#230

No.230

No.230

モルガナイトのさざれ石、シトリン(黄水晶)6ミリ、ルチルクォーツ5ミリ 使用。

アーティスティックワイヤー ノンターニッシュシルバーで留め具はニューホック。

ニューホック、年齢のお高い方にも軽く使用されることがわかり、留め金具として一押しします。

モルガナイトは、ピンクですが、ローズクォーツのピンクとは趣きというか波動が違いますね。

これが、シトリンの黄色に合うと思います。華やかで甘い、けれど、ベリル系の凛とした印象を受ける石です。

 

#186

No.186

No.186

クンツァイトのタンブルをポイントに、マダガスカル産のローズクォーツ8ミリ玉、オレンジムーンストーン6ミリ玉、カット水晶8ミリ玉で組みました。

女性にとっての幸せ、そして直感を生かして、良い運気をつかめますように。

モチーフは「直感を生かして幸せになる」です。

クンツァイトはパッと見ると、ローズクォーツに似ていますが、よくよく見ると内部の結晶や色味が少しラベンダーがかったピンク、優しい淡い色が特徴です。

自分自身にも寛大になり、周辺の人々に対する深い愛情をそっと育んでくれます。

ムーンストーンは女性の直感を冴えさせる石として知られていますが、中でもオレンジは女性性をうまく引き出してサポートしてくれます。

良い出会いを導き、愛情を引き寄せる、そんな願いをこめました。

#181-183

 

No.181-183

No.181-183

先日2011年7月4日付けの「新しい試み」で、石を説明してご依頼いただいたブレスレット3点です。

3連として身につけても良いし、2本選択して身につけても合う配色にしました。

女性の幸福、そして金運を呼ぶ石を中心にまとめました。

No.181

No.181

#181)

上質のピンクベリル=モルガナイトにシトリン、ロードナイトの薔薇彫刻を対にして組みました。

ロードナイト=薔薇輝石 という和名を持つ石は、寛大な心と包容力を象徴し、また新陳代謝を高め、若さと肉体的エネルギーを保つとされています。

 

No.182

No.182

No.182) ペリドットと、翡翠にカット水晶を組み合わせました。

ペリドットは太陽の石と言われエネルギーを持つ石です。

風水では緑は金運を司る色です。

翡翠は、パワーストーンとして金運系の石と組み合わせるとその力が倍増し、財運をも呼ぶとされています。

 

No.183

No.183

No.183)

手許の石を浄化し(アメシスト)

新しいお金を呼ぶ(シトリン)が

ひとつの結晶となって存在するアメトリン中心に、シトリンをポイントにしました。

アメトリンは世界で唯一の鉱山で産出される、希少な石で、身につけるのもイイですが、お財布と一緒にしまうとお財布の財運も上げてくれるという石です。

丸玉は高価ですが、今回はお手ごろな価格でカットされた石を手にすることができた品です。

カット石に丸玉の水晶という組み合わせは落ち着いた印象があります。

2011年の目標は「攻め」

今年は、ワイヤーで色々作っておこうと思います。

で、依頼主の言葉が、「癒し」より「積極性」をキーワードにしているので、今年の石選びは「攻め」がテーマになるかなと思います。

癒しのキーワードの石も、今までより質のよい美しい石にして、積極的に前に出ようとする運気をサポートするものにしたいです。

写真は前回載せた、クンツァイトのストラップの部分です。

ガーネットは4ミリサイズのハート型ですが、カットが精緻で美しいです。

今年は小さくてもパワーの感じられる石をお手許に届けたい。

 

で、ソフトワイヤーやアーティスティックワイヤーを丸めたり、つなげたり、鎖を作ったりして、要所要所に良い石を加えて今までとはちょっと違ったものにも挑戦したい。

ビーズではなくて、タンブルのような穴の開いていない石も身につけられるように、工夫します。

数より質に重点を置いて、今年の目標は気持ち「攻め」な感じで。

 

 

このお正月は、外国からのアクセスが半端ないくらい多くて、解析グラフを見て驚きました。

写真など、今までに無いくらい、閲覧されているんです。

キロバイトが当ブログ比数倍になっていたので、嬉しいと言うより、戸惑いが多いです。

私の住んでいる街でも、天然石の専門店が数店、オープンしました。

行きつけのお店の店員さんも、身に着けていらっしゃる方が多くなりました。

世間が、見えない力を信じてきているというのは、いい感じです。

でも、パワーストーンに育てるのは、人間の仕事。

手に入れてからの関わりが大切だと、思う。

 



 

クンツァイトのストラップ

あけましておめでとうございます。2011年もよろしくおねがいします。

新年初めての依頼品は、ストラップです。

私は、はじめて使用する石クンツァイト。

なぜにはじめて使用するかというと、天然石としては高額で、依頼主の予算内で用いることができなかった…というものですが、今回は思い切って使いました。

写真でわかるかどうかですが、虹入りです。それがこの石を用いる一番の動機でした。

クンツァイトは、ネガティブエネルギーを取り払い、常にプラスのエネルギーを与えてくれるといわれています。心理的な障害を取り除くとも言われています。

豊かな人間性を培い、自分で選んだ道を責任持って進めるサポートをします。

黒水晶(モリオン)はチベット産です。破邪好転の石として知られ、強力な魔除であり、困ったときに願いをかけると、力を貸してくれる石です。

スワロフスキーのアクセサリパーツを用いたのは、光を導くため。幸運はヒカリモノを目指して引き寄せられますから。

これに、努力が報われるというハートカットのガーネットを添えました。



#140

No.140

No.140

全体のイメージを変えずに、水晶にオレンジムーンストーン6ミリ、そしてサファイアのカット玉7ミリ、ボタンカットを追加しました。

石の説明はストラップのときにしていますので省略します。

でも、秋に身につけるのならば、サファイアは付けておくに越したことはない…ってことで。

来年の金運もプラスしました。

サファイアはパワーストーンとしては、冷静さを保ち、前向きに人生を切り開く人が持つ幸運の石。

幸せになるという覚悟のできた人が持つ石。

中途半端な覚悟の人が持つと、合わない石だとも言われています。

ワイヤーストラップ

sto-01ka.jpgローズクォーツをアーティスティックワイヤーで飾りました。

ロードライトガーネットで愛情と家庭運を

ブルームーンストーンで女性の直感力をアップさせて

全体のイメージは癒しと愛情です。

 

 

 

 シルバーシャインブラックムーンストーン

シルバーオーラ

ガーデンクォーツと勾玉で。

男性用です。

旅人を照らすと言われるシルバーシャインブラックムーンストーンに

水晶に金を蒸着させて、水晶の浄化力に、金の財運を併せ持つシルバーオーラ。

そして自然の芸術、内包物を取り込んで、唯一の模様を映し出すガーデンクォーツは、白と黒、陰陽の模様を思わせる珍しいものを使いました。その成り立ちから財運をもたらす石として珍重されているそうです。

勾玉は守護の意味を込めました。鈴もつけてみました。音色で財運もチャンスも呼び寄せます。

sto-02ka.jpg

ミニストラップ 4点

小さなストラップ

 

左から

ローズクォーツとガーネットと水晶

プレナイトと水晶とアクアマリン

ローズアメジスト グリーンアメジスト 水晶 とアクアマリン

シトリン アクアマリン と水晶

カニ缶を付けて、ストラップにも、根付にも使えるようにしてみました。

すべてトップは8ミリ玉他は6ミリ玉、4ミリ玉で組みました。

 



#007

No.007
No.007

水晶丸玉10mm.
32面カット水晶8mm.
ピンクカルセドニー

贈り物として依頼されたもの。



__