#327

No.327

No.327

13ミリのゴールドルチルクォーツ(手前)と12ミリのシルバールチルクォーツ(奥)をつなぐのは、レインボーオブシディアンの12ミリです。
写真でははっきりわかりませんが、虹入り水晶の明るさに対して、闇夜の虹を思わせます。
140619rutilu001
左がシルバールチルクォーツ、右がゴールドルチルクォーツです。
ともにルチルクォーツであります。ルチルは、針が太いと、水晶が不透明になりがちです。ゆえに水晶部分の透明度が高いものほど高価であります。
この2つだけで、このブレスレットの石の総額は8割占めていますね。
ゴールドルチルクォーツ同様に金運を呼ぶとされますが、仕事の発展の意味もあります。
指導力もサポートします。
シルバールチルクォーツは加えてヒーリング効果も高いのです。
金と銀で相対し、調和を図る意味があります。
レインボーオブシディアンはパワーストーンで言うところの結晶ではなくて、溶岩が冷えて固まった存在。天然のガラスに近い印象です。
黒曜石の名前で広く知られています。
黒曜石の中でも美しく輝く石を玲瓏(れいろう)玉と呼んで珍重してきました。
光の無い場所では、オニキスと見間違えるでしょうが、光の下でみると、仄かに浮かび上がる虹が見えます。
悪い縁を絶ち、夢の実現を加速させてくれる石です。


#311

No.311

No.311

No.299のゴムが切れたというので、石を足して作り直しました。
ブルールチルクォーツ11ミリに対してゴールドルチルクォーツの11ミリ。
氣の入りと出をバランスよくするために配置したのはグリーンルチルクォーツの8ミリです。
グリーンルチルクォーツの品質の良い珠は本当に高価ですが、先日、幸運にも手に入れてしまっておいた存在です。
 ゴムが切れたということで、残りの石をお預かりしたとき、手のひらにパチパチとした氣の動きを感じました。
こんなにはっきりと感じたのは、久しぶりです。
珠の配置にも2つのルチルで相対、ブルールチルとゴールドルチルで陰陽の形、合わせて四方の結界となり、グリーンルチルで氣の入りと出を支えます。
ホークアイはブルータイガーアイとも呼ばれます。
物事を俯瞰して捉え、解決に導く石です。
それを3-4-3-4と配置しました。
数字の「7」の力を得るためです。3は発展、4は安定、7は飛躍 となります。

#299

No.299

No.299

男性用です。
写真でははっきり写っていませんが
ブルータイガーアイ、別名ホークスアイ8ミリを使っています。
このブレスレットの主役は中央にある、ブルールチルクォーツ12ミリだと思います。
正式名称は、「インディゴライトインクォーツ」と呼ばれ、 ブラックルチルと同様、
厳密にはルチルクォーツの分類ではなく、トルマリン入りのクォーツとなります。
和名 藍針入水晶 と言います。
産出量はきわめて少なく、透明な水晶に針が入っているものは扱うお店が限られていて、今回、幸運にも手にすることができました!
石言葉 直観力、悪霊退散。
判断力を強め、自信にあふれた態度が取れるようになってくるため、 特に企業家や冒険家、リーダーとしての資質を必要とする方に最適な石だというお話です。
数珠に見えると嫌だ、というお話でしたので、石入りロンデルパーツをアクセントにしてみました。

#276-277

No.276

No.276

 

以前作ったチャームを組みなおして作ったブレスレット。ブラックトルマリンインクォーツを足してあります。

釣り糸を使用してみましたけど、重たいわ。

留め金具はsilver925のマグネットスクラブです。

 

No.277

No.277

ブラックトルマリンインクォーツ12ミリのみでシンプルに組んでみました。

バッグチャーム2点

  rose-aqa120206.jpg  ローズクォーツとアクアマリン、水晶で大き目のバッグチャームです。

恋愛運と女性の魅力(心の解放)をイメージしました。

 

 

 

 

 

charmtop1202.jpg

トップにはガーネットとパール、トルマリンで花束のように飾りを付けました。

ガーネットは家庭運のほか、努力に報いる力を貸してくれる石です。トルマリン(グリーン)は癒しと健康運、パールはアクセントです。

 

 

 

 

  sukashi-rutiru120206.jpg

透かしパーツをトップにして、スモーキークォーツ、オレンジルチル、シトリン、水晶、サファイア、アメトリン どれも、珠のサイズは10ミリ8ミリの大粒です。

サファイアは覚悟を要求する石です。

目的を貫徹するということを求める石です。

オレンジルチルは、エネルギーの活性化。仕事運の向上、自信をサポートするスモーキークォーツ、アメトリンのボタンカットを追加しました。

今回、作成したストラップはすべて、左右非対称を意識しました。

輪=和 ではなくて、どこかひとつ、エネルギーの入り、と出を考えました。

バッグチャームにしては大きすぎかもしれませんね。

その場合はキーホルダーとして考えて欲しいです。

昨日2月5日分を作成後、直感の導きを得て、石のバランスを考慮して 急遽作り直しました。

全長はちょっと短くなりましたが、基本的なコンセプトやイメージには変更がありません。

これが最終です。

 

#221

No.221

No.221

仕事運と金運をテーマに作りました。

金運で有名なのはタイガーアイですね。虎目石です。中華系でよく用いられます。

最近はよく身につけていらっしゃる方を見かけます。

金運に願いをこめている…。わかりやすいですが、実はこの「金運」の願いというのは、表立って人の目に触れるよりは、さりげなく富氣として身につけるほうが、良いと言われています。

そんなわけで、私の場合は、翡翠、シトリン、ローズクォーツ、琥珀、ルチルクォーツなどを用いて組みます。翡翠は単体で用いるよりも、他の金運関連の石と一緒に用いるほうが、倍増しでパワーを発揮します。

金運は、どこをポイントで得るかに考えて、体内エネルギーの活性化、運気の活性化でと考えてこの石をえらびました。

翡翠(ジェダイト)、レモンクォーツ、シトリン、オレンジルチルクォーツとカット水晶です。

 

#217-218

 

No.217

No.217

連絡用の記事です。

 
マザーオブパール8ミリ、水晶ボタンカットをアーティスティックワイヤー6ミリでつなぎました。

留め具はロジウムのニューホックです。

留め具の両脇は6ミリサイズの石を配しています。

 

No.218

No.218

同じマザーオブザパールの6ミリ玉を使用したものです。

留め具はロジウムのニューホック。

ワイヤーはアメリカ製の最高級のアーティスティックワイヤーのノンターニッシュシルバーを使用しています。

銅線に、色をつけてクリアコーティングを施しているワイヤーで、耐久性に優れ、アレルギー反応が出にくいと言われています。

ワイヤーの太さは.0.64ミリです。

 

No.217-218

No.217-218

 
並べると、こんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

motherofparl1117.jpg
 

 

玉の直径は8ミリ、6ミリと2ミリの差ですが大きさの印象はけっこう違います。

 

 

sto-1113.jpg
スワロフスキーのアクセサリーパーツのハート形をトップにして、中央はラベンダーアメジスト。その上下をロイヤルブルームーンストーンで飾りました。

 

 

 

 

 
keyholderamaaqa1113.jpg
アマゾナイトの勾玉、アマゾナイトの丸玉6ミリ、水晶ボタンカットにスモーキークォーツのボタンカットなどで作りました。

まとめに使っている石はスモーキークォーツの8ミリです。輪の中にひとつ、「氣」の入りと抜けを意味してアクアマリンを一つ配しています。

仕事運と守護、そしてコミュニケーションの活性化を意味しています。
 

 

#189

男性用のブレスレットです。

切れてしまったブレスレットを残りの石にプラスして組みなおしました。

 

No.189

No.189

黒水晶、グリーンルチル、オレンジルチル、アクアマリン、ペリドット、虹入り天然水晶を使用しています。

仕事運と開運がモチーフです。

黒水晶は、破邪好転の石、

ハイパーシーンは超越した強さ

グリーンルチルは仕事運、冷静な判断と活性化を意味し、健康もサポートします。

オレンジルチルは体内エネルギーの充実

アクアマリンは、他者に対する寛容と自己表現力をサポート

ペリドット 太陽の石といわれ、エネルギーの充実とヒーリング

全体の石をつなげるのは天然の虹入り水晶です。

これからの運気の好転と開運を意味します。

#168

No.168

No.168

男性用のブレスレットです。

勾玉は霊的な守護を願ってつけました。メインはグリーンルチルクォーツ7.5ミリ玉です。

黒く見える石は、光のかげんで鈍く輝く、ハイパーシーンです。

hyper という言葉を冠している、超越した強さをサポートする石で健康を守護します。

これにも虹入り水晶を使用しています。

グリーンルチルクォーツは針入り水晶の仲間で、内包する針が緑色です。

長いこと、中国圏で珍重されてきたと言われています。

やる気やチャレンジ精神を奮い起こし、発想力、企画力をサポートします。

またその色から、心身を癒し運勢を強化してくれます。

No.168 勾玉

No.168 勾玉

依頼主に上記の写真を見ていただいた時、勾玉の付いていることを気にされるメールをいただいたので、ブレスに勾玉…気になるようならばと、勾玉に匹敵する守護力を持つ(と私が思っているだけだが)黒水晶に変えて組みなおした。

外した勾玉を、今手持ちの勾玉、左から白蝶貝、水晶、アマゾナイトと並べて撮影した。

並べてみると勾玉の形はそれぞれ個性的です。

依頼者が外した勾玉をストラップにしてほしいと希望されたので、ストラップを作りました。

#166

No.166

No.166

白蝶貝の薔薇をポイントにした女性用のブレスレットです。

ほとんど、6ミリサイズの珠を使用して、華奢な印象を与えますが

精緻なカットを施された石と高価な丸玉を使用しています。

鮮やかなピンクトルマリンが主役で、そのトルマリンをさりげなく支えるのはモルガナイト(ピンクベリル)です。

ボタンカットの石は、アメトリンです。

石の配置の形と数にも意味があります。

トルマリンの6個で不思議な力を宿す、六角形となり愛の石モルガナイトを3つ配置してます。

アメトリンのボタンカットを使用したのは、さりげなく金運を浄化して呼び寄せたいから。

このブレスも裏技として、夜休むときは、お財布と一緒に仕舞うと良いのです。

トルマリンだから、体にもいいです。女性には美肌と若さの守り神です。

白蝶貝はマザーオブパール(真珠母貝)。

持ち主の心を癒し、体の成長を促しサポートします。

トルマリンと合わせて、若々しさと美しさを保つ効果があるとされています。

心が安定すれば、自然と仕事運も家庭運も上昇します。