#466

新作、というよりは、リカバリーというか、リフレッシュというか。

組みなおして、「気」の入出を司る石を、さざれ石から丸玉に変更しました。エネルギー的には、新作に近いものがあります。

メインは、メテオライト(隕石)とリビアングラス(隕石が衝突した衝撃で生まれたガラス)が対を成しているところ。

メテオライトは、産地によって、「ギベオン」や「ムオルニスタ」の呼称を与えられることもあります。

「天」隕石 と「地」リビアングラス の間に、水 水晶、空 ラピスラズリ、そして緑、ペリドット、ペリドットは太陽の石とも呼ばれる石です。

あまり、丸玉の形状では出回っていませんね。たいていは、なんらかのカットが施されている天然石ビーズとして、市場に存在します。

ブレスレットは、輪の中に、宇宙、曼荼羅が存在します。

そこに、人間の腕、エネルギーが加わって、初めて パワーストーンとして存在できるのです。

パワーストーンがあるから、運気が上がるのではなくて、「所有者」の意思=エネルギーが、そのパワーを導きだすと言えるでしょう。