最終更新日

No.436

 

今から7年ほど前に作成したブレスレット#168のゴムを交換依頼を受けました。主力を担っていた石は、ハイパーシーンでした。石は割れたのも有り、そのほかの石もエネルギーを使い果たしていた(これは石としては本懐か)ので、作り直しました。

水晶を加え、サファイアとラピスラズリを足しています。

手前の虹入り水晶の両脇がサファイア、奥のグリーンルチルの水晶の隣に、ラピスラズリ、写真では写りが今ひとつですが、黒針入り水晶を2つずつ、対として配置しました。

サファイアはエネルギーの循環を良くして、ラピスラズリには厄除け、幸運を引き寄せる力が宿っているのです。間にはヒマラヤ産の水晶も加えています。

以前に用いたメインは、「ハイパーシーン」名前のとおり、強さを意味する石だったのですが、十分、負のエネルギーを被ってくれたようです。

外した石は、お庭に埋めて「珠埋め」として、土地の守護をお願いすることに用いるのも良いと思います。

以前は、ブレスレットの修理やゴム交換を頼まれると、早めにとりかかっていたのですが、最近は、石を休ませ、浄化し、エネルギーを充電させるため、専用の函に格納します。

石を時折、眺め、直感が降りてきたとき(石が語りかけてきてから)作り直すことにしています。

自分の体調が悪いときは、石には触れません。

かなりお待たせしている品もあります。ご容赦願いたいと存じます。

ren

手相見歴30年以上、同じく天然石愛好家です。

シェアする