出た!バイト先で

土日もアルバイトに出かけていましたが、出ました。

出たと言っても「霊」ではなくて、スズメバチ。ある意味、「霊」より怖い。体長4センチくらい。気持ち的には5センチに見えた。羽音が聞こえたとき、思わず携帯のマナーモードのバイブレーションの音かと思った。

狭い室内で、ハチはパニックになり、欄間に体当たりしたりして、飛び回る。

進入したと思われる窓は低い位置にあるので全然、出て行けない。

スズメバチは怖いけど、下手に動いて攻撃されたら困るので、霊と同じ対応をした。

それは「見ないふり」。

でもなかなか出て行けないんだわぁ。ハチは疲れて、窓枠や、電灯の傘に止まって少し休む。

また出口を探して飛び回る、を1時間ほどしていた。膠着状態。

その日はデータ入力業務が多くて、事務室を出て行くわけにも行かず、聞こえる羽音に怯えながら、ついに意を決して、天井近くにある排煙用の非常窓を開くレバーを引いた!が、なんと古すぎてレバーが引けない。なんだぁ!? 役に立たん!!

再び、打開策を求めて、窓を開けて、お引取りを願ったが、ハチは全然、氣がつかない。

その姿を見ていて、ふと思った。

困ったとき、視野が狭くなっていて、ちょっと余裕を持って周りを見れば、いくらでも出口(解決策)はあるのに、眼に入らない。そんな人間の姿がハチとダブって見えた。

そうこうしているうちに、強攻策を施した。それは箒でハチを出口まで誘導するということだ。

自力で何とかできない場合、そういう大きな力が働く。それが箒(のようなモノ)。

逆襲されるかも、と怯えたが、大きな箒で、無事にハチを出口まで誘導して、ハチの悩み(?)は解決。

5分後、壊れた欄間から、再びハチが迷い入って来た。近くに巣でもあるのかも。

しかし今度は、解決のコツがつかめたので、ハチを祓う(意味ちがうけど)のに成功。

事務室はほぼ密室であったから、その中でスズメバチと1時間もいたけど。

ハチはやたら攻撃的ではなかったので、良かったです。

これは、「霊」も同じような感じ。そこらにいるけど、そんなに攻撃的な存在は少ないと思う。

ハチはあんなにカロリーを消費するような飛び方しているので、たまに窓枠に止まったりして。

「少し休むんだぁ~」と遠くから見てました。

あまり、下界(私の座っているところ)には関心がなかったよう。それも助かった。

箒=手相見として、依頼者に示すことができれば。

手相を見るって事は、出口は導く箒のようなものだろうと再認識した次第です。

5月は、2件だけの更新となりました。

忙しかったのもあるけれど、今回、占星術で自分の過去を振り返った上で、将来を考える機会があり、自分の人生の棚卸しをしていました。

若いときは、星占いって全然当たってない!と思っていましたが、それは、平均的な一般の星占いですね。

自分の体が突き詰めると、星のかけらで出来ていると知ってからは、星の波動が影響しているのではないかと思って、一度きちんと自分の出生時の星の位置を鑑定してもらいたい~と思っていました。過去のことは過ぎたことなので、変えようはありませんが、私の人生はどう考えたって、残り少ないわけです。

で、残り少ないので反省というか、自分の人生を棚下ろしてみようかと。

手相見とは違う、霊感とは違う視点から摺り合せてみようと思ったのです。

過去の運勢リズムを振り返って、これからの自分の運勢リズムをいかに生かすかをじっくりと考える月となりました。

すると、やはり手法は違っても、運気の流れは示されていることに感動しました。

示されているものは、良いタイミングで来ている。

求める自分の直感に、確信を得た5月でした。

 



ご連絡とか近況報告

桜が咲いて喜んだのはついこの間だったのに、この数日、私の住んでいる市はえらく寒くなりました。ストーブ点火!しています。周囲も寒暖差のせいか、アレルギー鼻炎か風邪なのか、よくわからない方々が続出です。

私のほうは、働き方の効率が悪いのでしょうか、忙しくしておりまして、土日もバイト。祝日は手相拝見、隙間時間に家族を病院へ連れて行って、天然石を探して廻るという生活です。

それから、最近、前日や当日に「拝見していただけますか」というのも増えています。

大変ありがたいのですが、心の準備と言うか事前の準備も色々としていないようで、実は見えない部分で用意がございます。基本、応じることは難しいことをご了承ください。ウマく時間が合えば、応じることも有りますが…。

なにをしているかというと、それは企業秘密(企業じゃないけど)。

もうひとつ、コメント欄で問い合わせや申し込みをいただくことがありますがブログのソフトの関係で、私のパソコン宛にメールが届かないことがあります。

こちらから氣がついて、返信を差し上げても、最近はスマホが普及しており迷惑メールブロックをされているようで、ドメインで迷惑メールに振り分けられたり、エラーで戻ってきてしまうことが少なくありません。

「返信が来ない!プンプン!」となる方とはご縁がないと思っておりますけども。

どうしてもエラー等でメールが送信できない場合は、ご紹介者にご連絡を差し上げます。が、2日経ってもこちらからの返信が無い場合は、もう一度、ご連絡くださいますようお願いします。

 

幸せを探しに

昨日、住宅街にオープンして間もない雑貨店に、友人と連れ立って立ち寄りました。

ドアを開けるまで、お店なの?(失礼)と、ドキドキ。

ドアが、なんとも言えず良い雰囲気です。一見、カフェにも見えます。

立ち入ると、別世界でした。

8畳ほどの店内に

お店のオーナーさんの作られた布製品を始め、手作りで愛に満ちた様々な雑貨が所狭しと待っていてくれます。

 



好きじゃないけど尊敬する人

言葉には選び方がある。タイトルどおりの話。

好きじゃないけど=嫌いだけど というくくりと同じだろう、と思うかもしれないが、微妙にこめる意味が違う。私的にはこれが、手相見で語る「言葉にワンクッションおいてはいかが」ということ。

30歳になりたての頃、タウン紙のチラシの折込工場のバイトをしていた。

今でこそ、タウン紙は、珍しくもないが、当時は折込チラシが入るのは、新聞というのが普通だったから、それはそれは画期的なことだった。

情報紙に折込をチラシをセットする仕事。一人一台折込機が与えられ、割り振られた部数の折込をする。

それは、だいたい、チラシが印刷やさんから届いて、配達員さんへ配達するまでの午前10時から午後3時までが折込時間である。

10段ある、給紙トレイに情報紙、チラシをセットして機械を稼動させる。

一見誰にでもできる簡単な作業のように思えるが、これが意外と曲者。

情報紙は、2部ほど、それにチラシが数種類あり、それも受け持つ配達区域によってチラシの種類も部数も違っている。それを記したフダを渡され、それに合わせて折込機を作動させる。

機械を止めずに、一気に折込作業し、割り当て分を消化するのが、上級者である。

チラシの印刷面のインクによって、機械の各給紙トレイがチラシを送り出す速度が違うし、トレイにセットするチラシの順番次第では、うまく機械が動かずに、自動停止する。

両面印刷されているチラシは滑りやすく、油断ができない。給紙速度を調節しないと、紙詰まりして破損し、または重複して折込まれて、チラシの数が不足する。

作業が遅れると、仕事の速い人が、遅い人の元からチラシを奪っていって、モタモタしていたら、自分の機械で折込むチラシの数が足りなくなる。

チラシが足りなくなると殺伐として、作業員同士がののしりあったり、男性同士が取っ組み合いのケンカしたりすることも、あった。

まさに弱肉強食。すべてが個人責任。

チラシの折込む種類を間違えてしまったら、懲戒処罰もあるらしい。

らしい、というのは、私が勤めていた間、処罰された人はいなかったからだ。

年末のチラシはものすごい種類が折込まれるので、作業は月半ばから夜遅くまでの作業となる。

 

機械のクセを掴むまでに一苦労、チラシのクセを掴むまで、作業場の人間関係に馴染むまで一苦労だった。

私は自分に任された折込機に「エリザベス」と名前を付けて

「今日のエリザベスはご機嫌ななめなの~~」とか叫びながら、機械を操作していた。

 

首に手ぬぐいを巻きながら。Fビルにある工場は暑かったという印象しかない。

 

けれども、仕事の処理が速くて、割り当てられる部数が多くなると、能力給がプラスされ時給が上がる。

当時、私の隣の機械で折込をしていたのは、パートの主婦Aさん、年齢は40代だった。

Aさんは、工場内、十数人の中でも古株で、なによりも折込作業の速さは抜きん出ていた。

割り当て部数も一番で、私がバイトを始めたとき、指導してくれたのもAさんだ。

Aさんは無愛想で、自分にも他人にも厳しい人だ。

にっこり笑ったところは見た記憶がない。

言いたいことは工場長にも周辺の人に容赦なく言う。

言ってることは正論で、相手が自分のことをどう思うかなどはかまわないようだった。

強い人だ。

一度、工場内にトラックから荷物を運ぶように指示されたときも、工場長にむかって「私は折込に来ているんですから、手伝いません」とぴしゃりと言って動かなかった。

作業量は一番、仕事の速さも一番なAさんには、誰も、工場長すら何も言えなかった。

うちとけて会話をすることは一度もなかったが、他の社員との会話から

Aさんには高給取りのご主人がいて、ご主人の帰宅までに仕事を終わらせて家事をしなければならないことや、働いていても「お前の稼ぎがなにになる」と言われているらしいことがわかってきた。

私と同じ頃に入社した二人の男女は各々、体が弱い、掛け持ち勤務などの事情があり

仕事が休みがちであった。

働いている人が一人休むと、その人が受け持っている部数は、残った人間に割り振られる。

私は、時間が長くなるのでありがたかったが、

それを処理する分、帰宅時間が遅くなるのが不満だったAさんは

二ヶ月が過ぎた頃、工場長に「あの二人をなんとかしてください!」と訴えた。

なんとか、というのは、暗に辞めさせろということだった。

数日後、二人とも仕事を辞めていった。

私はAさんの隣でAさんの仕事振りを参考にして、作業をしていた。

折込機にチラシをセットする前の準備や、いかに機械を停止させないで、チラシをトレイに補給して速く作業を終了させるのか。

Aさんには、きっと眼中にすら存在しなかっただろうが。

当初、仕事が遅くて、手持ちのチラシを奪われる一方の私だったが、やがて順調に割り当て部数も増え、工場長から「紅乃さんがこんなに早くなるなんてなぁ」としみじみ言われた。

おかげで試用期間後すぐに時給も上がり、仕事にも慣れた頃、別の仕事場からお声がかかり、その工場は辞めた。

辞めるときに、口頭で工場長に告げたのだが、工場長は「冗談でしょう」と相手にしてくれなかったので後日、辞表を書いて持参した。

工場長は物陰に私を呼び「なにかあったのか?」と声を潜めて尋ねてきた。

それくらい、人の出入りのある職場であったことは確かだ。

Aさんの無愛想というか、若い娘が嫌いなのか、当時の同僚で20代のB子は、「大嫌いよ。Aが辞めてから、辞めるのを目標にしているんだ」と明るく話していた。

接点は、バイトしていた1年弱の間ほとんどなかったが

私はAさんのことは好きじゃないけど、仕事に対する姿勢や厳しさは尊敬している。

作業が早くて、手際が良くて、自分の主張や言うべきところは、きちんという、その強さに憧れる。

仕事ができなくて主張するのは、バカにされるけど、デキる人が言うと、みんな納得するということを

勉強させてもらった。

人生とは面白いというか、なんというか、Aさんの親族は私の高校の教師だったし、

「稼ぎがなんになる!」と話していた(らしい)ご主人と、今の職場で会って、パソコンソフトの使い方を教えることになろうとは。

Aさんと仕事をしたのは10年以上前になるけれど、私はたくさんのことを直接、間接的に指導していただいたようなものだ。

B子の仕事のモチベーションにも、影響を与えているところなんて、さすがである。

辞める!と言わずに、「Aよりも一日でも長く働いてやる」というB子もさすがだと思う。

このバイト先は、私の手相見の人生に大きくかかわっている。チラシが印刷工場から届くまでの待ち時間に、この作業場で多くの作業員の手相を拝見する機会を得たのだ。

「結婚線が長いから、結婚したがっている」

「結婚線がないけど、何度も結婚している男性」

色んな事情を抱えていた。多くの人。今のわたしがあるのは、当時、そこで働かせてもらったことも大きいと思うのだ。

Aさんの手相も拝見したかったが、とても気軽に「手相を見せてください」と言えなかったなぁ。

大晦日に、社長から、みかん一箱、お酒一升瓶が振舞われて、雪の中抱えて帰宅したのも

いい思い出である。

毎日届く、タウン紙の折込チラシの中に、たまに同じチラシが2枚入っていたりすると、折込機と格闘していた頃の自分を思い出す。

久しぶりに折込工場の前を通ったら、私のバイトしていた頃より、工場は増築されて広くなっていた。人数も増えたことだろう。

私はあいかわらず、仕事がデキて、上にぴしゃりと言えるという人間になってはいない。

ずっとずっと未熟で不出来なままである。

だからまだAさんは、「好きじゃないけど、尊敬する人」だ。



#173

No.173

No.173

男性用のブレスレットです。

テーマは「仕事運の上昇」。

ポイントに対として、小さなダブルポイント水晶を使いました。心身が癒されなければ仕事はできません。

また、ダブルポイント水晶は「ドリームクリスタル」と呼ばれる一面があります。

これは持ち主に夢の中で働きかけ、進む方向を導く力があるとされてきました。

願いを深層意識から叶えてくれる石とも言われています。

願いや夢を実現するには、「仕事」という面からが良いときは、この水晶をお勧めします。

グリーンルチルクォーツは、企画力や決断力をサポートしてエネルギーを活性化します。

水晶の珠は天然の虹入り水晶です。

天然石の虹には、運気の晴れ間を呼ぶ、「開運招福」の証と波動を持つと言われています。

自らが充実して、周りからも良い影響を受け、さらに発展招福を願って組みました。

#167

No.167

No.167

No.166と似た印象を与えるかもしれませんが…似て非なるものです。

ルビーを中心にして、その対に虹入り水晶、ローズクォーツ。

その両脇には、アメトリンのボタンカット。

そしてピンクトルマリンとアメシスト、ローズクォーツを配置しています。

ルビーは勝利の石です。

持つ人を強力にサポートします。

強い意志を持つものだけがルビーのパワーを享受できるのです。

ライトカラーアメシストは浄化と魔除の意味があります。

ピンクトルマリンは健康と癒し。

マダガスカル産のローズクォーツが自分を癒し、他人を思いやる気持ちを助けます。

虹入り水晶は、現状の困難に晴れ間を導き、応援してくれる石です。

アメトリンを少量用いています。夜は、お財布と一緒に仕舞うことで金運もサポートします。

自分自身を癒し、他人をも癒す力を与えてくれます。

#165

No.165

No.165

翡翠の薔薇と翡翠の丸玉をメインにして作りました。

女性用のブレスレットです。

アメトリンのオーバルカットにレモンクォーツのボタンカットを使用したのは、金運と合わせて健康をサポートすることを願いました。

虹入り水晶で、人間関係や仕事、取り巻く環境に虹=晴れ間、開運を意味しています。

裏技としては夜、お財布と一緒に夜にしまうことで

手許にやってきたお金を浄化して、よりよい金運を呼び寄せます

風水では薔薇のモチーフは女性にとって良いモチーフです。

色味的には可愛いというよりも、上品な感じです。

金運を欲しているというのは、周辺の人にわかりやすくあるよりは、これくらいさりげないほうが

いいのだと思います。

レモンクォーツは心身を癒し、やる気をもたらす石です。

仕事運

仕事運を願って組みました。

仕事運というのは、簡単なようでちょっと難しい。どこに重きを置くかで選ぶ石も違ってくる。財運か?やりがいか?それとも直観力か?

写真は、銀の龍を彫刻した勾玉に金と黒の針入り水晶をあわせました。輪の中に一箇所、「気」の抜ける部分、入る部分の象徴としてペリドットを嵌めました。

左右非対称ですが、バランスの取れる良いモノに仕上がったと思います。

ご予算も余裕で用意していただけて、私も満足のいくものが作れました。

針入り水晶でゴールドルチルは持ち主を鼓舞して元気づけ、ブラックルチルは、やる気を引き出し、モチベーションを高める石です。また災難から身を守る石、頭を使う人に対し癒しの力も持ちます。

ペリドットは、問題を解決することを導き、仕事や人間関係のネガティブな面を取り払います。

龍の彫刻がなんとも美麗です。