#324

No.324

No.324

マダガスカル産のゴールドルチルクォーツ8.5ミリ珠をメインモチーフにして、レモンクォーツをポイントにしてみました。
金運がご希望というお話でしたが、一攫千金よりも、体内エネルギーの活性化につながっての金運とレモンクォーツも金運に関係のある石ですから、良い組み合わせだと思っています。元気があれば、それは財産であるということにもつながります。
マダガスカル産のゴールドルチルクォーツの針は繊細で柔らかな印象を与えるのが特徴です。

#322

No.322

No.322

 タイトルをつけるとするなら、「月と太陽」という、なんのひねりないネーミングになります。
奥のポイントがアメトリンのタンブルです。
 紫水晶と黄水晶がひとつの結晶になっている石。
紫水晶 アメシストは太陽の光を浴び続けると褪色(色あせる)ので夜の石と言えるかも知れません。
月のように表面裏面があり、地球のように夜と昼がある印象です。
手前の石はゴールドシトリン12ミリ珠。シトリンはペールイエローからこのゴールドシトリンのように色味の幅が広いのが特徴です。
 アメトリンもゴールドシトリンも金運と財運を司りますが
アメトリンの紫水晶は浄化と霊的な守護を意味し、ゴールドシトリンはエネルギーの活性化という力も宿ります。
このブレスレットでは二つのポイントのほかに、32面カット水晶の6ミリが重要です。
64面カットは意外とお手ごろな価格ですが、32面カットはなかなか  お手ごろ価格では手に入らないほど、カット面が美しく
光の下で見たらおもわずその輝きに眼を奪われるでしょう。
ポイントの石を用いずとも、充分主役になれる輝きです。
それほど、技術が高くまた、それゆえに他のパワーストーンを浄化し力を増幅させるのだと思います。
豊かな自分をイメージするのに最適なパートナーになるでしょう。

#314

No.314

No.314

素材の美しさに引かれて仕入れた、マダガスカル産のゴールドルチルクォーツ8.5ミリ。
太い針ではなくて、ヴィーナスヘアーという感じの細くて、きらびやかな針がバランスよく内包されています。
これだけでも、充分、見ごたえのある素材ですが、ボタンカットを加えても美しいのではないかと思います。
ゴールドルチルクォーツの産地は、ブラジルや中国が多く市場に出回っていますが、マダガスカル産のゴールドルチルは、押しの強さはないけれど、みていてジンワリとした暖かな力を感じます。金運や財運で用いることの多い石ですが、このブレスレットはソレに加えて、体調を整えたり、気力の充実にも力を貸してくれそうです。
 この一粒に、虹が宿っている石があるのですが、それは持ち主のお楽しみとなること間違いありません。

#312

No.312

No.312

ルチルクォーツで作った男性用ブレスレットです。デザインは、依頼主の希望通り(図に示していただいたとおり)作りました。素材、石を探して歩くのに、一番苦労した品です。
中央にはタイチンルチルの11ミリ、タイチンルチルの8ミリ、ブルールチルの12ミリに、ブラックルチルの8ミリで、陰と陽、対立するもの、12の石の数で完成された世界、それぞれに大玉が一つ加わって12完全なる世界に1、始まりと力が加わります。
 作っている間中、心臓のあたりが力で圧倒されるのを感じたのが、印象深いです。
ルチルクォーツは、卸屋さんで、得意な品揃えがあるので、希望通りの石を求めて、手間が日と手間も二手間も必要です。
地球(ガイア)が生み出した、自然の芸術を堪能してください。
使用しているボタンカット水晶は、人工水晶です。ルチルの存在感を邪魔しない素材を選びました。
一見、黒水晶を思わせますが、じっくり眼をこらせば、美しい黒い針(ブラックトルマリン)の針状結晶が内包されているのが見えます。
針の太さは多種多様で、針の数が少なくても多くても、お値段は大差がありません。
ほどよく針が入っている石が、一番高価なようです。

#294

No.294

No.294

長年、取引をしていた卸さんのひとつが12月にウェブショップを閉店するという。
単品で石が欲しいときにはとてもありがたい、質の高い品をそろえているお店だったので、残念。
あたらしく卸さんを開拓しなくては、と焦っていた。
閉店するショップさんでは在庫をオークションに出品しているというので、ネットオークションでは出品の経験しかなかったのだが、落札に初挑戦。石の見る目が試されるし、質の良い石の落札はなかなか厳しい。で、私が落札できたのは、ブレスレット用の箱、シトリンの宝石カットなど。いい品は競合相手も多くてなかなか落札できない。
上記の石は、そのお世話になったウェブショップと間違えて、別のお店で、うっかり落札して手に入った石で、作ったブレスレット。
「タイチンルチル」と謳っていたが、タイチン(太い針)は1個入っていたのみ。
あとは、普通のゴールドルチルだと思います。
まぁ、そのタイチンルチルビーズ1個分の値段で落札したので、結果オーライというところか。
サイズは15ミリのルチルクォーツ。
131121bracelet03
黄金針がまんべんなく入っているし、スモーキークォーツベースで、全珠に針が入っていても、ギラギラしなくて、イイ感じ。
落札したときの記憶がほとんどないので、きっと石に呼ばれたんだと思う。
照明の下で見るよりも、こうして太陽の光の中でみると、ひとつひとつの珠の中の黄金の針が、煌いて、なんとも言えない力を感じる。
届いたときは、バラしてチャームにしようとも考えていたが、これはこれで調和が取れている。
落札したものを組んで作り直したので、これは294番となった。
内寸は16センチ。

#278-279

受注品ではないですが、手元にある石でイメージが湧いたので。

手元にある、虹入り水晶16ミリと、ゴールドルチルクォーツ8ミリを組んでみました。

存在感のある、味のある組み合わせだと思うのですが。直径ちょうど半分という石の組み合わせは、意外としっくりくるかもしれません。数も8と8で合うし、この珠の増減を考えると、7-7、または9-9で意味が深いです。

No.278

No.278

同じく、ブラックトルマリンインクォーツ12ミリとゴールドルチルクォーツ8ミリを合わせてみました。

今回のブレスレットはこういう合わせ方もある、という一例、見本です。

No.279

No.279

針入り水晶の組み合わせで、どうかな~と思いましたが、黒と金というのは、案外合うと思います。エネルギーが調和している感じです。

#236

No.236

No.236

先日、仕入れたタイチンルチル8ミリ球とボタンカット水晶で、作りました。

ルチルクォーツは和名針入り水晶と呼ばれ人気がある石です。

針の色には種類があり、グリーンやオレンジ、シルバーなどがあります。

その中でもゴールドの針、ゴールドルチルクォーツと呼ぼれ、その中で太い針を持つ石はタイチンルチルと呼ばれます。

中国の華僑の有力者の腕には、タイチンルチルがあると言われています。

タイチンブレスレット(太陽のブレスレット)と呼ばれ。タイチンルチルは代々家宝とされ、子孫に受け継ぐ伝統があると聞きました。

針入り水晶を持つならば、財運、金運をサポートするパワーは針の太さにあり、それはエネルギーの表れと言われているので、太くくっきりした針の入っている石は、パワーも違います。細い針は「エンゼルヘアー」と呼ばれます。これは、体内エネルギーの活性化や気分を晴れやかにしたいときなどに使用します。私の場合は、グリーンルチルは仕事運や仕事上の金運、ちょっとした金運や健康運にはオレンジルチルを使用することが多いです。

水晶部分が透明ではなくて、白い(スノークォーツ)だったので相場よりはお安く仕入れましたが、針のエネルギーはなかなかです。

このブレスレットの中に一粒、虹の入った石を発見。縁起が良い。

#234-235

#234

No.234

No.234

アメシストは色の幅が広い石です。

中央は宝石質のアメシスト10ミリ

 

ローズアメシスト6ミリカット球、一見黒く見える濃い色の石を組み合わせてワイヤーでまとめました。

留め具はどちらもニューホックで、ニューホックの両脇の石は水晶のように見えますが、グリーンアメシスト(プレシオライト)です。

#235

No.235

No.235

宝石質のレモンクォーツのラフカットタンブルを中心に、ベリル系の石、アクアマリンとモルガナイト(ピンクベリル)でまとめました。

石の明るさで全体のエネルギーの活性化をイメージしました。

#231

No.231

No.231

以前作成したストラップを切れにくいワイヤーで直したところ、またも切れてしまったというので、ワイヤーでブレスレット仕様にしてみました。

エネルギーの吸収と放出を考えて、左右非対称です。

ストラップも作成しました。

120205貝のストラップ

貝のストラップ

ローズクォーツとアイリスクォーツ、シトリン、オレンジルチル、アクアマリン、アメトリン。

愛とエネルギー、心の解放、経済力、開運のエネルギーをまとめました。

ひとつひとつの石が小さくとも、輪で互いのエネルギーを増幅して、調和へと導きます。

先日掲載分との変更点、トップのローズクォーツをシェル(貝)の薔薇彫刻に変更しました。

貝の薔薇彫刻

貝の薔薇彫刻