ワイヤーワークディスプレイ

とあるご縁を得て、作品をディスプレイする台をワイヤーワークでを作っていただいた。
まずは、私のイメージ画を元に作っていただいたのが、これ。
ワイヤーワーク02
イメージは樹と言うよりは、蔓、草のような感じ。
私の雑なイラストを元に、美しく仕上げていただいた。
 wirestand
材料代のみで作っていただいたのだが、ご厚意で、二つ目も作ってくださった。
これは花のようなのイメージでとても味わい深い。アールヌーヴォーの雰囲気を感じる。
ブレスレットをディスプレイしてみた。
もともとはサンキャッチャーを吊るすイメージでお願いしたのだが、サンキャッチャーは次の機会に吊るすことに。
ワイヤーに銀の塗料を使用して着色し、溶接されて作られているので、とても頑丈な感じ。
繊細だけれど、ぬくもりがあり、飾っておくだけで創作意欲を刺激される感じがする。
作ってくださった方とはお会いしたこともなく、名前も存じ上げないが、
心から御礼申しあげます。
ありがとうございます。

ワイヤーニット 表編み

アーティスティックワイヤーで表編みの練習作です。

使用したのは、ペリドットの細石、淡水パール、ブルームーンストーンやガーネットのカット石を使用してます。

ワイヤーで表編みをするときは、とじ針で目印コードを通しながら編み、コードを抜いては編んでいきます。

今回は練習用で20センチくらい編みましたが、ちょっと長めにすると、2センチ幅のブレスレットやネックレスも作れると思います。