PC Shop N 探訪記

暦の上では立冬。

冬に入って、私の住む市にもうっすらと雪が積もりました。最近ブログの更新は滞りがちで、生きているのか、死んでいるのか、意味不明ながら、多くの方にお立ち寄りいただき、感謝申し上げます。

手相見と雑感と、天然石のあれこれがごった煮のように散見するブログを、立ち寄ってくださるのは本当にありがたいことです。

一番人気の記事は、「体調を崩すとき」と「運気の変わり目」なのは、皆さん、悩む時期に共通の思うところがあるということですね。

私は今、メインで使っているパソコンがときどき気絶したように沈黙「応答なし」になるので、買い替える時期がきたのだと覚悟していました。

しかしながら、今年は引っ越しに始まり、なにかと出費が続いているので、そこは、できることなら何とかしたい。

このさい、中古品でもよいものがあれば、と思案していました。

ネットの情報閲覧はiPhoneとiPadでこと足りていましたが、ブログの文字入力となると、やはり、パソコンが使いやすい。そこで、先日、「ポケモンGo!」の途中で見つけた、パソコンショップに足を運んで参りました。

パソコンショップ ノース

転居先から歩いて1キロほどにある、一見、何のお店なのか、外からはすぐにわからない。知る人ぞ知るというお店です。

地図では「エルドール」と記されているお店は現在「あんこちゃん」というお店になっています。茂藤スポーツの隣、と言ったほうがイメージしやすいかもしれません。

木曜日定休ですが、店長はあちこち出張している場合もあるので、ホームページやFacebookでスケジュールを確認してからお出かけください。

思えば、パソコンには縁のなかった私が、パソコンに触れてみよう、と思ったきっかけは、iMacの発売でした。堅苦しいイメージしかなかったパソコンに、カラフルでキュートな、触ってみたい!と思わせてくれたiMac。

当時、人気がありすぎて、私の市ではなかなか手に入りにくかったiMacを手配してくれたのは、今は無き「エレクトロジョン」というパソコンショップでした。

ずいぶんとお世話になったものです。ご主人が亡くなられ、お店も取り壊されて、これからのパソコンの修理をどうしたものか、と思案していたところでした。

今、使っているパソコンはかれこれ10年くらい使っていて(汗)、なんとかなればいいかぁ?という気楽な思いで持ち込みました。

店内には、とても中古品、ブラッシュアップ品(?というのか?)とは思えないハイスペックのパソコンが並んでいました。店長さんも親切で、親身になって相談に乗ってくれました。

そこに並んでいるブラッシュアップ商品を購入したほうが、きっと安くてコスパも良かったと思います。 しかしながら、今のパソコンを愛している私としては、なんとか、この時代遅れのこのパソコンを、使いたい!と拝み倒してリフレッシュ?してもらいました。実際、ディスプレイも古いんだけど。

HDDをSSDに換装してもらい(起動は早くなった)、店長が持ち帰り際に呟いた「CPUが交換できれば…」という言葉が心に響いて数日後、再びショップへ、デスクトップを抱えて行きました。重たくて辛かったが、人間、希望があれば、なんとかなるもんですな。

古すぎるCPU(セレロン)をインテルのデュアルコアの中古品にセットしてもらい、Windows7proを10proに入れ替えてもらいました。実際、店長さんは人気(?)で忙しかったところを、なんとか、なんとか、とお願いしたわけです。文章にすると最悪ですね。押せば何とかなる、と思える自分に年齢を感じました。すみません。

写真は、取り外したCPU。頑張って私のブログを支えてくれた頭脳です。

最近は生活に追われて、パソコンショップをじっくり見たことなかったなぁ。

大きなディスプレイも2万円弱で買えたりするし、メモリも安くなってたワ。私がパソコンを触りだして20年弱だけど、昔はメモリが高くて、iMacのメモリ500MBを買うのも結構なお値段しましたよ。1万6800円ぐらい。

語りだすと長くなってしまうので、やめておく。

店長さんのお人柄か、お客さんがひっきりなしに来られて、お忙しそうでした。頼み込んで、長居させてもらって店内をウロウロ。

ゲームなどをするヘビーユーザーでなければ、愛用しているパソコンを少し早くしたい、と思ったら、お勧めします。今回のパソコンが壊れたら、次はここで、ノートパソコンを買おうと思います。

やはり地元で修理やカスタマイズしてもらうのが一番ですからね。今回はとても勉強になりました。

マザーボードの規格の関係で、メモリは増設できませんでしたが、CPUを交換してもらったおかげで、ストレスから解放されました。

先日、作った名札用チャームが頻繁にワイヤーが切れてしまうので、1か月ぶりに戻ったチャームを別の手法で組みなおしました。ワイヤーニットです。

細い金色のワイヤーで編み込んでみました。

結論、今月は、少しは記事をアップできるかも、しれません。

 

 

浄化函

毎年、ドメイン(kurenoren.net)の更新をするか、悩ましい秋。  サーバーの更新は春で、ドメインとは半年ずれているので、ブログをやめようかな=手相見もやめどきか? と考えるタイミングは半年ごとにくる。

生業にしているわけではないから、やめるタイミングを考える時期がくるってことだ。

不思議なことに、考え始めると、依頼が増える。

考え始めると、新規客が増える。

そんな繰り返していつのまにやら、こんなとこまで来たようだ。

天然石関係も生業ではないので、ときめく石に出会えなければ、いつやめても良い。

つらつらそんなことを考えていたけども、結局 今年もドメインは更新した。

我が家には天然石用の浄化函が3つある。護符と水晶、マジカルオイルなどをしまっている一番古い箱が、壊れた。新しいのを購入するべきか。

現在、探している。

さて、ここからは信じてもらわなくても良いが、寝ているとき、強いエネルギー(のようなもの)が空中から落ちてきて、眼が覚めた。寝ぼけていたのかもしれないが、落ちるというのではなくて、落ちてきて、びっくりして眼が覚めた。

不思議な感覚だった。

先日、名札用のチャームを作成したが、作成するたびに不思議なワイヤーの切れ方をしたので、3回目の作り直しの写真を載せておく。

輪のチャーム

ネックレス用のワイヤーを使用して作成したチャームが、デザイン上使う石が違うのに、同じ位置で切れるというのはエネルギーの関係かもしれないと思ったりする。

基本は左右対称で作成するブレスレットやチャームも「気」の入り出を考えて、あえて左右非対称にすることがある。これもそのひとつ。

今、日本列島をとりまくエネルギーも変化していると思う。

 

#463-465

もう2019年も残すところあと3ヶ月を切りました。秋ですね。

秋と言えば、サファイアのブレスレット。

数年前に依頼主に頼まれてサファイアのブレスレットを作るとき、購入していた石が眠っていたので、3つ、作りました。

No.463

写真で美しく色が出ていませんが(汗)ブルーサファイアとカラーサファイア、水晶4ミリ玉。

No.464

No.464

シンプルにブルーサファイアの5ミリと4ミリのカット水晶。六芒星を形成して魔法陣。光の柱が立って見えますよ。

No.465

これは、ブルーサファイアと、ガーネットを合わせました。

宝石、ではなくて天然石ですが、とても青が美しいのです。

残念なことに私のスマホ写真では色がきちんと出ませんでした。

サファイアは賢者の石、秋に左手にサファイアのブレスを身につけると、金運があがるそうです。

昔、自分用に作ったサファイアのブレスレットは、あっという間に消え失せ(大汗)。サファイアの丸玉の穴はすごく細く、ワイヤーを使うのが一番なのですが、ビーズリーマーで穴を広げ、ゴムで組んでみました。

3年ほど前に作ったサファイアのブレスレットも同じゴムで作りましたが、その方のブレスはゴムを交換することなく、大切に身につけてくださっていました。

ブレスレットを作るとき、ゴムを結ぶときが一番、緊張します。今はゴムの結び目は、レジン液をUVライトで固めて接着しています。

ゴムの結び目が、きちんと石の穴に収まるかが、大事なところで、肝心なときに通らない、組みが解ける場合は、デザインを変えてみると、すんなり完成したりするのを考えると、見えない力が働いているのかも、なんて思ったりします。

No.463は一発OKでしたが他の2点は、当初の組み方では、ゴムが治まらず、試行錯誤し、サファイアの石の数を加えたり、他の石を加えると、完成に至りました。3本作りましたが、気分的には10本くらい作った気がしました。

残ったサファイアではワイヤーのブレスレットを作ろうと思います。

#462

まるまる新作と言うわけではないのですが、半分ほど石を加えたので、別もの。別のエネルギーを感じます。

主役は、ピンクサファイア。安定を示す、ガーネット。ペリドット、レインボームーンストーンと水晶でバランスをとっています。

名札用のチャームも作りました。

左が、ピンクトパーズがメインで、ガーネットにルチル、ターコイズです。右がディープローズクォーツがメインで、アクアマリン、ラピスラズリ、ターコイズにカーネリアンです。

大きさは百円玉を目安にしてください。

どちらのチャームの石にも対人関係を中心の癒し、防護、そして魔よけの意味を合わせています。

#461

以前作った、ガーネットのブレスレットが、エネルギー切れのようだったので、現在の持ち主のイメージに合わせて、一部の石を残して組みなおしました。

組みなおし、というよりは新作。

テーマは変わりません。

ガーネット、スモーキークォーツの組み合わせは、身につける人の運気の器を大きくする組み合わせです。

それにエネルギーの活性化にルチルクォーツを加えて、ピンクカルセドニーでヒーリングのアクセントにしました。

ポイントに8ミリ、他は6ミリ珠です。

アメトリンのネックレス

以前、作成したブレスレットを、チェインメイルでつなげて、ネックレスに仕上げました。

アメトリンは、産出される鉱山が限られている石です。黄水晶(シトリン)と紫水晶(アメシスト)がひとつの結晶に存在しているため、市場に出回りはじめた頃は、人工石?という噂が流れました。

アメトリンは、二つの石の力が宿る天然石です。

カット水晶6ミリも使用しました。

チェインメイルは、丸カンをつなげた技法で、日本では「鎖帷子(くさりかたびら)」とも言われます。

丸カンも自作しました。丸カンは、アーティスティックワイヤーをアルミ棒に巻きつけて、ニッパで切り離す、という作業をします。

 

 

名札用チャーム

仕事でがんばる人の護符として、名札用に作りました。

ガーネットを、赤、緑を対にしています。努力が報われる石、風水では金運をサポートする色が、赤と緑です。

運気の底上げも、外せない。プレナイトも3つ使用しています。

#460

数年前に、フローライトを多く構成して作成したブレスレットがあり、

No.393

フローライトがくすんでしまったというので、主役の石、タイチンルチルとペリドットを残して、組み替えました。

フローライトには才能を開花させるという意味もありましたが、今回は、ブルームーンクォーツとアベンチュリン、クリアクォーツを組み合わせています。

アベンチュリンには、「持っているものを増やす」という意味があります。ルチルとペリドットで対。アベンチュリンは2つで安定。光をもって、癒して導くという意味もあります。

私自身、作っているときの流れを見ると、黒系の石が多かったり、水晶系が多かったり、ベリル系がメインだったり、「マイブーム」というのがあると思っています。このところはメテオライト(隕石)系が多いです。

地球(大地)の力も、宇宙の力も、借りれるものは、借りちゃう、そんな開き直りもあるのかもしれません。

#459

No.459は、6ミリから8ミリの珠を用いた、一見、華奢な印象のブレスレットです。

華奢な印象ではありますが、石の品質には、こだわりました。

中央にはマダガスカル産のディープローズクォーツ、

はさんで、ラピスラズリ、スターカット水晶、モザンビーク産のガーネットに、オレンジ色のカーネリアンを合わせています。

色味が薄くてわかりづらいですが、非加熱の天然アクアマリンも「気」の入り口として配置しています。

丸珠の水晶も、ガーデニング水晶、虹入りの部分もあります。

#457-458

No.457とNo.458は、リブート品です。

モリオンのブレス、ブラックルチル(黒針水晶)とモリオン(黒水晶)のブレスにそれぞれ、メテオライト(隕石)を加えています。 有名な隕石系のパワーストーンにはギベオンがありますが、今回はムオニナルスタ隕石を使用しました。どちらも採掘された地名を冠しています。

パワーストーンとして用いられる隕石の大部分は鉄からできているので、錆びます。そこにメッキ加工して錆を防ぎます。加工の過程で浮かび上がる、ウィドマンシュテッテン模様が、隕石の証とされ、各々、カラーも施されています。

地球の内部が育んだ天然石と、遠い宇宙から飛来した隕石の組み合わせ。その石の経てきた時空を想いを馳せるとき、人間の悩みも苦しみも少し小さく感じられ、楽になれるのかもしれません。

加えてみると、ブレスレットの印象がハッとするほど変わった気がします。

エネルギーの調和です。