ご縁があったら

小学生のとき、通学途中にある立派な大木があり、季節になるとたくさんの実をつけていた。枝にたわわに実った胡桃を摂ろうとして、樹によじ登り、ご近所のおば様に「危ないよ!!」と叱られたのも今となっては良い思い出だ。

食べても美味しい、見ても楽しい。胡桃は一番身近な自然界の恵みだった。

その拾った実の筋を取り、布で磨いて宝物にした。

やがて大木は伐採されて、その後にはおしゃれな家が建った。この胡桃の実は、大木の忘れ形見でもある。

社会人になってからも、公園にある胡桃の木から実が落ちていると、拾ってしまう。胡桃の実は、私にっては郷愁のアイテムだ。

 

お気に入りの雑貨屋さんで、見かけた瞬間から氣になっていたのは、これがオニくるみの殻から作られたインクだと聴いたから。胡桃からインク?衝撃である。そのうえセピアの色に惹かれた。 購入したとき、インクの作成者さんのお話も聴けた。作った年によって色味が変わってくるという。なんということだ。胡桃は実は食べられるし、見ても楽しいし、インクにもなる。恵の多い存在だ。

この年齢になっても、知らないことってあるんだわ。

最近は、忙しくて天然石アイテムには説明カードをつけていないが、このインクとツケペンで、石の名前を書いてみたいと思った。名前だけね。由来は今までどおり備忘録に記します。

5月は慌しく過ぎてしまった。タイミングが合わず、手相見もお断りばかりして申し訳ない。

6月からは、来年にかけて土日祝日限定でしか拝見しない予定です。

ご理解いただけたらありがたいです。

このところ、数年ぶりにメールや電話で問い合わせくださる方々がいらして「まだ、手相を見ていますか」と尋ねられることが続くのも偶然とは思えない。そんなに必要はないけど、数年に一度見てもらいたい~という、そんな手相見が私の立ち位置でイイトコだろうから。

これが、数年、手相見をしていた私に対する「答え」なのかもしれない。

手相見の需要がなくなれば、自然にフェードアウトすることになるだろう。

私の運気は次の段階に来ているようだ。

 

ご縁があったら、お会いいたしましょう。

次の展開も模索中。というか探査中。

探し物を求めて~内面の旅へ

毎年、GWは紙に埋もれている氣がする。今年は桜も、去年より早く咲いた。連休中は、それなりに忙しく過ごした。デスクトップPCを開いてのホコリ除去もこのシーズンに行う。

身辺のゴミを片付けていた。

私の人生の大部分は紙ゴミとの格闘である。私の周りに紙ゴミが多いのは、幼い頃からの趣味でイラストや漫画を描いていたからだ。

漫画のネタを紙に書き留めるのはクセのようなものだ。

モノを持たずにシンプルに暮らしている人に憧れるが、それは叶わぬ夢だと思っている。

書くことは、紙=神 に通じる行為で、記憶するのも紙、想いをまとめるのも紙がなければならぬ。紙のない世界では暮らせないだろう。

絵でも文でも紙に書くと言うのは、脳の中の異次元から、この世に具現化するための儀式のようなものだ。で、あるからして、今も夢を見ると、紙切れに書き溜めているので、散らばった覚書を整理し、ノートにまとめて転記したりした。

本棚の本もかなり捨てたと思ったが、まだある。本につぎ込むお金を計算したら、切ないので考えないことにしている。本代は、亡き父が酒代につぎ込んだのと変わりない…と思いたい。

結局「保留」の箱にはまだ、メモが大量に入っている。私にとっては捨てがたい存在であるが、他人様から見ると、ただのゴミだというのが悩ましいところ。結局、幸福とはなんぞや?という極論まで行きつける。

メモを見て、書いた頃の自分を思い出したり、夢日記をまとめながら、その時の夢の啓示を確認したりした。私の人生のテーマは「探し物を求める旅」

そして、人生には閉じた扉がいくつかあり、それは今世では開かない らしい。

…個人的な希望としては、来世は地球には生まれてきたくない。

モノの本によると、「生まれ変わる」というのは、未来もあるが、宇宙的な時間軸の関係で、過去に生まれ変わったりする場合もあるという。過去は、ご遠慮したい。今世だってもうゴールを目指して淡々と生きていくエネルギーしか残ってません。

 

氣がついたら、5月も半ば。

バイトの都合で申しわけありませんが、手相見のご依頼の日取りは20日以降でお願いします。

私は水面~手相見に関するあれやこれ~


メッセージ絵書を保護する厚紙に書かれていたのですが、これも私の宝物です。手相を見るということは、ブログ内で幾度も記しているように、案外あっさりしているものです。運気の流れを読むのが主流です。

私の場合は手相を元にもっと深いところを見ていると想います。結果、当たるあたらない、という括りではなくて、目の前のチャンスをどう生かすか、人生の嵐をどうやりすごすか、ということを、今まで見てきた方の手相をもとに、方法を探すという内容です。

そこに手相見の私個人の私的な意見は入らないように努めますが、結局私は、依頼者の思考を写す水面のようなものです。水面が静かでなければ、空の月の姿をしっかり写すことができません。その逆も有りです。今まで、私は依頼主には恵まれていました。皆さん、基本的に前向きで、優しいし、パワフルです。手相を見た甲斐があるというものです。多くの方から、夢に近づいた、今、頑張っている、という知らせが忘れた頃に届きます。未来を見通す眼は本来閉じておくもの、それを使っている代償として、私は健康な体とひきかえ、あるいは視力の低下を招いています。

人の人生に、微力ながら立ち入る上で、提示された人生の機微を多くの人の運気を読み取ることでシェアしていきたいと思っています。

しかしながら、私は預言者ではありません。依頼主の現在の運気を押さえて、未来を予測することが可能ですが、選択するのはご本人です。

「煉さんが、○○と言ったから、○○しない」と主張される前に、自分の考えはどうなのか、もう一度向き合って欲しいと思います。

私の手相見は所詮、人間の力の及ぶ範囲であり、見えない世界の力を示しているものではないからです。

長い手相見の経験上、招来の危機や否定の予測を申し上げても、結婚される人はされるし、離婚される人はされます。手相見の意見は聴くけど、それは参考まで。という方々がほとんどです。

そういう使われ方で良いと思っています。

私は、水面。相手が「黙って座ればピタリと当たる」というのは、私には無理です。そんなに人の裏側に入り込むことは精神衛生上よろしくないので、いたしません。

聴きたいことがあれば、示していただかないと、それに対して深く見ることはできません。

依頼主の人生は依頼主が主役です。

それから、今までも何度かありましたが、同伴での手相見は今後、固くお断りします。

「お友達同士」「恋人同士」「ご夫婦」「兄弟姉妹」「親子」等々

いずれも同時にお申し込みは承りますが、同席での拝見はお断りします。

理由は、集中力が下がること、人間の深いところは、たとえ肉親と言えども「話せること」「話せないこと」が存在するからです。

今まで、なんとかなっていたところもあったのですが、今回、思うところがありまして、文章として記すことといたしました。
なにとぞ、ご理解賜りますよう、よろしくお願いします。


きれいごとでは済まない

この週末の私の気分を表しているよう。私はあることで、自分なりに頑張ってきたけど、「頑張る」という方向性が、どうやらズレテいたようで、報われていない!という現実を突きつけられた。

落胆するということは、ある意味、期待していたということで、その期待していた自分に、ものすっごく腹が立つ。

自分なりに工夫して、処理してきたこと。上に対して何度か相談していたけれど、報われなかったのだという暗澹たる気持ち。

報われることのほうが珍しいのが、この世の常と知りながら。

この数年、自分なりにいろいろしてきたけど、それは「あたりまえ」であって、自分のしてきたことが、なんの役に立っていなかったのか?と反省。

正直、こんな扱いを受けるとは思っていなかった。甘いだろうか。

それから落胆。結局自分は、上の「お情け」で今の立ち位置にいるだけなのかもしれない。

こんなに自分の中に醜いもの、邪悪なものが渦巻くとは。

胸に渦巻く あらゆる暗黒部分と向き合うことになった。

何年ぶりだろうか。

スピリチュアルに救いを求め、あらゆる人の思想に教えを求めていたけど。

自分の器のちっさいことと言ったら。

写真の雲は下に延びてくると、竜巻になるような漏斗の形をしているが、写真と同様、竜巻にならずに済んだ。

私の心の暗黒な部分も、人間臭くていいじゃん。とあえて肯定してみる。

結局、この嵐は自分の中で勝手に渦巻いているものでしかない。

そんなとき、脳裏になにか閃いた。

「次があるから。あなたの立ち位置は”そこ”ではない」

それは、妄想か?それとも氣の迷いか。でもはっきり脳裏に降りてきた感覚があった。

人間だもの。

生きていれば、きれいごとで済まない事が多々ある。

それを把握した上で、それでも私は手相見を続けていくだろう。

それしか、できないから。

手相見の間隔

先日、かなり以前、手相見を始めて間もなくの頃に拝見した依頼主から、数年ぶりに電話をいただいた。

「まだ、手相を見ていますか?知り合いの知り合いが手相を見て欲しいと言っているようなんです」 その方は、「手相見も天然石にも、もう頼らない」と明言されていらした方だったので、電話を頂いて正直なところ、意外だったが嬉しくもあった。

ご紹介していただく方には、まずブログ(このブログね)の記事を数件読んでいただいて、これを書く人間を直感的に判断してもらうのが一番良いと思っていた。

文章には、その人の人となりがにじみ出る。くどい人はくどい文章を書くし、自分勝手な人間は自分勝手な文章を書くという。

私は手相見にこだわらず、あらゆる方法で幸運を探査している。

お茶碗に5円玉も試してみるし、風水も取り入れてしまうし、天然石だって用いてしまう。

護符だって書いてみた。

やれることは、試してみるのが、私の主義。

とはいえ、このところはネットもされない方の依頼も年に数件ある。

今まで、あまりしょっちゅう手相を見ても、その人の未来は激変していないかぎり

半年から1年の間をあけて拝見していたが、必要に応じてその間隔を3ヶ月以上とすることにした。

詳しくは「手相見の流れ」をご覧ください。

世の中の空気は今、急速に変わりつつある。自分自身の思いが周りの運気を形作りやすいと感じているから。

それは、聲ならぬ声というか「お導き」の感覚を受けた。

私の手相見は、予言ではなくて、運気の流れを読むものだ。

必要な人には自然に縁がつながるようになっている。

不思議なことに、見た瞬間に未来への「意識」が変われば、未来も変容する。

一番大切なことは、運と自分をもっと信じることだろう。

そうして、私はこの数年間に得た人間関係の細かい分を、切捨て、切り捨てられたような

「力」の存在を感じざるを得ない。

 


上から降ってきたなにか

このところ、眠気が強くて、ヘミシンクを聴くのをお休みしている。

よくあることなんだろうけど、と前置きしておいて。

寝落ちする寸前に、頭に何か「落ちてきた」感覚があった。

飼い猫や、机の上の本ではなくて。空気の珠、丸い玉のようなものがふわりと落ちてきた感覚。入眠時の幻覚のようなものか。

昔、眠っていたところ、頭の中から、なにか引っ張り出されるという感覚を味わったことがあり、今度はその逆パターン。脳の錯覚としても面白いと思う。

別の日には、光の玉が、落ちてくる夢をみた。夢は潜在意識の表れてあるから、興味深い。

本日、私が呼ばれていた(と思っている)モルダバイトのペンダントが到着。

手にして見つめていると、遠い宇宙に想いを馳せると、アニメオタクだった頃や自分や天文オタクだった頃を思い出す。

最近のアニメを見てときめかないが、’80年代から90年代のアニメをYoutubeで見ると、気分が高揚するなぁ。

世の中には、人間には見えていない世界がある。最近の宇宙物理学は、それを数式で証明できつつあるようだ。

数式を見ても凡人には数字の羅列でチンプンカンプンだが、見える人には意味ある事象が見える。そんなふうに世界には、自分の目だけで見えないものが存在する。

 

密かにブログのファンをしていた道内のある霊能者Aさんの、メルマガの内容が、偏りだしたことに氣がついたのは最近だ。

言葉遣いが乱暴で、断定的になってきた。ネット上でもよからぬ噂が流布されている。だいたいはとても汚い言葉で罵倒された、という内容が目立つ。

噂は噂にしかすぎないが、実際はどうなのか、会ったことのない私には断定できない。

ただ、自戒として話す言葉には氣をつけねば、とあらためて思った。

どんなに優秀な霊能力者も、心の隙間に入り込まれて、低級霊に憑かれてしまうと、「言葉が乱暴になる」とか「金銭にうるさくなる」そうだ。

強力な守護霊が憑いていても、守ってくれないのか?

というと、そういう低級霊から守ってくれていても、当人には及ばないらしい。

低級霊に憑かれると、直近のことはよく当たるらしい。そして位の高い神様の名前を名乗って接近してくるとか。

とりあえず、私には、今のところ、そういうのはない。

直感で、繋がっているのみである。

バンバン当たり始めたら、かえって危険なのか?難しいところである。

見料は、当面、新渡戸さんでお願いすることになりました。

占いが必要な時

写真は、まるで杖を思わせる姿の水晶ポイント。先端近くにタビークリスタルの結晶が、嵌っています。これをドルフィンと呼ぶのか、それとも別の呼び名があるのでしょうか。

昨年末にお店の閉店セールで一目ぼれしました。

昔、水晶がなかなか手に入らなかった頃、手にした書籍に記されていた販売店で、水晶ポイントを通販で購入しました。現金書留郵便で、送金して、届くのを待つ。

水晶といえば、完全な六角柱で無傷のもの、という思い込みがあったので、届いた水晶には他の水晶を外した痕が残っていて、少し不満がありました。

この、別の水晶を外した痕が残る水晶が、異界への導く力がある「ゲートウェイ」と呼ばれると知ったのは、恥ずかしながら数年前です。その販売店とはネットの普及する前から、かれこれ20年以上通信販売でお世話になりました。今から振り返るに、水晶マニア御用達の石をたくさん、提供していただいたと思います。

私が水晶を手にしたのは、人生がどん底だったと思ったからで、その時は「おぼれるものはわらをも掴む」な気持ちだったのは事実です。

水晶は、手にしただけでは、ただの水晶です。水晶と向き合い、自分と向き合うということが一番大切だと、痛感します。

占いが必要な時も、「その時」だと思います。

基本、幸せで絶好調!の時に占いってあまり足が向かわないもんです。

ちょっと物事が停滞している時や、動かないと感じたとき、将来が不安なときに、占いを求めるのでしょう。

人間をたやすく死に至らしめるものは、「絶望」だと言います。

海岸の砂浜から一粒のダイヤを探すように、「希望」を求めて、占いをする。

その「希望」を見つけるのは自分自身ですが、その希望へとたどり着くヒントを一緒にしたいと思います。

今まで必要としていた占いを必要としなくなったとしたら、あなたは「運」を自分で引き寄せている。すなわち 強くなった人です。



2015年キター!

謹賀新年

2014年末から2015年のお正月は、いつもの通り寝正月を決めこんでおります。外出もせずに自宅で年賀状を書いたり、本を読み耽り過ごすのが私のお正月。

このお正月に慣れてしまうと、おひとりさまな人生まっしぐらだと納得します。

寝正月と決めたからには、普段は飲まない、お酒の類も飲みます。お神酒の日本酒に始まって、そうだ、ハイボールも飲んでしまえ。

ハイボールを飲んだら、蕁麻疹ぽいのが出てきましたが、やりすごし、お正月なので、と、さらに日本酒の発泡酒を飲み、もう少し良い気分になってしまおう!と思っていたが、普段より飲みすぎたはずなのに、ほろ酔いが醒めてしまいました。酒が中和されたのか?いや、自分が酔っていないと思うこと、すなわち酔ってしまったということか。

ついでにアルゼンチンワインも開けてしまえ!と飲みつつ、NHKの紅白を見ていたが、急に眠たくなり、1時間ほど横になって眠った。おかげで紅白の結果は見逃してしまった。

画面はすでに「ゆく年くる年」となっていた。

すべては午後11:55分から教育テレビで放送される「0655 2355 年越しをご一緒にスペシャル」を見るため。

見て、今年一年の運試し、年運の「たなくじ」を引かねばならん!これが私の年越しのイベント。

眠い眼を、しょぼしょぼさせながら、携帯電話で撮影した「たなくじ」。

今年は”太田吉”(たぶんレア)画面をゲット!

新年の始まりに、縁起が良いわ!!と一人ほろ酔いしたまま悦に入って、床に就きました。

昨年は、依頼主の方から太田吉の画面を送っていただき、おかげさまで2014年は、干支のとおり「駆け抜けた」感があります。

あまり記憶に残っていないので、ブログは役に立ちます。

年賀状を、たくさん頂戴してありがとうございます。

皆様から「おめでとうございます」の言霊を頂戴して、私の運気も上昇確実です。

昨年末に、「ぷっかの卵」、おっとっとの「皇帝ペンギン」などを手にして、お宝水晶を手に入れ、この画面を手にしたところ、2015年は良い年であるのは決まりです。

 

運は、伝染する。運に恵まれた人とつきあえ という言葉があるそうなので、どんなことがあっても自分は「運が良い」と信じる、信じることが肝心ね。

今年もよろしくお願いします。



手相棒も復活

手相見を始めて、しばらく愛用していた手相棒、本当はガラスの爪楊枝だった。ふとしたことから折ってしまい、それから使いやすい手相棒を求めて試行錯誤していた。最近、レジンを使うようになったので、レジンランプを購入したのを機に、レジンを接着剤にしてつなぎ、やや曲がってくっついたが、そこはワイヤーで補強して、使ってみた。

このちょっとした曲がり具合がなんとも使いやすい、手相棒復活。

手相棒を復活させたところ、いいタイミングで依頼主があらわれた。世の中、うまくできている。

今年は去年よりも多く依頼していただいた。

掛け持ちのバイトでご不便をおかけした皆様、申しわけありません。

そして ご協力ありがとうございます。



やはり手相見

もう、12月となっていました。

今年に入ってから携わっていたアルバイトの仕事が終了しました。

このままずっと土日のアルバイトを掛け持ちで働くのは体にキツイかも、と思っていました。ところが、急転直下で、明日で終了となりました。

この数ヶ月の間に仕事にストレスを感じたのは久しぶりです。

不調は 胃に来ました。

やはりストレスを貯めて体を壊しては元も子もありませんね。

普段、皆様にウンチクを垂れているのに、この有様。

はっとしました。

そんなとき、仕事もひと段落しましたので、、バイト先から勤務時間を短くするという申し出がありましたが、これから寒いし、予定も詰まっているので延長はご辞退しました。

好きな仕事なら踏ん張れる。でもこの仕事の展開の激しさは、背後の方の「力技」が働いているとしか思えない。

このまま手相見をやめてもいいのかな なんてちょっと思った矢先ですよ。なのに降って湧いたような仕事の終了。

そんなわけで、この一年、土日の午前中は手相見をお断りしていましたが12月13日からは、お受けすることが可能となりました。

今年、依頼をしてください、ご意向に添えなかった皆様、大変もうしわけありませんでした。

今年は、本当に好きなことに没頭する暇もなくて、気ぜわしい年ではありましたが、「今のガイド」さんのお言葉通り、「少し時間を作って…云々」することが可能となり、安堵しています。

バイト先がバイト先だけに私のことをご心配くださった、皆様、ありがとうございました。

これからも、よろしくお願いします。

紅乃 煉