術が続いたときに似た展開かもしれません。

今、私を取り巻く環境が変化しようとしているのです。

私は、自分の見ている自分と他人から見えている部分のズレを認識させられる時も迎えています。

もう、負の感情を体感し、「ブラック煉」登場!の感情が渦を巻いて迫ってきていましたよ。

その感情を、ヘミシンクの「箱につめて海へ流し」、黄金の光のイメージで浄化する。もう、できることはなんでも試していました。試していたところの、この体調不調ですよ。

来た来た!って感じですかね。

以前は、三つの竜巻に飲まれる夢が私の運勢を知らせてくれましたが、今は体調で知らせてくれるのが良くわかります。

良いことも悪いことも、平穏ではなかなか知りえない、不調の時に、自分のアンテナを冴えさせるのだと思います。

写真の月は、先日 iphone7 から撮影しました。十年以上前、手相見を始める前に手術で入院したとき、病室の窓から見た月影を思い出しました。

手相見を続けようと思ったお月様と同じ。

たとえ、なにがあってもそれは、すべて「魂の予定」どおり。

そう思うことにしています。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする