この身体とともに

多くの方にご心配いただきまして、メールやご連絡をいただき、感謝申し上げます。

先日、体調が悪いので、行きつけの内科から、総合病院に紹介状をいただいて、診察してもらうことにした。

数値上は、確かに持病の数値を示しているが、私の訴える体調を完治させることはできないということだ。

私的には、数年前から体調が悪いので、ドキドキしていたのだが。考えてみれば、最初に診断された時から、波はあったが絶好調ではなかった。

結果、対症療法しか残っていない、と告げられた。

筋肉に痛みが出たら痛み止め。

倦怠感には、市販の栄養剤で対処し、ストレスを貯めないようにするしかない。

今の総合病院でできるのは、治療ではなくて、癌検査くらいしかない。ということで、終了。

内科的も気になる数値はあるので、これからは内科クリニックで診察を受け、今回の老母のように「異常値」が出たら、改めて総合病院で診てもらうこととした。

そして、将来的には治療を必要としないならば、地元の病院で養生することにする。

 (空に低空飛行のヘリコプターが周回していたので撮影)

私の体の不調は回復しない。

不調な体も私自身。

私の個性の一部、体の一部と考えれば、調子を見ながら、労わりながら暮らしていける。

それはそれでありがたいことだと思える。

実は私、数年前に知り合ったヒーラーから、ヒーラーエネルギーを伝授されている。

ヒーラーは自分自身を癒せないと聞いたので、今回は、もう亡くなられた有名なヒーラーさんにのエネルギーにすがってみた。宗教がらみではない。念のため。

その甲斐があったのか、甲状腺の半径ピンポン玉大の腫れはひいて、周辺の人も驚いた。

私も驚いた。医師にも原因はわからないという。推察だけ告げられた。「大きくなったり、小さくなったりするんですよ」

エコーの検査甲状腺は少し大きくなっていたけど、血液検査は異状なし。

腫れの半径はピンポン玉大ではなくなった。

あの腫れはどこに消えたのか。

確かに、周辺を驚かせた腫れはひいた。エネルギーの一部が溜まっていて、抜けたように。

オラクルカードで受け取ったメッセージの通りになった。

今回の老母の入院、私の体調不良。それはブログでも良く伝えている「運気の変わり目」を表していたのだろうと思う。

もっと、自分自身のエネルギーに目を向け、自分のエネルギーを体感する。

この身体と生きていく。

覚悟をもつときが来たのだ。