なぜかといえば

雪のない元旦を迎えて、このままではいかないだろうと思っていましたら、雪が降り、2月らしい寒さとなり。

2月は私にとっては四柱推命の天中殺!運気が一番落ち込む月なのだ。

振り返ると、2月は体調不良が多かった。でも昔、2月に手術したときは、お風呂に入れず寒かった思い出がある。

運気の悪い時に、けっこう思いきることもある。魔物が住むようだ。

その2月、今年、私は習い事を始めたのだ!ああ恐ろしい。

先週から、近所の編み物教室に通い始めた。午後1時から2時間で、500円。その日払いの受講料。ワンコイン。

編み物というのは、皆さん、女性ならば、だいたい経験しているでしょう。私も高校生までは、親に習って編んでいた。ただ親の教えが悪いとは言わないが、基本のキを習っていないので、早々に挫折。生涯で編み切ったのはマフラー2本だけ!(棒針で)

ワイヤーニットで石を編み込んでいくのに、「基本のキ」は必要では?と思いたって、同僚を誘って始めることにした。

指運びから、習う。まずは簡単な、かぎ針編みから。

もう、編み物なんてウン十年ぶりなので、初回から、挫折しそう。

指の動きが怪しくて、ついていかない。

編み物記号が頭に入らない。先生の手元を見ても、今ひとつピンとこないまま初回は終了。

教室に飾ってある、美麗なショールを編める日は来るのか?

教材の毛糸を編み、解き、を繰り返して、白い毛糸が薄汚れ、ヨレてきた。さすがにまずいな、と感じて、練習用に100円ショップでアクリル毛糸を購入し、練習中である。

編み物って、性格が出るよね。私の余裕のなさが網目に出てくる。(汗

先生の余裕のあるふんわりとした網目にならない。端の目を見失う。(汗、汗)

編んでいるときは、思考が「空」になる。それが少し心地いい。

編み物の本は、記号やイラストは、いまひとつわかりにくいので、教室は良いと思う。月に2回くらい通えれば良いと思っている。

 

☆☆

「日本のご神託カード」予想以上にお申し込みをいただき、ありがとうございます。時間がかかりますが、カードと馴染むために「開運のポイント」をリーディングします。

予告なしに終了するかもですが、気になる方は、お名前と住所(都道府県、市町村まで)をお知らせください。

お代は無料です。

予定数に達しましたら、お断りする場合もございます。

 

2020年の予感

休みってのはなんていうか、光陰矢の如し な印象だった。しかし今回の幕開けはいつものそれとは、ちょっと違う。

それは、年末の老母のケガに始まり、遠方の伯母の死去、そして、年明けには、集合住宅のボヤ騒ぎ。

その日は老母の86歳の誕生日であった。

朝から、複数台の消防車のサイレンがけたたましく鳴り響き、「お、新年早々、火事か」なんてぼんやり見ていた。住居の8階の窓から見えるかも。

おっと、バルコニー前の道路に消防車が止まっているぞ。近所か???煙でていないけど?

などと 思っていたら 玄関のチャイムが鳴った。

出てみると、そこには「警察官」が。聞くところによると、「5階から煙が出ているという通報がありました。詳細をただいま調査中です。念のため屋外に避難してください」

三角巾で腕を吊った右腕の不自由な母を連れて階段をおりて、外に出た。 数台の、消防車、パトカーが集合住宅前に到着していて、隣の空き地には「〇〇本部」なんて看板が掲げられている。見上げた集合住宅からは煙も炎も見えず、最近報道で見た「予告なし避難訓練」のようにも思えた。正月で不在者が多いのか?外にいるのは私たちだけだ。

すると、消防署の人が駆け寄ってきてくれて「5階のガス給湯器の故障で煙が出たようです。安全が確認されたので、戻っていただいて大丈夫です」みたいな説明を受けて、部屋に帰宅。

私、戸建て暮らしが長かったので、集合住宅での火災(ではなかったけど)関係は初体験。なにごともなかったので、良かったものの、実際、本当の火事だったら、老母を連れて階段を降りるのは、かなり時間もかかる。5階が炎ボウボウのなら、屋上に逃げるほうが良いのか?

避難階段だから、煙が追ってきてもドアが閉まっていれば大丈夫なのか?

火災保険に入っていてよかったなぁとかいろいろと考えた。

なにより、驚いたのは、自分の住んでいるところが、騒動の元になっているのに当人は気がつかなった。

人間もそうかもしれない。

自分のことをしらないのは自分だけ?とか色々考えさせられた。

なにか慌ただしい 2020年の始まり。

1月なのに、ほとんど積雪がない。この地方では、珍しい。私の記憶の限り、初めてかも。雪が少なすぎて、ちょっと不安。

本年もよろしく

年末の老母の転倒、右肩脱臼!に慌ててどうなることか、とヒヤリとしましたが、なんとか無事に年越しできました。

なにかと、後手後手に回った年末、元旦に年賀状を印刷しているのは、いつものことです。反省!反省。

2回連ねると、嘘くさく感じるのはなぜか。

今回は、デザインを考える余裕がなかったので、郵便局の「御守年賀」というものにしました。

御守の空白部分に、自分で文字を書込というのですが、ランダムに書き込んだのを、発送する段階で、「金運」、「厄除け」「家内安全」とか、あて先の人に合わないかな?と思って結局、十数枚は出せずじまいとなりました。御守の部分の文字は、後で記入すれば良かった。

難しいものですね。

「金運」が多かったのは、自分の願望だと気がついた。

下の写真は、NHK Eテレ番組 「0655 2355 年越しをご一緒にスペシャル」から。2020年の運勢をたなくじでゲットしました。

もう、お休みも半分過ぎてしまった。もっとまったりしたかったのに、できずじまい。なにかと忙しい、休暇後半。

ポケモンGo、まだしています。トレーナーレベル40になったので、やめても良いものなんですが、新機能が実装されて、ついつい。その名も

相棒機能。

相棒のポケモンとコミュニケーションがとれる、っていう機能です。

AR機能で、スマホをとおして風景を見ると、目の前にポケモンが!っていう。

大昔にしていた「ポケットピカチュウ」(ピカチュウの万歩計)のように、おやつをあげたり、撫でたりできるんですわ。

愛猫のかわりに愛でています。

手相見も、天然石も、ポケモンGoも 始めたら粘着質に続けています。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

今年の総括

今月は、1度しか更新してなくて、気が付いたらもう、2020年が目前でした。師走感が無いまま、年末年始休暇に突入。精神的にくじけそうな気分でいた後半に待ちに待った、年末年始休暇。

半日断食もして修行僧のように、こもってすごそう!のんびり、まったりして過ごそう、年賀状も印刷して、買い物も…なんて考えていたのですが。

28日土曜日の夕方、老母、年明け86歳が散歩の帰路にて転倒し、右肩の関節を脱臼しました。

気が動転した老母は通りがかった女性に、旧居の電話番号しか言えず、女性が電話をかけてくれても、電話がつながらず(当たり前だ)、自力で帰宅しました。

年末の、土曜日の夕方。主治医の医院は閉まっています。

慌てて近くの救急病院に母を連れて行きました。レントゲンの結果は脱臼。救急の医師は脳外科担当だったのですが、出張で来ていた医師が、もう一度駆けつけて来てくれて、二人で施術をした結果、あっという間に関節は戻りました。聞くところによると、関節を戻すときはか・な・り、「痛い」と聞いていましたが、幸い痛みは少なかったようです。

しかしながら、3週間は安静を要するということで三角巾で右腕を保護しての帰宅となりました。

年末の、アレやコレは予定変更。酒宴もなし。静かな年越しになりそうです。

住んでいる市は積雪が例年より少ないとはいえ、凍結路面です。母には無理に散歩に出ず、集合住宅の昇降でやめておけ、と伝えていたのです。とにかく骨折ではなかったので、幸いでした。介助も少なくて済みます。

救急病院に電話をしたとき、「万一、入院が必要な場合、ベッドが空いていないので、特別室、差額ベッドになります」とか言われて、一瞬頭がグルグルしました。しかし、頼りの総合病院は命に係わる状態でないと受け付けてもらえないので、市内の救急対応の病院に行くしかありません。

今回、高齢者の事故は、本当に突然、降ってわいてくるのだと、あらためて思いしりました。

翌29日は、手相見。今年、手相見は、少なめな一年でした。

タイミングが合わないというか、以前ほど積極的に「見る」意識が少なかったかもしれません。その分、濃い内容ばかりだったと思います。

不思議なご縁で拝見するに至った方に始まり、今年の締めに拝見した方には、自分史上最高額の見料を頂戴しました。ご厚意でいただいたのです。最初に拝見した第1号の方よりも、高額な見料です。恐縮しましたが、「お金のエネルギーを拒むな」という教えに則(のっと)り、ありがたく頂戴いたしました。

思えば今までも、年末には、旧居にてストーブが壊れたり、ボイラーがおかしくなったり、トラブルに見舞われるも、人の姿を借りた天使に救われた気がします。今回は、手相見の依頼者も、私にとって天の御使いだったような気がします。お告げの内容は「これからも手相見を続けるように」。

いただいた見料にはそんなエネルギーが宿っている気がしたのです。

今まで、そんなに「夢のような幸運」には縁がないと思っていた私ですが、振り返ってみると、欲しい!と思ってた品、たとえば

レムリアンシードの水晶ポイントや布草履、猫柄の巾着、仕事、蛇の抜け殻、リーディング、ヒーラーの伝授など、必要な時に、欲しかったものが友人たちからプレゼントされていることを。

欲しいもの、けっこう引寄せているんじゃない? と今さらながら気がつきました。本当、今さらで、お恥ずかしい。

ということは、願いかた次第では、もっと大きなものをつかみ取れるのかもしれないじゃないですか。

西洋占星術では、500年、200年に一度の星回り。

これからは今までの物質的なもの、目に見えるものよりも、目に見えないもの、精神的なものに重きが置かれる時代の幕開けです。

人間に生まれて、「想像力」が授けられているのなら、良いことを思い描いて、エネルギーを上げていけるんじゃないかと思う。

落ち込む自分も、落ち込む余力があるってことですよ。

転居して、バイト先も近くなったし、図書館も近くなった。図書館は、リクエストに応えてくれるので、とてもありがたいです。

そして、こんな辺境のブログにお越しいただき、ありがとうございました。

皆さんのおかげで、手相見、天然石のあれこれも続けてこられました。

感謝しかありません。

皆様、良いお年をお迎えください。

師走感がないまま

今年は、雪が積もっていないため、年末なんだけども、年末感がないまま、12月も後半になり。

先日は、満月が美しかった。

眠れない夜に、届いたのは詐欺メール。

今年、確かに、このメーカーのWebサイトからポットの交換部品を購入した。しかしながら、キャンペーンに応募した記憶がない。リンクにクリックしたら、「送料が100円かかるから、クレジットカードの情報を入力してね!(要約)」なんて記述が。

一瞬、3000円のクオカードのために、キャンペーンプレゼントの送料100円くらい、負担してもいい、と思ったが、あれ?クレジットカードの情報は、買い物のときにユーザー登録でしていますけども。

いやいや待てよ。100円ぐらい、プレゼントなら出してほしい。

そう思って怪しんでネット検索したところ、今、流行の、詐欺メールだったらしい。ネットで話題になっていた。宝くじが当選しました!というのあり得ないので疑うが、この「3000円のクオカード」というのが、なんとも上手い設定というか…。連絡先もないし、怪しさ満載。

危ないところだった。個人情報は入力していない。

先月は、世間でも有名な、葉書で「訴えますよ」な詐欺告知が届いたが、届いたのが、連絡締め切りの翌日だった。まぁ連絡はしないけど。放置。

頭の良い奴はいろんな詐欺手法を考えますね。油断できない。

皆様も、お気を付けください。

そして、クリスマスの本番まで時間があるが、近所でイベントがあるので、出かけてきた。

食べ物につられて…。

ケーキと、フルーツティーのセットで400円(税込)。クラムチャウダーも美味しかった。夕食は、これにて済ませた。

LINEでお友達登録したら、クーポンコードがもらえるという、甘い罠(失礼)に釣られてお友達が増えすぎたので、最近登場したスマホのアプリ「✙メッセージ」を使い始めました。

電話番号だけでメッセージが送れる。(しかも無料で)。まだ始まったばかりのサービスであるけれど、キャリア3社が勧めているので。

私の電話番号をご存じの方、試しにメッセージを送ってみてくださいませ。

お返事は差し上げられるかどうか、確約できませんけども。

アイコンはこれ。

年賀状のデザインを考えているうちに、もうこんな時間になってしまいました。

 

 

明日から師走か…

今年は、年明けの引っ越しから始まって、慌ただしく過ぎてしまった気がする。あっという間だった。感覚的には、タイムスリップしてきたような。

 

体力と気力が一気に減って、戻るまで、時間がかかった印象の2019年。

ただ、記憶が欠落しているような、光速で過ぎ去ったような。

自分自身の記憶力の無さに焦りを覚えている。

もう外の景色は冬だし。

人生の、これからの楽しみよりも、過ぎ去った時間への感慨が多い気がする。これが「老いる」ということなのだろう。

 

 窓ガラス越しに撮影した今日の空。三日月の下に輝く星が見えたけど、撮影構図に入らなかった。

前の居住地よりも、街の中心に引っ越したが、買い物には不便を感じている。大型店は郊外にあり、商店街の店には慣れていないからだと思う。

そんな中、新しく買い物の店に加わったのは、中心商店街の、花屋さん。

なぜかというと、その花屋にはわんこがいるから。

この、わんこに会いたくて2週間に一度、仏壇の花と、玄関用の花を買い求めて立ち寄る。今日も、頭をたくさん撫でさせてくれた。

猫たちが傍らにいなくなり、思い出はたくさんあるけど、温もりがなくなったので、花屋のわんこを撫でさせてもらうことが、楽しみのひとつ。

エネルギーチャージ。

あと、模型店には「王子」という名前にふさわしい愛想のない、おっと失礼、高貴な猫がいるが、撫でさせてもらったことは、まだない。

玄関の、一輪挿し用に買い求める花は、「神様」のため。

花は美しい。花屋さんのおかげで、知らない花の名前も覚えた。ピンポンマムにサンダーソニア、

今は、トルコ桔梗がお気に入り。色の種類が豊富で、一本買うと4つくらい花がついていて、お得感があるから。

 

天空の門が開いたかも

パソコンが速くなったから、もっと記事をアップできれば良いところだが、OS Windows10になじむまで、あれこれ設定をいじっていたら、もう11月も末。来月は12月。年末!ひやぁ。

昨年の今頃は、引っ越し準備で大忙しだった。あの時のことを思い返せば、はるか昔のようでもあるし、ちょっと前の気がする。

しかしながら、思うに、引っ越しには、大きなエネルギーが働いたのを感じている。

すべてがあれよあれよ、と見えない力に導かれ、今の住居に越してくる前、越してきた後も、多くの方のご厚意に支えられて来たことを実感している。

私は普通なことだ、と思っていたら、傍から見ると、幸運だったのかぁと再確認した2019年。

これは、私が手相見に重心を置いた、置かざるを得なかった頃の状況に似ている気がする。 父を亡くした後、入院、手術が続いて、バイトも行けなくなる、入院先で手相を見ていたら、たくさんのひとに喜ばれた。そのうち見料を頂戴したところ依頼が増える 的な流れ。

最近、落ち着いて手相を拝見できる場所がみつからなくて、手相見も滞りがち。

深刻な相談内容が増えると、狭い町なので、気軽な場所で、というワケにもいかず。初期のころは、部屋を貸してくれる人がいらして、まとめて希望者を募ってくれたこともあったけね。

この数年は出入り禁止を受けたカフェもあったりして、私もいちおう、プロの洗礼を受けたのか?(汗)。

昨日の朝、空を見上げたら、大空を横切って、雲の橋がかかっていた。通勤途中なのでパノラマ撮影は叶わなかったので、雰囲気だけでも記しておく。

私的にはこの世とあの世をつなぐ、次元と次元にかかる橋に見える。

占星術で見ると数百年に一度の惑星配置があり、12月上旬には、エネルギーが変化するという噂も見かける。

不思議系のサイトで、この青空の向こうに、超大型宇宙船がかすかに映っていたりする写真を見たことがある。人間の目に見えないものが存在するのかもしれない。

そして、太陽系外から不思議なエネルギーが地球に接近中というニュース(フェイクニュース?)もあるし、南極大陸の氷の下で、重力や熱が確認されているという。

そういう変化のニュースを耳にすると、もう、手相、見なくても良いのかな。

現在、手相見よりも天然石アイテムの修復、浄化が集中しており、これも天空の門、エネルギーの関係かもしれない、と思っている。

エネルギーが変わっていくんだから。無理して手相見も続けなくても良いのかも。

 

人生、長く生きてくると思うところがある。

「運を良くするにはどうしたら良いですか」と聞かれるとこう答えている。

「運」は文字の通り、「運ばれてくるもの」だ。運び手は、人間だ。

どんな孤独な人でも誰かしらの手を通ってきたものを手にしている。

目の前の人に親切にしていると、周り回って、幸運がやってくる。

そういう事例を見聞きして、体感してきた。

嫌いな人、気に入らない人に、親切にできないなら、せめて、そっと離れよう。不親切にするよりはマシだと思う。親切、不親切っていうのも、立場が変わると見方も変わるので、一概に言い切れないが。

人間は、多面体だ。

あなたにとって「良い人」が、別の人にとっては「悪い人」な面を見せることもある。そこが深くて、だからこその人間。神様だって、怒らせると一番怖い存在だ。

でも、自分にとっての苦手な人は、案外、神様の御使いの化身かもしれないよ。間違った方向に行く自分の道を軌道修正させてくれて、別の御使いに導いてくれるような存在かもしれない。なんて思っている。だから限界まで我慢しなくていいんじゃないかな、なんて。

 

PC Shop N 探訪記

暦の上では立冬。

冬に入って、私の住む市にもうっすらと雪が積もりました。最近ブログの更新は滞りがちで、生きているのか、死んでいるのか、意味不明ながら、多くの方にお立ち寄りいただき、感謝申し上げます。

手相見と雑感と、天然石のあれこれがごった煮のように散見するブログを、立ち寄ってくださるのは本当にありがたいことです。

一番人気の記事は、「体調を崩すとき」と「運気の変わり目」なのは、皆さん、悩む時期に共通の思うところがあるということですね。

私は今、メインで使っているパソコンがときどき気絶したように沈黙「応答なし」になるので、買い替える時期がきたのだと覚悟していました。

しかしながら、今年は引っ越しに始まり、なにかと出費が続いているので、そこは、できることなら何とかしたい。

このさい、中古品でもよいものがあれば、と思案していました。

ネットの情報閲覧はiPhoneとiPadでこと足りていましたが、ブログの文字入力となると、やはり、パソコンが使いやすい。そこで、先日、「ポケモンGo!」の途中で見つけた、パソコンショップに足を運んで参りました。

パソコンショップ ノース

転居先から歩いて1キロほどにある、一見、何のお店なのか、外からはすぐにわからない。知る人ぞ知るというお店です。

地図では「エルドール」と記されているお店は現在「あんこちゃん」というお店になっています。茂藤スポーツの隣、と言ったほうがイメージしやすいかもしれません。

木曜日定休ですが、店長はあちこち出張している場合もあるので、ホームページやFacebookでスケジュールを確認してからお出かけください。

思えば、パソコンには縁のなかった私が、パソコンに触れてみよう、と思ったきっかけは、iMacの発売でした。堅苦しいイメージしかなかったパソコンに、カラフルでキュートな、触ってみたい!と思わせてくれたiMac。

当時、人気がありすぎて、私の市ではなかなか手に入りにくかったiMacを手配してくれたのは、今は無き「エレクトロジョン」というパソコンショップでした。

ずいぶんとお世話になったものです。ご主人が亡くなられ、お店も取り壊されて、これからのパソコンの修理をどうしたものか、と思案していたところでした。

今、使っているパソコンはかれこれ10年くらい使っていて(汗)、なんとかなればいいかぁ?という気楽な思いで持ち込みました。

店内には、とても中古品、ブラッシュアップ品(?というのか?)とは思えないハイスペックのパソコンが並んでいました。店長さんも親切で、親身になって相談に乗ってくれました。

そこに並んでいるブラッシュアップ商品を購入したほうが、きっと安くてコスパも良かったと思います。 しかしながら、今のパソコンを愛している私としては、なんとか、この時代遅れのこのパソコンを、使いたい!と拝み倒してリフレッシュ?してもらいました。実際、ディスプレイも古いんだけど。

HDDをSSDに換装してもらい(起動は早くなった)、店長が持ち帰り際に呟いた「CPUが交換できれば…」という言葉が心に響いて数日後、再びショップへ、デスクトップを抱えて行きました。重たくて辛かったが、人間、希望があれば、なんとかなるもんですな。

古すぎるCPU(セレロン)をインテルのデュアルコアの中古品にセットしてもらい、Windows7proを10proに入れ替えてもらいました。実際、店長さんは人気(?)で忙しかったところを、なんとか、なんとか、とお願いしたわけです。文章にすると最悪ですね。押せば何とかなる、と思える自分に年齢を感じました。すみません。

写真は、取り外したCPU。頑張って私のブログを支えてくれた頭脳です。

最近は生活に追われて、パソコンショップをじっくり見たことなかったなぁ。

大きなディスプレイも2万円弱で買えたりするし、メモリも安くなってたワ。私がパソコンを触りだして20年弱だけど、昔はメモリが高くて、iMacのメモリ500MBを買うのも結構なお値段しましたよ。1万6800円ぐらい。

語りだすと長くなってしまうので、やめておく。

店長さんのお人柄か、お客さんがひっきりなしに来られて、お忙しそうでした。頼み込んで、長居させてもらって店内をウロウロ。

ゲームなどをするヘビーユーザーでなければ、愛用しているパソコンを少し早くしたい、と思ったら、お勧めします。今回のパソコンが壊れたら、次はここで、ノートパソコンを買おうと思います。

やはり地元で修理やカスタマイズしてもらうのが一番ですからね。今回はとても勉強になりました。

マザーボードの規格の関係で、メモリは増設できませんでしたが、CPUを交換してもらったおかげで、ストレスから解放されました。

先日、作った名札用チャームが頻繁にワイヤーが切れてしまうので、1か月ぶりに戻ったチャームを別の手法で組みなおしました。ワイヤーニットです。

細い金色のワイヤーで編み込んでみました。

結論、今月は、少しは記事をアップできるかも、しれません。

 

 

浄化函

毎年、ドメイン(kurenoren.net)の更新をするか、悩ましい秋。  サーバーの更新は春で、ドメインとは半年ずれているので、ブログをやめようかな=手相見もやめどきか? と考えるタイミングは半年ごとにくる。

生業にしているわけではないから、やめるタイミングを考える時期がくるってことだ。

不思議なことに、考え始めると、依頼が増える。

考え始めると、新規客が増える。

そんな繰り返していつのまにやら、こんなとこまで来たようだ。

天然石関係も生業ではないので、ときめく石に出会えなければ、いつやめても良い。

つらつらそんなことを考えていたけども、結局 今年もドメインは更新した。

我が家には天然石用の浄化函が3つある。護符と水晶、マジカルオイルなどをしまっている一番古い箱が、壊れた。新しいのを購入するべきか。

現在、探している。

さて、ここからは信じてもらわなくても良いが、寝ているとき、強いエネルギー(のようなもの)が空中から落ちてきて、眼が覚めた。寝ぼけていたのかもしれないが、落ちるというのではなくて、落ちてきて、びっくりして眼が覚めた。

不思議な感覚だった。

先日、名札用のチャームを作成したが、作成するたびに不思議なワイヤーの切れ方をしたので、3回目の作り直しの写真を載せておく。

輪のチャーム

ネックレス用のワイヤーを使用して作成したチャームが、デザイン上使う石が違うのに、同じ位置で切れるというのはエネルギーの関係かもしれないと思ったりする。

基本は左右対称で作成するブレスレットやチャームも「気」の入り出を考えて、あえて左右非対称にすることがある。これもそのひとつ。

今、日本列島をとりまくエネルギーも変化していると思う。

 

青空に橋

太陽が沈む時間が早くなりました。

残暑が続いています。空は秋の気配です。

スマホのカメラで撮影できないくらい、長~い雲が、まるで橋のように青空にかかりました。

天から光の帯、に見える。