見えた?

写真は、メテオライト(隕石)のパーツです。

先日の水道メーターの検針で、「見誤り」があったことから、週に一度は水道メーターを自分で確認しています。細かいヤツです。

水道は、普段、使いたいだけ使っているけど、考えてみれば、そんなに量は使わないし、使い勝手が便利なことを考えれば、お安いのじゃないかと思っています。

自分で汲みにいかずとも、蛇口をひねれば、きれいな水が出て、量を制限されずに使えるって、幸せなことですよね。

亡くなった祖母がこの世で水が一番、安くて尊い。と話していたことを思い出しました。

もうすぐ平成が終わって令和の時代を迎えようとしています。

4月も終わりに近いというのに、私の住んでいる街では雪が積もりました。朝起きたら、雪国に逆戻りでした。

それでも、あちこちに積まれていた雪山がなくなって、我が家のリビングの窓から外を見たら、見えたんですよ。

祠?というかお堂というのか、小さなお社が近所にあるのです。存在を知ったのは、「ポケモンGo」で、ポケストップになっていたからなのです。ポケGOをしていて、今まで存在すら知らなかったお社を2つほど、発見しました。そのひとつでは、近所の倉庫の狭間に存在して、「こんなところに?」という意外性。

前を通ったら、祝詞も聞こえてきた。録音テープかもしれないが。一見したところ、井戸を祀っているようにも見えました。

今の住居に越してきたのは1月半ばで雪山で見えなかったのですが、つい先日、8階にあるリビングから見ると、お社、お堂の背面が、見えます。ちょっと驚いて、手を合わせましたよ。ありがたいことですから。

その社の延長線上にわが住居が存在しているのです。

越してきてから、寝室で、母が「丸い玉を見る」、「人の気配がする」と言うのです。

私は光の影(玉)を旅先の旅館で見たことがあります。

母は黒い玉だったというのです。黒い玉が動いて、部屋のカーテンの裏に入っていった、とか。

単純に夢を見たのではないかと思ったのですが、母の家系は霊感系ですので、この世とあの世の境目を見ることは、今までもありました。

母の部屋は社の延長線上にかかるようですから、なにかの通り道になっているかもしれません。

肩を押された、とも話しますが、怖い存在ではないようです。

ワタクシ的には母の認知症を疑っていて、注意深く観察しているのですが…。そちらのほうが怖い気もします。

昨年、引越しを決めてから、4月で半年、色々ありすぎて、なかなか落ち着きませんでしたが、大型連休で遊びに行かず、(行けず?)落ち着いて、たまっている天然石関係をアレやコレを片付け、手相見のデータを整理したいと思います。

それにしても10連休は長い!

お直しや、相談があれば、この連休中にご連絡ください。

まとめて石の発注など、相談や、その他諸々の返信をしたいと思います。

よろしくお願いします。