#457-458

No.457とNo.458は、リブート品です。

モリオンのブレス、ブラックルチル(黒針水晶)とモリオン(黒水晶)のブレスにそれぞれ、メテオライト(隕石)を加えています。 有名な隕石系のパワーストーンにはギベオンがありますが、今回はムオニナルスタ隕石を使用しました。どちらも採掘された地名を冠しています。

パワーストーンとして用いられる隕石の大部分は鉄からできているので、錆びます。そこにメッキ加工して錆を防ぎます。加工の過程で浮かび上がる、ウィドマンシュテッテン模様が、隕石の証とされ、各々、カラーも施されています。

地球の内部が育んだ天然石と、遠い宇宙から飛来した隕石の組み合わせ。その石の経てきた時空を想いを馳せるとき、人間の悩みも苦しみも少し小さく感じられ、楽になれるのかもしれません。

加えてみると、ブレスレットの印象がハッとするほど変わった気がします。

エネルギーの調和です。

♯428-429

 

No.428と429です。

昨日、

WordPressの画像アップローダープログラムが動作しないので!

半日、PHPプログラムと格闘しましたが、うまく行かず、古典的な手法でしのぎました。

FTTPアプリで、手動で画像を該当フォルダにアップロードして、リンクを貼りました。手間はかかったですが、画像は見られると思います。

黒水晶(モリオン)にゴールデンヒーラーを組み合わせてみました。負のエネルギーを光で浄化するというのも、ひとつの手ですが、黒水晶の力を借りて、取り込み、自分のエネルギーとして使う、という目的があります。黒(モリオン)一色だと重くなるというリクエストで、ゴールデンヒーラーを加えました。「気」の入り、と出をイメージしています。



#410

このところ、ゴムの交換や浄化を主におこなっており、備忘録は休業していました。私は、内なる神様の示しがなければ、作れない人間です。

No.410

今回作成したブレスレットは、蔵出しの石。

大切にしまっておいた石の出番です。

黒水晶と金針水晶を対として、その間をつなぐのは、虹入り水晶。

写真にははっきり写りませんが、太陽の光を受けて、はっとする虹が見える水晶です。

「氣」の入りと出として、モルガナイト(ピンクベリル)、ヘリオドール(黄色のベリル)を配置しています。

静かな空間に、光が一筋、二筋と差し込む光景をイメージしています。

この世には光があるから、影が存在する。

そして目に見える力と見えぬ力が存在する。その力を、バランスよく取り込み、具現化する力を得るための「輪」と「陣」です。





 

名札用チャーム

いろいろ

いろいろ

チャームを作りました。
仕事用の名札に着けて、身を守ります。
本人が受ける外部からのマイナスエネルギーを転じて幸運エネルギーに転換する品です。
マイナスエネルギーを浄化し、力を貸してくれるのは虹入り水晶はもちろん
これからのお勧めは、レインボーオブシディアンやゴールドオブシディアン、タイガーアイとか、見た目は地味系でも働き者です。
浄化函に一晩寝かせたあと、豊かさをサポートするマジカルオイルでプログラミングします。12ミリ珠なので強烈なエネルギーを受けると、まず、金具が壊れたり、石が外れたりします。
壊れたり、消えたりしてもだいじょうぶ。
それは、石がエネルギーに対して、頑張ってくれている証です。
石は意思に通じるというので
消耗品ですから、消えたり、破損したら、次のチャームの出番です。



#331

No.331

No.331

男性用のブレスレットです。
ロシア産の黒水晶の10ミリ珠に、「氣」の入りと抜けのポイントとして、ブラジル産のタイチンルチルクォーツの8ミリを合わせています。
チベット産の黒水晶よりは、お値段がお手頃です。品質としてはAAAのまごうかたなきモリオンの艶。
困ったこと、きついことを全て良い方向へと導いてくれる破邪好転の石モリオンの力を、ゴールドルチルがエネルギー的にサポートします。


16ミリゴールドルチルとモリオンのチャーム

130827silver-wire01

130827silver-wire01

先日、ご紹介した16ミリサイズのゴールドルチルクォーツ珠を使ってチャームを作成しました。
下のほうにあるのは、これまた16ミリサイズの黒水晶 モリオン です。左がシンプルに作ったもの、右がヒマラヤ産ムーンクォーツ8ミリ珠を合わせました。せっかくのゴールドルチル、モリオンですので、silver925のチェーンを飾ってみました。silverの素材は魔よけ厄除けの意味もあります。
130827gold-rutilucham02

ゴールドルチルクォーツ

こちらも16ミリ珠。silver925のチェーンに加えて、上下にアメトリンのボタンカットを合わせています。
こちらは、ワイヤーをより線にして飾りをつけました。上下の石はアメトリンです。
130827morion-wire01

モリオン

これは、銀と金のワイヤーをよじって、飾ったものです。

#290

No.290-01

No.290-01

写真ではわかりずらいでしょうが、ヒマラヤ産ムーンクォーツ8ミリにチベット産黒水晶10ミリ、ヒマラヤ産アイスクォーツ10ミリ、ルチルクォーツ6ミリで構成しています。
男性用です。夜空に浮かび上がる月の光を思わせる水晶の不透明さは、形成される過程で気泡が混入したからと言われています。
優しい光で持ち主を包み、浄化し、癒します。黒水晶を2つ配置したのは、魔を寄せ付けず、またあらゆることが好転するようにという意味があります。ゴールドルチルクォーツは体内エネルギーの活性化のために加えました。小さめのゴールドルチルクォーツの力をヒマラヤ産のアイスクォーツが増幅して、持ち主をサポートします。

#289

No.289-01

No.289-01

ヒマラヤ産アイスクォーツ10ミリ、チベット産モリオン10ミリ、ボタンカット水晶とsilver925の飾りパーツでまとめました。
男性用です。
No.289-部分

No.289-部分

2010年に作成したアメシストがメインのブレスレットNo.114 の相棒と言うか、サポート的なものとして作りました。
光をもって魔を祓い、黒水晶で3つのポイントを押さえて、魔を福に転じます。「氣」の入り、抜けとして、魔よけの力の強いsilver925のパーツを嵌めてあります。
ヒマラヤの氷河の下から見つかった、浄化力の強い水晶と黒水晶で陰陽のバランスもとっています。

#272-273

No.272

No.272

ゴールドルチル12ミリ珠、10ミリ、の虹いり水晶14ミリ、チベット産の黒水晶(モリオン)12ミリ、ロシア産の黒水晶10ミリ。

座金はsilver925です。ゴールドルチル12ミリとモリオン12ミリは対となっていて、虹入り水晶も相対して配置しています。

水晶の数は2つ、協調と親愛を、モリオンの石の数は7つ、大いなる変革と飛躍を意味し、

ルチルクォーツの9つは完結と変容を意味しています。

 

No.273

No.273

同じ石の組み合わせに、レインボームーンストーン8ミリを加えてみました。

こちらの組み合わせにもモリオンの数は7つ、ルチルクォーツ8つは秩序と繁栄、

レインボームーンストーンの4つは安定、信頼を意味し、水晶の1つ、は絶対と革新を意味しています。

 

モリオンの取り扱い

130827morion-wire01

130827morion-wire01

先日、黒水晶 -モリオン-を購入してくださった方から感想を頂戴した。

黒水晶のチャームを買って、ギャンブルをしたところ、「えっらい負けた」という。

その後、もう一度、挑戦したところ、「負けた分取り戻したよ」。

そうだ、モリオンのキーワードは「破邪好転」。困ったとき、災いを良い方向に導くことに力を発揮する。つまり、取り立てて困ったことがないときにモリオンを手にすると、いったん、毒出し という運を導いてから、開運に働きかけるのだ。

困ったときに、手にすれば、すぐに力を発揮してくれるが、とりたてて困っていないときに手にすると、パワーを発揮する前に、まず「毒出し」してから働きかけてくるらしいのだ。運気はいったん下がって見えて、それから上げに転ずる。他の石でも、そういう作用が少なからずあるのだが、黒水晶はその出方が激しいようだ。毒出しというのは、お金を得ようとすると、お金が、運気を上げるために石を手にすると、いっとき運が下がったように感じさせることだ。そういう意味で言うならば、石に限らず、開運グッズを手にするときは、いったん、運氣が下がることを予定していなければならない。

ということは、運がうんと下がったときに開運グッズを手にするよりも、運が良いときに開運グッズを手にしていたほうがダメージが少ないと言える。

運が下がっているとき、開運グッズを手にしても、「上がった」という実感は少ないかもしれない。運が良いときに手にしてもそれは同じだが、上がり幅を実感するには、運の良いときに開運グッズを手に入れるほうが、良いんである。

でも運が落ちたときに、開運グッズに目が行くのが人情と言うもの。劇的な開運を狙うなら、その前にある毒出し を覚悟していれば、開運の波を掴むのはたやすいだろう。

とくに黒水晶、モリオンは頼りになる石だから、どん底の時に手にするよりは、上がり調子のときに手にしたほうが、よりパワーを発現させるんだ~と思いあたったのでした。

 

上がり幅なんて、氣にしない。これ以上下がらないように、と手にするのも良いのであるが、石を買っても変わらない~と思うのはちょっと早い。即効性がないかもしれないが、タイムラグがあって、石の力は作用する。それだけは覚えておいて欲しい。