令和の始まり

新しい、令和の時代の始まりです。

音の響きが美しい「令和」。その言葉を聴くたびに私の頭には「0○(れいわ)」なんてイメージが浮かんでしまいます。

おめでたい日の明け方に見た夢は、料理をしている夢でした。大量に、おにぎりを作って、簡単なおかずを作って、ご自由にどうぞ、大勢集まるところに置いている、そんな夢でした。

私は人に売っているものは、手相見と天然石のようで、手相見や天然石だけではない。その後ろに紐づいている「運」も売っていると思っています。

でも、どうなんでしょう。実際、売って生業にしているわけではないので、「おにぎりを作って置いている」夢に現れたのかもしれません。

そんなことを、思ったので備忘録に記しておきました。

見えた?

写真は、メテオライト(隕石)のパーツです。

先日の水道メーターの検針で、「見誤り」があったことから、週に一度は水道メーターを自分で確認しています。細かいヤツです。

水道は、普段、使いたいだけ使っているけど、考えてみれば、そんなに量は使わないし、使い勝手が便利なことを考えれば、お安いのじゃないかと思っています。

自分で汲みにいかずとも、蛇口をひねれば、きれいな水が出て、量を制限されずに使えるって、幸せなことですよね。

亡くなった祖母がこの世で水が一番、安くて尊い。と話していたことを思い出しました。

もうすぐ平成が終わって令和の時代を迎えようとしています。

4月も終わりに近いというのに、私の住んでいる街では雪が積もりました。朝起きたら、雪国に逆戻りでした。

それでも、あちこちに積まれていた雪山がなくなって、我が家のリビングの窓から外を見たら、見えたんですよ。

祠?というかお堂というのか、小さなお社が近所にあるのです。存在を知ったのは、「ポケモンGo」で、ポケストップになっていたからなのです。ポケGOをしていて、今まで存在すら知らなかったお社を2つほど、発見しました。そのひとつでは、近所の倉庫の狭間に存在して、「こんなところに?」という意外性。

前を通ったら、祝詞も聞こえてきた。録音テープかもしれないが。一見したところ、井戸を祀っているようにも見えました。

今の住居に越してきたのは1月半ばで雪山で見えなかったのですが、つい先日、8階にあるリビングから見ると、お社、お堂の背面が、見えます。ちょっと驚いて、手を合わせましたよ。ありがたいことですから。

その社の延長線上にわが住居が存在しているのです。

越してきてから、寝室で、母が「丸い玉を見る」、「人の気配がする」と言うのです。

私は光の影(玉)を旅先の旅館で見たことがあります。

母は黒い玉だったというのです。黒い玉が動いて、部屋のカーテンの裏に入っていった、とか。

単純に夢を見たのではないかと思ったのですが、母の家系は霊感系ですので、この世とあの世の境目を見ることは、今までもありました。

母の部屋は社の延長線上にかかるようですから、なにかの通り道になっているかもしれません。

肩を押された、とも話しますが、怖い存在ではないようです。

ワタクシ的には母の認知症を疑っていて、注意深く観察しているのですが…。そちらのほうが怖い気もします。

昨年、引越しを決めてから、4月で半年、色々ありすぎて、なかなか落ち着きませんでしたが、大型連休で遊びに行かず、(行けず?)落ち着いて、たまっている天然石関係をアレやコレを片付け、手相見のデータを整理したいと思います。

それにしても10連休は長い!

お直しや、相談があれば、この連休中にご連絡ください。

まとめて石の発注など、相談や、その他諸々の返信をしたいと思います。

よろしくお願いします。

 

確認してますか

リンク

大仰な表題ですが、最近の近況をば、お話します。

備忘録内でも記していますが、ワタクシ、転居しました。

子供の頃から住み慣れた町、平屋戸建て借家住まいから、中層集合住宅、自分史上最高階層へ。

住む前に想像していたより、ずっと快適です。

新築物件で、中心街に近い。

戸建ては、冬に除雪の心配、築年数も経っていたので、強風に怯えていましたし、借家住まいながら灯油ボイラーなども故障した場合は、自費負担だったので、悩ましいところでした。

今はなにより、ビッタリという接近しているわけではない、ほどほどの空間に人が存在している安心感というのを感じています。

夜でも廊下も外観も明るいしね。

タイミングが合うということを体感したのが、今回の転居です。もう最後は「修羅場」「死に物狂い」へとへとでしたが、なんとかなりました。

話は変わりますが、小心者の私が他人様にちょこっとばかし自慢できるのが、表計算技士2級、Excel1級のPC資格なんですね。なんにもぱっとしないワタクシですが、1級というのはコレしかもっておりませんです。

せっかく取得した級ですから、表計算ソフトで毎月の光熱費をグラフ化するのが、楽しみだったんですよ。

転居して、すぐに水道メーター測定があって、それはまあまあ、妥当な数値だったんです。住んでいる街は水道メーター検診が2ヶ月に一度あるのですが、今月、検針票にいつもの使用量の3倍近い数値が入っていたんですね。びっくりしました。

転居と同時に、洗濯機も買い換えました。でも洗濯回数は変わりません。ちょっと、あの洗濯機、インバーターで節水型という話だったじゃないのさ?

それとも、浴槽がユニットバスの横長型になったから?でも半身浴で、そんなに湯水使ってないけど?

まさか、漏水か?新築の集合住宅なら、もしかして世間をにぎわしている施工ミスもありか? とかもう頭の中グルグルです。

しかし、計測メーターが玄関横の扉(パイプスペース)に格納されていることを思い出し、確認しに行ったところ、検針票に入力されていた数値とは似ても似つかぬ数値を示していたんですよ。

おりしも土曜日だったので、土日は市関係部署はお休み。月曜日朝に速攻、連絡しました。「担当部署 担当者」は調べてお電話しますね~と言ってくれたものの、終日放置され、終業時間間際の夕方に、再度電話したところ、「鋭意、精査中」との返事。もしかして忘れられていたような、雰囲気です。

翌日、別の担当者から「見間違いでした」との電話が。ワタクシ「見間違い?似た数字でもないし、はっきりわかる数字を見間違う?入力ミスではなくて見間違いですか、はぁそうですか」。

翌日、修正された検針票がポストに一枚入れられておりました。検針担当者は違っていました。結果水道使用量は、当初の数字の約3分の1に。

そうですよ、皆さん、水道メーターは目視で人間が検針しているのです。当たり前のことですが、ヒューマンエラーの可能性はゼロではないのです。改めて気がつきました。

今回はたまたま、いつもより数倍の数値で、毎月グラフにして、自分の月間使用量をだいたい把握していたので、引き落とし前に気がつきました。

後は、引き落とし日に、きちんと訂正金額で引き落とされているかを確認して、ミッションクリアです。

検針票と水道メーター、見比べてみることは必要だと再認識しました。いつもより、多いんじゃね?と気になったら、ぜひとも、確認することをお勧めします。

見間違いのほかに、漏水っていう場合もあります。以前、住んでいた借家の大家さん宅でも、庭の水道管が漏水していたことがありましたから。

電気は、スマートメーターというマイコンで把握するヤツらしいですが、これもグラフ化しています。

電気代は、照明器具をLEDに換え、電力会社をガス会社にまとめたところ、お安くなりました。これもメーターチェックは欠かせない。

引越しで結構出費はかさみましたが、光熱費は、戸建て平屋に居たときよりも、4割くらいお安くなりました。日当たりが良いのと、集合住宅で暖かいからだと思います。

ただ戸建てより、手間がかかる部分もあります。天井の換気フィルターの掃除は、本日、決行しました。決行。覚悟がいるんですよ。このために脚立を購入。なかなか面倒でフィルター器具を外して、掃除機かけて、戻す作業が大変だったし。年配の方で女性の方の世帯だと大変じゃないかな。

そして、ユニットバスの浴槽のエプロン部分を外してカビ予防の掃除もしました。

掃除の鉄則、それは、「汚れがひどくなる前にする」を心がけています。

あと、自動車を持っていないワタクシは週末には食料品を買出しに行くので、ちょっと気ぜわしい。

でも、小腹がすいたら、たい焼き屋さんが近くにあるので足を伸ばしやすい。

ポケモンのスポットやジムが近くにあるので、これも嬉しい。

なによりも、中層ならではの朝晩の眺望が、好きです。

最近は、youtubeで、「斉藤一人」さんのチャンネルを見つけたので聞いています。タイトルのつけ方がうまいというか、お金持ちの考え方を知るのには、聞いておいてもいいんじゃないかなと思います。

斉藤一人さんのお話は勉強になると思うのですが、周辺に居る人たちの反応が、信者風になっているような気がするのは、気のせいですかね。かくゆう私も書籍を読むことがあるのですが。

やはり、ワタクシは水晶教 かもしれません。

 

 

#459

No.459は、6ミリから8ミリの珠を用いた、一見、華奢な印象のブレスレットです。

華奢な印象ではありますが、石の品質には、こだわりました。

中央にはマダガスカル産のディープローズクォーツ、

はさんで、ラピスラズリ、スターカット水晶、モザンビーク産のガーネットに、オレンジ色のカーネリアンを合わせています。

色味が薄くてわかりづらいですが、非加熱の天然アクアマリンも「気」の入り口として配置しています。

丸珠の水晶も、ガーデニング水晶、虹入りの部分もあります。

#457-458

No.457とNo.458は、リブート品です。

モリオンのブレス、ブラックルチル(黒針水晶)とモリオン(黒水晶)のブレスにそれぞれ、メテオライト(隕石)を加えています。 有名な隕石系のパワーストーンにはギベオンがありますが、今回はムオニナルスタ隕石を使用しました。どちらも採掘された地名を冠しています。

パワーストーンとして用いられる隕石の大部分は鉄からできているので、錆びます。そこにメッキ加工して錆を防ぎます。加工の過程で浮かび上がる、ウィドマンシュテッテン模様が、隕石の証とされ、各々、カラーも施されています。

地球の内部が育んだ天然石と、遠い宇宙から飛来した隕石の組み合わせ。その石の経てきた時空を想いを馳せるとき、人間の悩みも苦しみも少し小さく感じられ、楽になれるのかもしれません。

加えてみると、ブレスレットの印象がハッとするほど変わった気がします。

エネルギーの調和です。

#456

No.456はモザンビーク産のガーネットと水晶、ゴールデンシトリンの組み合わせ。6ミリ珠で繊細なイメージでまとめています。

ガーネットのアクセントに、ゴールデンルチルを加えています。

誕生石(月)と誕生日石の組み合わせです。

#455

No.455はマダガスカル産のディープローズクォーツの深いピンクが主役です。

ゴールデンシトリンが、ピンクのアクセントになっています。

ゴールデンシトリンに対の位置には、ディープローズクォーツの深みに対して淡い、宝石質のモルガナイト(ピンクベリル)のボタンカットを配置しました。

re-boot

reboot とは、コンピューターの再起動を意味するのだが。

正確には、リフォーム、リメイクと言うのだろうが、あえて、reboot という言葉で語りたい。

私は、他人様が石と出会うための 石の通り道、運の読み手であるから、縁のある石は、ワイヤーが切れた、もうブレスレットとしては使わない、など様々な理由で、用途変更になったとき、手元に戻ってくる。

石の命は、人間のそれと比べてはるかに長い。割れたりして、姿を変えても、浜辺の砂の粒に石英が存在するように。アクセサリーとしての石にとっては「第2の人生(石生か)」すなわち再起動することだ。

お預かりしたブレスレットは、ゴムを外して、可能なものは、水にさらして洗浄し、「浄化函」で休んでエネルギーをチャージする。「お告げ(直感ともいう)が降りてきたら」組みなおすという流れ。

現在、お預かりしている素材が複数あり、お待ちいただいているため、浄化函も手狭になってしまい、ネットで気に入った箱を購入しました。

今までの浄化函は、護符などが増えて、手狭になったため、それよりは大きい。

パイン材でできた、小箱。箱に書かれている文字、「卵」「パウダー」に惹かれた。現在、護符やハーブ、マジカルオイルで浄化中。

今回、再起動した品は2点。

チャームをつなげて、キーホルダー。大玉で迫力あります。

もう1点は、ブレスレットを身につけなくなったというので、ワイヤーでネックレスに。

ネックレスにするのは、もう一点ありますが、それは後日。

まだまだリブートreboot の品、控えています。

#454

No.454

災厄から身を守る、ガードする為に、用いられるのは黒水晶やオニキス、ブラックトルマリンなど黒系の石が多いのですが

黒系の石は、ガードが強く、エネルギーを吸収しやすいためです。一定量の負のエネルギーを吸収すると、曇ったりするようです。

黒系列の石は曇るというか照りが無くなるとか、割れるとか。

No.454

今まで身につけていた黒系の石のブレスレットに変わって作ったのが、虹入り水晶とゴールデンヒーラーの組み合わせです。

今までとは違う展開、光で災厄、負のエネルギーをはじく、意味もあります。癒しの力でエネルギーを得るためのブレスレットです。

 

#453

No.453

No.453

ガーネットとスモーキークォーツのシンプルな組み合わせ。これは、身につける人の運気の器を大きくするための石の組み合わせです。

グリーンガーネットを加えて、左上の緑の石には、グリーンターコイズを加えています。