余裕って必要だ

本日、午前零時をもってお借りしているサーバーでsql4のサーバーが停止のため、見よう見まねでデータをエクスポートしたり、インポートしたりしてドキドキしましたが、とりあえず、sql5のサーバーへデータが無事に移行できたようです。で、ブログは見られるようです。良かった良かった。最悪、ブログをまた一から始めるのもしんどいので、ほっとしています。

長く生きていると、つらいときや面白くない場面に遭遇するときがあるわけですが、そんなとき、私はもうずいぶん昔に、つかの間、同じ職場で働いていたMさんを思い出します。

その職場で任用期間が満了した後、Mさんと再会したのは、ハローワークででした。その職場で私は「臨時事務主事」という短期の臨時職で働いており、Mさんは上位職の秘書というお仕事をされていました。その仕事ぶりや落ち着いた物腰に、同年代だった私は、密かに憧れを抱いていました。

ハローワークでお会いしたとき、Mさんが上位職の方々の「私設秘書」の立場で(上位職の方々がお金を出し合って、私設に雇っていた。職場の直接雇用ではなかった)ということを知りました。

私設ゆえに、お給料は私がいただいたいた臨時職のお給料よりは少なく、仕事内容は多岐にわたり、多忙だったことを聞きました。当時、普及し始めていたパソコン技能を習得しないなら辞めてほしい、と言われて、職を辞してハローワークに来ていたのです。私には雇用保険がありましたが、Mさんは私設雇用だったため、雇用保険には入っていなかったようです。

直接お話したのはその時がはじめててでした。

帰り道、立ち寄った花屋で、Mさんは薔薇の花を買いました。

正直、ハッとしました。失業中の身の私は正直、花を愛でる心の余裕がなかったからです。

Mさんの、育ちの良さというか、粗雑な私とは感性の元が違うのだなぁと思ったのです。

うまく表現できませんが、苦境に立ったときに、自分に優しくできる余裕があるかないか、で人生の質が変わってくるのだろうと知りました。

仕事がうまくいかないとき、つらいことがあったとき、自分を責めるより、ちょっと優しくして、明日への鋭気を養うことって大事。それは贅沢ではありません。

そして、傍目から見て、わからない仕事のつらいことや、逆に喜びもたくさんあるのだということ、そしてそれは、見ようと思わないと、見えないことなのだと、Mさんを時々思い出します。

Mさんとはその後、短期のアルバイトで一緒に働く機会に恵まれましたが今はお付き合いしていません。お元気でいらっしゃることを祈っています。

2015年キター!

謹賀新年

2014年末から2015年のお正月は、いつもの通り寝正月を決めこんでおります。外出もせずに自宅で年賀状を書いたり、本を読み耽り過ごすのが私のお正月。

このお正月に慣れてしまうと、おひとりさまな人生まっしぐらだと納得します。

寝正月と決めたからには、普段は飲まない、お酒の類も飲みます。お神酒の日本酒に始まって、そうだ、ハイボールも飲んでしまえ。

ハイボールを飲んだら、蕁麻疹ぽいのが出てきましたが、やりすごし、お正月なので、と、さらに日本酒の発泡酒を飲み、もう少し良い気分になってしまおう!と思っていたが、普段より飲みすぎたはずなのに、ほろ酔いが醒めてしまいました。酒が中和されたのか?いや、自分が酔っていないと思うこと、すなわち酔ってしまったということか。

ついでにアルゼンチンワインも開けてしまえ!と飲みつつ、NHKの紅白を見ていたが、急に眠たくなり、1時間ほど横になって眠った。おかげで紅白の結果は見逃してしまった。

画面はすでに「ゆく年くる年」となっていた。

すべては午後11:55分から教育テレビで放送される「0655 2355 年越しをご一緒にスペシャル」を見るため。

見て、今年一年の運試し、年運の「たなくじ」を引かねばならん!これが私の年越しのイベント。

眠い眼を、しょぼしょぼさせながら、携帯電話で撮影した「たなくじ」。

今年は”太田吉”(たぶんレア)画面をゲット!

新年の始まりに、縁起が良いわ!!と一人ほろ酔いしたまま悦に入って、床に就きました。

昨年は、依頼主の方から太田吉の画面を送っていただき、おかげさまで2014年は、干支のとおり「駆け抜けた」感があります。

あまり記憶に残っていないので、ブログは役に立ちます。

年賀状を、たくさん頂戴してありがとうございます。

皆様から「おめでとうございます」の言霊を頂戴して、私の運気も上昇確実です。

昨年末に、「ぷっかの卵」、おっとっとの「皇帝ペンギン」などを手にして、お宝水晶を手に入れ、この画面を手にしたところ、2015年は良い年であるのは決まりです。

 

運は、伝染する。運に恵まれた人とつきあえ という言葉があるそうなので、どんなことがあっても自分は「運が良い」と信じる、信じることが肝心ね。

今年もよろしくお願いします。



来年もよろしくお願いします

12月を師走と言うが、なぜにこういうのかという説は様々あって、最近知ったのは「師」すなわちお寺のお坊様も昔は年末のお経に忙しかったから、なんていうのもあるそうです。いやいや長く生きてきたけど、つい最近知りました。

年末、地元の情報紙の広告に眼を奪われて、お店の閉店セールに足を運びました。

今まで氣にはなっていましたが、いつでも開いているお店ではなかったので、行きそびれていたのです。

お店は昨日30日付けで閉店されました。私は28、29日と通って、写真の水晶を購入しました。

水晶教となって久しい私ですが、住んでいる土地の事情もあり、直接お店で手にして購入した水晶は数点です。デパートの売り場、東京の石屋さんなど。あとは信頼のおける通信販売業者に依頼して、水晶と出会ってきました。

お店での水晶の扱いにも少しはうるさい私ですが、このお店での水晶たちのとの出会いは、まさに「運命」と言えました。

普通のショップでは数千円から数万はするであろう、マニア垂涎(?)の個性的な水晶が数百円から居たのです。(そう、あえて言いましょう、居たのです。)なんでも店主さんが亡くなられたので、市場価値がわからぬままの「売り尽くし」セールだとか。

太さの6倍以上の長さをもつ「キャンドルクリスタル」とか、柱面がくっついているクォンタム・クリスタルやレムリアンクリスタルなど。これが、2個でいくら!で販売されているなんて。

そのうえ太い水晶の周りに小さい水晶が取り巻いている「アバンダンティア・クリスタル」註)アバンダンティアはローマ神話の豊穣の女神の名。

これは180グラムもあって普通だとグラム100円とかでも18000円くらいすると思うんだけど。

取り巻いている水晶がほとんど、ダブル・ターミネータ でルーペで見ると、虹も入っているし、ツインソウル、カテドラルな部分も多いのです。

あ~、これは水晶オタクな呼び名を連呼してしまった。わからない人はわからないが、わかる人にはわかる、そんな水晶です。群生とは違うらしい。群生というのは同じ根元が成長しているのを指すので、これはポイントだと思います。

 

そのうえ、ここ重要。水晶たちはお香の香りに包まれ、丁寧に扱われておりました。

世の中にはこういう幸運な出会いがあるんだわ。私が必要としている水晶たちに、

まさに、石に「呼ばれた」2日間でした。

店主のコレクションだった書籍も譲り受けることができて、年末年始は読み耽りたいと思います。

「備忘録」ではないのに水晶の話を熱く語ってしまいましたが、手相と無理に関連付けるとしたら、チャンスをキャッチするアンテナ、磨いておこう。

道は、あるとき突然、開かれる。

それを痛感した2014年、年末でした。

来る2015年も、ブログに来てくださる皆様のご健康とご多幸をお祈りします。

2015年もよろしくお願い申し上げます。



今年を振り返って

写真は森永のお菓子「おっとっと」に入っていたレアな皇帝ペンギン。ラッキーなことが起きるでしょうか。
つい、この間、新年を迎えたと思ったら、今年もあと7日となっていました。

平日、土日、バイトをして、隙間の時間に手相見と天然石のアイテムを作っていたので、なにか、寛いだ気分にはなれず、光の速さで過ぎた印象の2014年です。

手相見のブログなので手相見についての印象を申し上げますと、市外の依頼主で始まり、市外の依頼主で終わった一年です。市外7割の地元3割。女性7割の男性3割です。既婚者7割の独身者3割(いずれも現段階での話し)。再度いらっしゃいませ、は4割でした。

今年も年賀状の準備をしなくてはならないのですが、まだ出来ていません。

毎年のことですが、年越しのときにあたふた宛名を書くことになるのでしょう。

最近、あまり夜更かしできないんですよ。

年末年始は、ちょっとのんびりできると思っています。

我が家はいつも、寝正月。

静かに年越しします。

今年一年を振り返って、思う言葉は

「獅子に腕を噛まれたら、引くな、押せ」ですかね。

みなさんはどんな一年だったでしょうか。



大雪備忘録


先週の、17日と18日、爆弾低気圧襲来で、猛吹雪となり、仕事を2日続けて休みました。「不要不急の外出は控えてください」ってテレビで言っていたし、吹雪の中乗り越えていく気力もなかったし。一晩で80センチくらい積もった雪。この地方らしからぬ、水分を含んでめちゃくちゃ重たい。一日目の初除雪にして腰を痛めたため、以後、1時間おきに除雪してなんとか、しのいだ。

写真は爆弾低気圧が去った、翌々日の20日に見かけた雲。一瞬「竜巻の襲来になるかも」と一瞬ドキリとした。

が、なにごともなく風に拡散したようだ。良かった良かった。中心に「天空の城」が隠されているような雲。

吹雪の暴風のため屋外の電話線が緩んで、お隣の玄関前に垂れてしまった。

クルマが入れば、屋根にひっかかり、人が通れば首に引っかかるくらい、垂れている。

NTT東日本の支店に電話するも、この大雪被害でどこもかしこも繋がらず。

外の配線が、電話線か電気の線かよくわからないので、確認のために電力会社に電話してみる。

すぐに電力会社のパトロール車が来てくださり、「垂れている線は電話線のようです」と教えてくださった。

そこで、NTT東日本の市の支店に電話するも「土日はお休みです」とのアナウンスが。

故障担当に電話するも、ほとんど繋がらない。

そこを粘りに粘って(2時間くらい待った)ようやく繋がるも「24日まで行けない」というお返事。

「はい、そうですか」とはいかず、「まぁ困ったわぁ。お隣さんになにかあったら困る」と念を押して電話は終了。

ところが、それから2時間あまり後、連絡をくださったのは、旭川から応援に来ているというNTT関係工事担当者さんであった。

故障担当の受付さんが、念のために連絡してくださり、たまたま近くにいた業者さんが応じてくださったらしい。

陽も落ちていたのに、現在地から30分かけて雪を越えてやってきてくれて、垂れた電話線を応急処置してくれた。

きちんと電話線を処理するのは、雪がなくなる春まで待たねばならないらしい。

同じ頃、我が家の前の道路で、クルマが雪にはまって立ち往生していたのだが、私も通りがかったのが縁で雪かきをしたり、押したりしたものの、車が動かなかった。

垂れた電話線の処置に来てくださったその足で、業者さんはクルマの車輪を除雪し、脱出に力を貸してくださった。

翌日の今日は朝早くから別の担当業者さんが、駆けつけてくださった。どうやら現場は混乱していて「処理済」の連絡がうまく伝わっていなかったらしいのだ。混乱ぶりがよくわかる。

実は私、NTTの故障担当電話が何回かけても繋がらないので、少々憤っていたのだが、現場で働いている人の「おかげさま」であることをつくづく思い知って、恥じ入った。

怒る前に、相手を思う、想像力がなくなっては、ダメだよなぁ。

自分ひとりではなくて、世界は誰かの「おかげさま」で動いている。NTT東日本さんやそれに携わる人々、電力会社の皆さんのおかげで、爆弾低気圧の襲来も乗り越えられた。ありがたい。

我が家は電話線だったが、お隣はテレビの線が切れたらしい。

お世話になった皆様、本当に

ありがとうございます。



ぷりんと突然のお別れ

我が家の三代目猫女王、ぷりん(愛称ぷりこ)が本日朝の、6時過ぎに虹の橋を渡りました。

本当に突然のお別れでした。

本日朝、5時過ぎにはお気に入りの缶詰を一パック丸々とたいらげていました。元気そうでしたし、その後横になって眠っているのかと思っていたら、息をひきとっていたのです。

心臓麻痺か脳出血ではないかと予想します。

ぷりんは、先日、8月の22日に満で18歳となりました。猫の18歳は人間年齢に換算すると88歳。高齢です。

生後2ヶ月(出会ったのは1996年10月の22日)で拾ってきて、以来、頑なにドライフードを口にせず、まぐろの缶詰、鳥のささみに加えそれもベビーラーメンやえびっぷり!などの塩系のおやつを振り掛けないと食さない徹底ぶりでした。我が家の猫エンゲル係数を一匹(ひとり)で上げていたのは、このぷりんです。

亡父が生前、「好きなものを、好きなだけ食べて死ねば、本望だろう」とよく言っていましたので、短命でもしょうがないかも、と思いながら世話をしてきました。食事には他の猫たちより、手間も氣もかけてきました。

でも、予想に反して、定期検査でも異常なく、毛艶もいいね!と獣医さんにほめられました。

本当に長生きしたと思います。

12歳でみみこ、14歳(予想)でななこ、13歳で こたろう、と先立った猫たちに比べると、闘病もせず、ほんとうにあっけなくあっさり旅発ちました。それも敬老の日に。出来すぎ!!さすがだぷりん。

まさに大往生。私もあやかりたいくらいです。闘病もしていなかったので、体重はへらず肉付きもがしりしています。毛並みも美しい。寝ているような姿です。一晩置いたら、起き上がってくるかも!と思うほどです。

子猫のときから世話をしていたけど、甘え上手ではなかった ぷりん。

孤高の女王様。

頑固で、氣が強い。男装の麗人のような面構え。18年間、傍にいてくれてありがとう。ぷりん。

私的には、突然のお別れというのは、幼少時、叔父が事故で他界という形で経験していますが、成人してからは身近な存在では初めてです。

亡父も今までの猫たちも、闘病の果てに見送っていますので、ある程度覚悟と言うのがあったんです。

でも、ぷりんは本当に突然だったので、つくづく、今日は明日に続いているっていうわけではないのだと、改めて氣がつきました。

その分、思ってしまうんです。しかたないですね。

もうちょっと優しくできたんじゃないかってね。

突然のことで、悲しみを感じる余裕はまだないです。きっとあとからジワジワくるのだろうと思います。

闇夜に足コケ

私は昔から、運気の変わり目には、足コケる。なんの変哲も無いところで。

高校生のときは校舎の階段を踏み外して捻挫した。それから捻挫が癖になって悩ましい。亡父の入院のときも何の変哲もない坂道で足を踏み外した。

足裏が内出血で真っ赤になったけど、病院にいかずに済んだ。

たぶん剥離骨折していただろうと後で、医療に携わっている友人は語った。

当時父も骨折で入院していたから、私まで入院するわけには行かない、というワケのわからない気概で、通勤を続けた職場の階段を踏み外してもう一方の足首を捻挫したという…笑い話のような展開が待っていた。

一時、両方の足に湿布をして通勤していた。なんとかなると思っていたから、なんとかなった。

人間最後は気力だと思う!

もっと後に霊感のある知人に「私、足をよく怪我するんですよね」と話したところ、「煉さんは、歩きながら霊道(別の次元の空間)に足を踏み入れているので、あちら側から蹴り帰されるんですよね」と言われたことがある。

高校生のときは保健室の先生に「足が地に着いていない」と言われた。別の言葉では離魂病(りこんびょう)と言うらしい。

私は歩いていても、足に注意を向けていることが多い。それは住んでいる街が、冬に道路が凍りつき転倒の危険があるからで、事実、友人の中には転倒して、背骨を圧迫骨折したり、別の友人は後頭部を打って生死の境まで行った人もいるし、大腿骨を粉砕骨折した人もいる。

前置きが長くなったが、昨日の夜、近くのスーパーに買い物に行って、帰宅するとき、歩きなれたなんの変哲も無い道でコケた。

コケだけで、こんなに前置きの長いのはどうよ。

右足に違和感があり、ぐらりと来たとき「ヤバイ、また捻挫するかも!!」ととっさに反対側に膝をついてコケたのだ。

不注意だと、嘆くのは簡単だが、幸福を探査中のワタクシにはもっと深い(こじつけ)な考えをすると。

帰宅して見ると、ジーパンの膝が横一直線に裂けていた。そりゃもう、見事なくらい。裂けた部分だけみると、「カマイタチ」を連想する。

幸いにも、今回右足は捻挫にならなかった。

左ひざに擦り傷を作り、少々出血したが骨は無事。傷口を洗ってオロナインを塗布して寝た。痛みも少ないし、今朝手当てをしたら出血もとまっていたし腫れてもいない。痛みはこの世に自分をとどめる手段かもしれない。そうでないと意識があらぬところに飛んでいくから。

今月は、思い切って手相見をお休みして良かったかも。怪我もしたけどそういう時期なんだと考えることにした。転んでもそれを力技でも良い方向に考える。そのほうが、悪い方向へ考えるよりずっと良い。悪く考えると悪い考えにずっと引っ張られてループする場合がある。

私の父は、「病弱な自分」が大切な人だった。自覚していたかは知らないが、病弱でいることが、周囲の人に大切にされ、家族に愛される手段だと考えていた節がある。

病弱な自分でいるより、病弱でも自分の体を労わっている姿勢のほうが周囲から愛されるだろうに。

病弱でいるためには医師に止められているお酒もタバコも自分でやめられないようだった。

人間、自分の健康に神経質になっても、死ぬときは死ぬ。それは運命だから。

なにごとも極端はよろしくないが、健康に神経質になってしまうよりは、ちょっと緩く考えてもいいと思う。病気の自分を怖れるより、受け入れる。少しの体調不良も受け入れるっていうのが、年齢を重ねた人間だからこそできるのかもしれません。

病気じゃないけど、今回の怪我も自分をツイテイナイと言い切るよりも「この程度で済んでよかったわ」と思うことにしている。

え、やせ我慢?いいえ!!運が良かったんです!!

いいんです。私自身がそう思っているから。

 



今年の年賀状の話

今年も、年賀状をたくさん、ありがとうございました。年賀状を頂くのは好きなほうですが、差し上げるほうとしては、色々とこだわりがある人間です。

パソコンが普及して、絵柄も豊富でカラーで華やかな写真入りの年賀状も多いです。宛名もパソコンが印刷してくれる、便利な時代です。私も利用している一人でした。ここ数年は、自分なりにひと手間かけたものを書きたいな、と思うようになりました。

今までは、手書きのイラストや、あて先によって絵柄を変えたり、シールを貼ったり。今年は途中まで自分で撮影した写真を印刷していたのですが。

今年は元日にお届けできなくて、届いた年賀状のお返しを、書いていました。

私の手相見という立場宛に、年賀状を下さる方のコメントを読んでいるうちに、思い立ちました。

昨年、暇なときに、「パワーストーンオラクルカード」の画像を取り込んでいましたので、一人ひとりの開運のポイントをオラクルカードを引いて、その画像を差し込んで印刷することに。

そんなわけで、途中から趣向が変わっています。

前半は「ダーラナホース」 北欧の幸運を運ぶ馬の写真です。

オラクルカードは(ご神託)を意味しており、マイナスの要素がないことが、年賀のご挨拶にふさわしいかも。

手間はかかりますが、一人ひとりの顔を思い浮かべ、名前を言い、カードをひきます。

ひいたカードを、頂戴した年賀状にメモして、印刷時に、カードの画像を差込します。

そして、宛名も、手書きします。この宛名の手書きには、私なりのこだわりがあり、手書き文字に宿る言霊に開運招福の願いをかけます。

何百枚も出さない人間だからできる、瑣末なこだわりですけどね。

オラクルカードは種類も豊富ですが、中でもパワーストーンオラクルカードは、画が美しく、人間の好みを選ばないところが良いと思います。

カードの画には、その石の力も宿っていると言われています。

この年賀状の趣向も、準備は去年のうちにしていたのだけど、「ちょっと面倒だな」となおざりにしていたのです。今年は自己満足ですが、叶いました。

すっきりしました。



謹賀新年 2014年

あけまして、おめでとうございます。2014年を無事に迎えられたこと、とても嬉しいです。

私にご縁のある皆様の、ご健康とご多幸をお祈りします。

年末のバイトの帰り道に、地元の北見神社に立ち寄り、おみくじを購入しました。

新年にかかわらず、氣が向いたら(背後霊の声が聞こえたら)境内を廻ってきます。これで、私に憑いた、マイナスの邪気の小さなものは、たいてい浄化されます。

運勢をお尋ねするためのおみくじですが、どうせならば、お伺いだけではなくて、ご利益もいただきたい!ということで、数種あるおみくじの中からこれを選びました。

「運気上昇みくじ」。300円。

今の運気を上げてくれるおみくじです。

運勢は「末吉」でした。

神社によって段階に違いはありますが、「凶」の前。でも、入っているチャームが運を上昇させてくれるのです!

種類もたくさんあって楽しいです。

私のは「飛千鳥」→「千取り」で多くを得、運気があがります。 とあります。

末吉なら、上がる幅があるということですね!

 

年越しにはEテレの2355の「年越しをご一緒にスペシャル」を見てました。

2014年間運勢のたなくじがありました。

私が写したのはこれ!

午年にふさわし~い!!(自画自賛)

天のお告げ。

 

で、新年早々、私のブログを見てくださった方が、偶然同じ番組を見てゲットした写真を送ってくださいました!

 

私、たなくじ、長いことしていますが、見たこと無かったので、すごく感激です。レア画像ですね。

これは幸福のおすそ分けですね。ありがとうございます。F・Hさん!

皆様の今年が、さらに光り輝く年になりますように。

単発のバイトの予定が無くなりましたので、手相見は4日から可能です。

内なる声を聞いたら、今がその時です。

よかったら お声をかけてくださいませ。

開運グッズは、持つ事で運が自動的に上がるというのではなくて、運が上がる準備ができた、と自分自身に知らせる存在ですね。

持ったら、疑わず、迷わず、信じきる。これが開運グッズを持つときの心得です。

写真は NHK教育テレビ 0655 2355 からです。



今年もありがとうございました

月末に、思わぬところから思わぬアルバイトの話が有り、職務経歴書を作って、履歴書を書いて、面接に出かけて、バイトして。気が付いたら31日ですよ。年賀状も印刷してませんよ。

先日、夢の中で、宝船の絵をもらったので、目が覚めてから、もしかして宝くじが当たるかも?と思い売り場に出かけてみました。新春初夢宝くじを10枚買う勇気がなかったので、売り出し中の「ちびまる子ちゃん スクラッチ」を購入。お年玉賞5000円ゲット!これが私の自分自身へのお年玉でございます。このお年玉を有効に使おう!と年末の慌しさの中、応じてくださったのを幸いに、これからの自分について「リーディング」を受けました。

来年の開運にむけて、ぜひとも実践し、皆様に 手相見+plus としてお伝えできればと考えております。

今年、私はヘミシンクと出会い、また手相見を通じて、多くの力溢れる方々の人生に触れることができました。

多くの方々の手相の刻む未来には、曇りがなく、見ている私の心の曇りも晴れるような氣がしました。

天然石を通じて、多くの方ともご縁をいただき、開運へ少しばかりではありますが、お手伝いできて嬉しく思います。

依頼者があればこそ、地球(ガイア)の魂のかけら と出会う喜びを得られました。

手相見がつないでくれた縁。天然石が導いてくれた縁。

たくさんの光と、皆様の慈悲と気遣いに、深く感謝申し上げます。

 

スクラッチくじが当たったよ~!と知らせた友人も買ってみて 「当たった」そうです。

1等賞金は50万円と少な目ですが、時節柄、お年玉賞 は良い確率で当たるかもしれません。

どこかで、宝くじ売り場を見かけたら、運試し、いかがでしょうか。

来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。