話をしよう2

写真は、ハーキマーダイヤモンド と呼ばれる水晶です。

巷ではクリスタルブームが起こりつつあった頃、地方都市の地元に水晶を売っているお店が見られませんでした。通信販売や東京に行ったときに、水晶を買っていました。

ハーキマーダイヤモンドは、米国、ニューヨーク州ハーキマーで採掘される特殊な水晶です。その形状は、私たちの知っている水晶のイメージとは違います。天然産出の状態で、普通の水晶とは異なっていて、丈の長さがなくて、側面が美しいのが特徴です。別名、ドリームクリスタル「夢見の石」。

枕の下に忍ばせて眠ると、夢でお告げしてくれる場合もある、らしい。

東京の天然石の専門店の店先で、「ダイヤモンドだって!」と驚いていた親子づれがいましたが、「フォルスネーム」(誤称)です。

私は、叔父からもらったお小遣いで、当時ブームの兆しを見せていた水晶関係の書籍を購入し、読み、著者が通信販売をしていました。その業者さんから、水晶を購入していました。取引は、20年くらいしていたと思います。辛いこと、悲しいこと、頑張りたいとき、そこから水晶を購入していました。

今から思うと、水晶の価値がわからない、不勉強な人間でした。

にもかかわらず、お店の方は、丁寧に応じてくださり、当時は現代金と希望を添えて現金書留郵便で注文するというスタイルでした。大切な人への贈り物にする水晶は、そこから購入していました。

その頃、届いた水晶は美しかったのはもちろんですが、形状が独特で、届いた水晶のすばらしさを、再認識したのは、この数年のことです。

送られてきた水晶には、皆、意味がありました。

時空を越えて、今、私を癒してくれている。そのことが感じられます。

私が天然石でブレスレットなどを作るようになって、10年以上になります。始めたのは、お世話になっている方への贈り物が動機です。それから、手相見の時のサービス。その延長で紹介されて、おかげさまで数が作成できました。多くの石との出会いは依頼主がいらっしゃればこそです。これだけ作っていると、だいたいわかってきたことがあります。

たとえば、「財運アップのブレスレットが欲しいです。予算は〇〇〇円です。色はピンク系がいいな」

財運アップの場合は、方法的には、バリバリ働く?宝くじなど懸賞運を上げる?どちらを希望しますか。バリバリ働くとして、今、バリバリ働けないのは、なぜですか。お給料が安くて、テンションが下がるから?体調がよろしくないからですか?

どうすれば、財運があがると思いますか。今流行の仮想通貨?株?積立貯金しますか?積立貯金を阻むのはどんな要因ですか。 支出を抑えるアプローチが必要ですか。

まずはそこから決めてください。財運、金運アップの石はネットで調べるとたくさん、出てきます。俗にいうタイガーアイはお値段も安くて、持ち主を豊かにしてくれる力があります。「豊かに」するのは金運だけとは限りません。アベンチュリンには、持ち主の持っているものを増やす、という力があります。

「でも、可愛くないよね?ピンクの石のが欲しいの」

ピンク系の石は、恋愛や癒しの力を必要としている方にお役に立つと思います。好きな彼に振り向いてもらえるよう、頑張って働く!という方には力を貸してくれるかもしれません。その延長線に財運アップがあるのです。

ピンクベリルにピンクトパーズ、トルマリン、クンツァイト、サファイア。ピンクの石は多いですが、「財運UP」で「ピンク」で予算が「〇〇円」と3点ある場合は、予算が重要です。

予算と色を天秤にかけることになります。「お金に糸目はつけないよ」というお言葉を依頼主からいただいたのは数回あります。 今まで、予算を聞いて、なんとか、添えるようにしたいと、石を探し回って、時間ばかりかかっていました。

ある時、気がついたのです。依頼主の依頼に応えたくて、何時間も石を探し回っていたけど、それは、「私がなんとかしてあげたい」と思っていたからです。

もう、なんとかしてあげたい、というよりは、その時の「石との出会いがベストタイミングである」と信じます。

そんな私に、占いというか、その延長線でお話ししてから決めたい!よくわからない!という場合は、カウンセリングという大げさなものではないですが、メールなどで直接、ご相談くださいませ。


話をしよう1

このブログを始めてから10年以上経つので、今まで何回か記してきたが、改めて、自分を語ろうと思う。

同じ話を繰り返すようになったのは、多分、年を取ったから。

私は生まれた時から未熟児で、病院のお世話になってきた。

両親も子供時代から体が弱く、親(わたしからの祖父母)の手がかかったと聞いている。初めての手術は、小学校に上がる前で、入学してからは手術の後遺症で、他人ができることができず、苛めにあったりした。

もうちょっと「かわいげ」があったら苛められなかったのかも。

だからと言って、世の中に存在するイジメは是としていない。

考えようによっては、現代に蔓延している「イジメ」よりは、軽く済んだのかも。

両親とも病弱で学校に通うのもやっとだったからか、友人関係は薄かった。

なので、人付き合いに関しては、両親はまったく参考にならなかったというのが正直な話だ。

今、昔の自分に会って話ができたら、膝つきあわせて、説教タイムになるだろうと思う。それくらい(今でもたいしたことはないが)対人スキルが低かった。

高校時代に入って、「お付き合いのマナー」系の書籍を読んで、勉強した。

だからといって、対人スキルが優れているわけではない。やっとスタートラインに近づいたレベルだと思う。

コミュニケーションツールとして始めた手相見も、このころから勉強し始めた。

相変わらず、体は弱かった。とくに歯科医院とは縁が切れない生活だった。

迷いの多かった20代を救ってくれたのは、世にいう「パワーストーンブーム」だった。水晶に関する本を読んで、試してみようと思った。ピアスの穴も開けた。

精神的に無理をしていると、体に来る。次に参ったのは体で、

40歳を目前にした時期に手術が続いた時は、そういう星回りだったと思う。

30年に一度の星回り。ちょうど小学生時代のしんどかった時代と被る。星占いに興味を持ったのもこのころだ。

負の感情も運気も、救ってくれたのは占いだった。

手術が続くと気も弱くなる。スピリチュアルに興味を持ったのはそのためだ。

おかげで、続く手術は、乗り切れた。

人生の流れを変える好機かもしれないと、考えるようになった。

その時にしか出会えない、出会いもあったから。

その流れのままに手相見になっていて、その延長線で天然石であれこれ作っている。

ブログには手相見、とキーワードとして語っているが、実際、数的には天然石関係の点数が多い。

私の人生は、自分探しで終わる。これがテーマだ。

これはもう断言できる。探して探して、結局なにも残らなかった、で終わるかもしれない。

結婚もせず、子供も育てず、お金持ちにもなれなかったが、

しかし、それが自分で選んだ人生(魂で約束していた)なら、それはそれで、良いのだろう。良いと思うしかない。良いんだ!

でも…猫は、7匹、育てましたよ。(これしか自慢できない)


カテゴリー:

LASTの意味は

0655大田吉

0655大田吉

この連休は珍しく、暇というか予定も立てていなかったので

ストラップを作成したり、

古本屋や書店を巡ったりして、密度の濃い連休だったと思う。

そのうち、昔読んだ書籍を見つけて、当時を思い出した。

 

昔、パソコンでメール、なんて夢にも思わなかった学生時代

メールは本当に文通だった頃、

疎遠になった友に、手紙を書いた。

文面の終わりに、

「LAST LETTERです。返事はいりません」 とつづったが

 

友は返事をくれた。

「LASTには続くって意味もある」

文面にはそう書かれていた。

私は「え~!!」と辞書を引いた。

…LASTには続くという意味があった。

友のほうが学力があったので、当然な返信だったと言える。

それからも、頻度は落ちたが文通は続いたと記憶している。

 

終わりは始まりで

始まりは終わりである。

そして、切れたようで、絆や縁は続いているのだ。

 

今はつらいことや悪いことがあっても、それは幸せや良い事へ

続いている。

あのときの切ない思い、辛いこと、納得のいかないことが

あったから、あがいて、もがいて

今の自分の立ち位置があるのだ。

だから、後悔はしてもいい。

それを糧として、前に進む気力を失わない。

さようなら 枝毛

気が付いたら、9月です。

今年ももう残すところ4ヶ月です。早いものだ…。

実を言いますと、私は自分の体の中で自分が好きなところってなかったのです。

 

高校生の頃から、頭に十円ハ○ができ、格闘すること、ン十年。

病院へ通ったり、薬を試したり、シャンプーを高いのにしたり

試してみたけど全然改善されないまま、時は流れていきました。

もともと、剛毛で、髪の毛は太くて堅い、まるでキタロウのケバリのよう。

手で梳くと、指に刺さってきたりするほど。

枝毛もひどくて、2又、3又はあたりまえ。

驚異的な枝分かれぶりの毛で、伸ばすこともままなりません。

 

ハ○は大小さまざま、ストレスを感じると、まるでミステリーサークルのように

頭に出現します。

真夜中に小型の円盤が着陸したような丸い○ゲ。

場所も変わるので「さまよえる○ゲ」と呼んで、ずっと心の中にひっかかかっておりました。

永年による格闘の果て、

このまま、このミステリーサークルと付き合って一生終わるのだろうか、と

思っていました。

ところが、昨年末から、サークルは出現しなくなりました。

「気」の流れが安定したのか、さまよえる○ゲは出現しなくなっていたのです。

ひどかった枝毛もぱったり出現しなくなりました。

 

あんなに懸命に手入れをして、つぎこんだお金もけっこうな額だったのに、

私の髪は今、枝毛もサークルもありません。

人知れず苦しんだのが嘘のようです。

 

人間の「気」と髪の毛の状態は密接に関係していると、聞いたことがあります。

私は、前頭部の髪の毛の成長が人より早くて、担当の美容師さんには

いつも驚かれていました。

「気」のコントロールを心がけるようにしたところ、髪の毛の調子が良くなって

きたような気がします。

今、 自分の体の中で、嫌いなところだった髪は、好きなところになっています。

 

やはり、良い美容師さんと出会い、良いヘアケア製品にであったのもあるけれど

良い環境になったからだと思うのです。

ストレスによる「気」の流れの滞りがなくなったことが一番の原因かもしれません。

それからあと、自分の好きなところは、左手の人差し指の爪。

右手は酷使しているので爪の形はよろしくないのだけど

労働から遠い左手の人差し指の爪は形がいいのです。

 まさか、自分で自分に好きなところができるとは思っていなかったなぁ。

自分の心境の変化に驚きです。

ちょっとずつでも、変化している。

変化するから人間であるとつくづく思う。

今、悩みのある人も、それが永遠に続くものではないと思える。

開運 八角形鏡について

先日、風水で開運アイテムとして有名な八角形鏡を

市内の鏡屋さんへ注文してきました。

八角形鏡は、特別に形を整えていただくのでまとめて注文していました。

 

今まで何度かお世話になっていたのですが、

20センチ×20センチで1枚800円で作っていただいていました。

 

ところが今回、お店の方が、鏡の値段を間違えていたことが判明。

本来ならば、鏡の大きさや厚みから1枚1200円+消費税(留め具代別途)

だったそうなのです。

そうだよね~~。

私も八角形鏡に加工代金込で800円は格安だと思っていたのです。ホントは。

鏡をカットするだけではなくて

カットの断面を、きれいに丸めるというか、手を切らないように

加工する手間がかかるのです。

 

お店の方は、今回に限り、前回と同じ代金でいいと言ってくださった。

もう、ここからして、ラッキーではありませんか。

そうして

八角形鏡、出来上がってまいりました。

お待ちくださっていた方々、もう少しでお手元にお届けできます。

 

さて、この八角形鏡、どこに飾っても良い運気を呼ぶと言われています。

丸い鏡は置く位置を選ぶそうですが。

我が家では玄関に飾っています。

 

興味をもたれた方々、お店の方に許可をいただきましたので

下記にお店の住所と写真を載せておきます。

直接、「八角形鏡を…」とご依頼いただいても大丈夫だそうです。

 

20センチ×20センチで、1枚 1200円、留め具200円+消費税

(1470円) です。

 

これからはこのお値段で引き受けてくださいます。

この値段でも格安だと思います。

興味をもたれた方は、連絡してみてくださいませ!

1枚から加工してくださいます。

開運は、おのれの行動力でつかんでください!

丁寧な仕事でオススメです。

八角形鏡

八角形鏡

 

店名は

中村硝子店

住所は

090-0818

北海道北見市本町5-1-11

電話は0157-24-5288 です。

国道39号線沿いの緑園通りから3号線の間にあるお店です。

波ってある

 やっと、私の住む街にも、夏らしい暑さがやってきました。

暑いの苦手な私。暑いのだけで体力の半分は消耗しています。

 

最近、サーバーのアクセス解析を見ていると、外国からのアクセスが急に

伸びているので、ちょっと気になります。

 あやしげなサイトとして晒されているのでしょうか。

いや、なんだろう。

こっそり身内だけに公開しているつもりなので、

外国から読みに来てくださる方にどういうきっかけで…と尋ねたくなります。

 

 さて、先日、手相見もそろそろやめてもいいかなぁ、なんて思っていたら

うまくタイミングが合い、拝見させていただく機会に恵まれました。

 

 ブレス作りや天然石を扱うのも、そろそろやめてもいいかなぁと

思っていたら、立て続けに依頼をうけたり。

 こういうのって不思議です。

続くときは、波のように来て、引いていくものだなと実感しています。

ご縁というものを感じてしまいます。

 よく運気の波という表現を使いますが、こんな感じなのではないでしょうか。

 

 手相見も天然石関係のワークも、やめてもいいかなと思ったのは

最近のタイミングの合わなさと、忘れかけていたトキメキが戻ってきたからです。

昔の趣味…イラストやモノを書くことに集中してみるのもいいかも、なんてね。

 

 この気持ち、これが”8月のイベント”に予言されていた

「揺れる心」というキーワードだったのか。

ちょびっと期待していたけど

結局、色恋ではなかったわけだ。orz

 

 生まれる前に「私は自分の女性性を海に沈めて来た」らしいから、

今世のテーマに色恋は関係ないのかね。

人とは違う次元を見ているのかもしれません。

 

私に手相見を依頼してみようと思っても

なかなかタイミングが合わないという方へ。

それは、やはり思し召しとしか、言いようがありません。

必然なのです。

 私は、人の運命を読みきれるわけではなくて

あなたの手相に表れた内面を読んで、タイミングをお知らせすることしかできません。

 

今、つらいこと悲しいことに直面している方へ

嘘でも作り笑いでもいい。笑ってみましょう。

まず笑って運気の波を切り替える。

 

それから、他人に少しだけ優しくなってみませんか。

 自分に厳しい人は他人にも厳しい場合が多いのです。

誠実な人だと思います。

でも、自分のためにちょっとだけ誰かに優しくすることも、開運につながります。

 

それは、ちょっとした募金だったり

それは、誰かが置き去りにした買い物カゴを片付けたり

それは、レジの順番をチョッと譲ったり

ちいさなコトでいいのです。

 

 意識して積み重ねたちいさな優しさが、きっとあなたに巡ってくると思うから。

ささいなコトで腹を立てると

怒りの波動はすぐに伝染します。

感情の中で一番 強力なのです。

 

怒りのエネルギーは、ここぞというときに必要なので。

なんでもかんでも腹を立てているのはエネルギーの無駄遣いだと

思うのですが。


 

楽しいことを選んでいけば

 いつも、更新がイマイチなのですが、マメにサイトを訪問してくださる皆様

ありがとうございます。

 

半分以上は外国サーバー経由で

私には今まで外国には縁のない生活でしたが、

このブログのアクセスログのおかげで

アメリカの都市名をたくさん知ることができました。

感謝です。

 でも、すでにこのブログタイトルは、意味なしかもしれません。

手相見度5パーセントです。

 

 最近、手相見が少なくなった、タイミングが合わないのも

なにかの「働き」があるのかもしれません。

 先日、見た夢で

 

私は靴を片方脱いでいました。

私の夢では、靴=仕事です。

 片方脱げてはるか後方にあり、

しかたないなと思った私は、持っているかばんの中の靴を

履いて歩きます。

 

これは、昔の靴=昔の仕事を選択する暗示

と解釈できます。

 

開運に日々アンテナを立てている私。

言われたとおり念じていたら

来月も新しいバイトをいただけそうです。

 

この春

 「仕事は向こうからやってくる。仕事のことは心配するな」

とリーディングされていました。

 このご時世に、そんなことあるのか、と思っていたら

経済的ピンチ!を感じるたびに、単発ながらバイトをいただくことが

できました。

  神様、背後霊様 ありがとう!!

 

 しかし、霊感手相見(本当か?)の私にとって、今年は運命の分かれ道。

今年の選択が、のちのちの運気というか、末路を決めるのだとも言われていました。

末路、そう末路です。老後が決まってしまうわけですよ!!

あれ、もう7月も終わりじゃん!!

このままでは私の末路は…orz.

 

 今年、自分が心から好きなことをしなさい、とアドバイスされていたのですが

 すでに枯れセンだったので、就寝が唯一の楽しみだったり。

 眠っている間の夢が楽しみだったりするわけです。

なぜかというと、けっこう面白い夢を見たりするので…。

 夢占いも守備範囲に…。

 

さて

なにがしたいの、と問われれば

 好きなこと・・・・。文章か?

 好きなこと・・・・落書き。

 パソコンは、もう生活の一部だしな。

 

 これからは、楽しいことを選んでいけば

運気は開けるそうです。そういうのが宇宙の法則になっていると

言われました。

 

仕事とは、基本つらいもの。お給料は我慢料です。

我慢する中にも、楽しいことを選んでいけば、いつの間にか楽しい

仕事になっていると言います。

例えば 書類番号の並び替えにも、自分なりの発見があると楽しくなりますしね。 

仕事をしていくには

塩辛い仕事も、神様の思し召しかも。

見えない働きが、きっとあるのです。

 

先日、相談を受けた内容は

仕事のミスが原因で、上司につらく当たられるというものでしたが

上司は大人気ないやつだと割り切って

自分につらく当たる上司の四コマを書いたりしてもいいんじゃないかな。

書き表すだけですっとするかも。

頭の中で、頭の中のイメージで、ですが、箒で殴るというのもアリです。

 これは、精神科医が、患者さんに理不尽なことをされたとき

相手は患者だからやり返せない。ストレスがたまる。

そんなときに試していた方法だそうです。

 

誰とでも仲良くなんてできません。

こんなものだと

割り切って過ごすこともアリです。

 

私も大昔、直属の上司とはソリが合わなくて

自分を責めていたときがありましたが、ある日、ソリの合わない上司の言葉を

面白おかしく友人に伝えることにしました。

すると、イヤだと思っていた上司の一言一句が

面白いネタです。

 友人に「煉ちゃんの上司、楽しいね」といわれましたが

職場の同僚に「煉さんが話すから面白いんだよ」と言っていただけました。

 

今なら、当時の上司に「私も若かったので、ごめんなさい」と言いたいところですが

お互いさまということで。



 

足ると知る

自分が今のままで完璧だと思ってしまえば

これをしたい、あれも欲しいという欲も希望もあってこそ

人が人である所以かもしれないが

 いまのままで充分です、と思ってしまうと

肩の力も抜けて、不足感もなく、そこには「満ちた自分」がいる。

 

 たとえば、愛する夫がいて、子供が居て、住むところがあって

それでもう充分だろう、と思える人が

 全然、自分の現状に満足していなかったりする。

 

昔、手相を拝見した女性が、どこから見ても幸せだろうという

先に記した状況であった。

 子育ての一番大事なときに、気が自分のほうに向いていた。

 

子供が子供でいる時期は想像以上に短い。

 

子供を持たない私がいうのは、なんではあるが、

持たない(持てない)からこそ

 子供が小さいうちは、子育てにどっぷり、浸って欲しい。

 

私の場合、母はずっと外で働くのに追われていたし

夫婦仲もよろしくなかったので、精神的には

いつも不安定で、病弱な少年時代だった。

 

 意識的、無意識的に病弱でいることが

両親の注意を引き寄せ、学校でのいじめから自分を守っていたのだと

思う。

 

自分の経験から言わせてもらえば、

母親になったからは、授かった子供という宝を

育てることに浸って欲しい。

 ソレは束縛ではなくて、特権である。

 

いずれ 子供に手がかからなくなったとき

それまでの母親としての経験が、次の可能性の扉を開くきっかけになると思う。

 

今は、同世代の人に比べて、自分がちょっと遅れているとか、

なんとかしたい、とか 思うよりも、母親業に専念して欲しい。

 

また、夫婦だけの家庭なら、この広い世界で、夫婦の縁を結んだので

二人だけの家庭を、楽しんで欲しいと思うのだ。

 

自分にないものを欲しがるより

自分にあるものに満足していると

その豊かな気持ちが、また別の豊かさを引き寄せるのだ。

 

億万長者であっても、資産が減ることにキュウキュウとしている人もあれば

一文無しでも、道端の花を愛でる余裕のある人もいる。

豊かさとは、財産ではなくて

心の満足さである。

 全て自分が持っていると思えば

真に必要なものは、自分の中にあると知るだろう。

 

 

 誰でも、そのままで完璧である。

なんの不足もない。

 


 

リーディング体験

それは2月の末のこと。

アメリカで活動されている、日本人ヒーラーの方のホームページに出会い、メールをしました。

とても丁寧な返信をいただいて、リーディングも無料(寄付)でしてくださるというので

お願いしてみることに。(現在は期間終了しています)

リーディング内容は、テープに吹き込まれて、エアメイルで昨日、届きました。

丁寧な手紙と一緒に、無料だから短いのかな?と思っていたテープ内容は

それはそれは詳細で、心打たれる内容だった。

私も、いつか、このヒーラーの方のように、周りに愛の手を

差し延べられるようになりたいものです。

 

以前、魂のリーディングをして下さった方と一致する内容だったのには

驚きでした。

 

生きているだけで感謝。

太陽の光が見られたら感謝。

感謝の気持ちの波動を自分の中から、広げていこう。

 

春だから…

春だからでしょうか、今日は朝からずっと眠たい気分でした。

元気な(騒がしい?)私が一日、黙々と仕事をしていたから
同僚が「元気がないかも」と栄養ドリンクをくださいました。

再開して間もないこのブログの形式を、使い勝手の良い、ブログソフトを見つけたので
4月までには操作をおぼえて、「石組み屋 煉の仕事日記」にもリンクを貼る予定です。
そこに今までブレスレット作成で得た話をつづっていきます。

そう、手相見は「見てほしいけど、怖い…」といわれ、最近は見ていません。

当たると怖い…。ある意味、お褒めの言葉ですね。

 一度、見料をお支払いしてくださった方がいらっしゃる以上は
ありがたみを忘れないようにしています。

今でもたまに「軽く」とか「さらっと」見て欲しいと、友人や知人に言われることが
ありますが、お断りしています。

お金は、エネルギーの一種です。
エネルギーをいただく以上は、こちらも真剣です。

大切なエネルギーをいただくうえでの、わたしなりの誠意です。

手相は、軽くは見られません。

今日もブレスレットを依頼されました。
 

石の注文は、まとめてしますが、今回はグリーンフローライトとアメジスト

プレナイトなど、春先に似合うパステルカラーの色を注文しました。

「春」「パステルカラー」という言葉が気になったら

お問い合わせください。

石が届いたらまた写真を載せますね。

メールは

bluetopaz★kurenoren.net (★=@に変更してください)まで。