#370-371

No.370

No.370

ゴールドルチルクォーツとモルガナイト(ピンクベリル)12ミリがポイントのブレスレット。
色相の希望が「ピンク」でしたので、ピンクカルセドニー、アクセントのチェリークォーツは人工石です。
ゴールドルチルクォーツの両端は、ローズアメシストでまとめています。
No.371

No.371

このブレスレットは、二重巻きで身に着けます。
留め金具はニューホック、他の素材はsilver925.
モルガナイト(ピンクベリル)6ミリ、鮮やかなのは、カラーサファイアのピンクです
鮮やかな色を引き立てるのは、レインボームーンストーン。
サファイアとルビーは同じ、コランダムという鉱石ですが、ルビーと呼ばれるのは鮮やかな赤のみで
その他はすべてサファイア=カラーサファイアと呼ばれます。
 サファイアは青が一番有名で、聖書にも出てくる賢者の石。ダイアモンドの次に硬いとされる
石です。
覚悟をもって身に着けると、サポートしてくれますが、持ち主を選ぶ石でもあります。
モルガナイトは、ピンク系の癒しのイメージの代表はローズクォーツですが、ローズクォーツは、少女のイメージですが
ピンクベリルは、それよりももっと大人で懐の深い愛情を呼び寄せるといわれます。
モルガナイトは、アクアマリンの仲間で、ベリルという鉱物ですが、ベリル系の中では、一番高価な石です。

#327

No.327

No.327

13ミリのゴールドルチルクォーツ(手前)と12ミリのシルバールチルクォーツ(奥)をつなぐのは、レインボーオブシディアンの12ミリです。
写真でははっきりわかりませんが、虹入り水晶の明るさに対して、闇夜の虹を思わせます。
140619rutilu001
左がシルバールチルクォーツ、右がゴールドルチルクォーツです。
ともにルチルクォーツであります。ルチルは、針が太いと、水晶が不透明になりがちです。ゆえに水晶部分の透明度が高いものほど高価であります。
この2つだけで、このブレスレットの石の総額は8割占めていますね。
ゴールドルチルクォーツ同様に金運を呼ぶとされますが、仕事の発展の意味もあります。
指導力もサポートします。
シルバールチルクォーツは加えてヒーリング効果も高いのです。
金と銀で相対し、調和を図る意味があります。
レインボーオブシディアンはパワーストーンで言うところの結晶ではなくて、溶岩が冷えて固まった存在。天然のガラスに近い印象です。
黒曜石の名前で広く知られています。
黒曜石の中でも美しく輝く石を玲瓏(れいろう)玉と呼んで珍重してきました。
光の無い場所では、オニキスと見間違えるでしょうが、光の下でみると、仄かに浮かび上がる虹が見えます。
悪い縁を絶ち、夢の実現を加速させてくれる石です。


#318

No.318

No.318

ピンクトルマリン4ミリのオーバルカットビーズに、レインボームーンストーン(ホワイトラブラドライト)のボタンカットです。
水晶のボタンカットと32面カット4ミリ。留め金具は、シルバー925製。サイズ調整を兼ねたアジャスターチェーンも同じシルバー925。
チェーンの先にはピンクというよりは、赤 ルベライトと呼ばれる色のトルマリンと淡水パールを合わせています。
あえて、左右非対称に組んであります。
細いブレスレットですが、存在感があると思います。
ホワイトラブラドライトで女性としての直感を研ぎ澄まし、ピンクトルマリンは心を癒してくれると言われています。
思いやりをもって他者を愛し、信頼できるよう導く石とも言われています。
もちろん、トルマリンですから、健康にも力を貸してくれます。

#307-308

No.307

No.307

シーブルーカルセドニーとカット水晶6ミリのシンプルなブレスレットです。

精神と肉体の調和に働きかけるシーブルーカルセドニー。
眼の覚めるよな青ですが、天然のカルセドニーを人工的に染めたものです。
染めたものですが、価値が認められ、またパワーがあるとして流通する石です。
他人とのコミュニケーションにも力を貸してくれます。
No.308

No.308

 
モルガナイトのさざれ石と、水晶8ミリ球でシンプルに作りました。
ローズクォーツのほんわかした、癒しのパワーよりも、数段踏み込むような、自分から放つ明るいパワーがあるモルガナイト(ピンクベリル)はアクアマリンの仲間。 愛と癒しの石です。
 
 
上記2品は、今まで秘蔵していた石たち。蔵出しです。
 


メイアクト

#300

No.300

No.300

記念すべき(本当か?)300番目のブレスレットです。最近周りで小さなブーム(になっているのか)の2連ブレスです。
メインの素材は上下のホワイトラブラドライトのボタンカットです。上のアクセントにカラートルマリン(緑)とペリドット4ミリ。中央にはアメジストのファセットカット。
下の部分は、ブルートパーズのシェイプカットにグリーントルマリン、シトリンのボタンカットを合わせました。
金具の部分は14金ゴールドフィルド。留め具は同じく14金ゴールドフィルドのマグネットクラスプです。
No.300-02

No.300-02

今年のうちに300番まで届くか微妙なところでしたが、おかげさまで、300まで到達いたしました。
今年もご依頼くださった皆様、ありがとうございます。
飽きっぽくて、大雑把な私が300を数えるブレスレットを作ることができるとは、作り始めた頃は想像できませんでした。
今はただただ、感謝の気持ちでいっぱいです。
この次の目標は、とりあえず、350ですか。
写真では、わかりづらいですが、アメシストの両端には、セイロン産のムーンストーンも少し使用しています。
このブレスレットに名前をつけるとするならば
そのものずばり、「宝石箱」でしょうか。

#298

No.298

No.298

二連のワイヤーブレスレットです。
ホワイトラブラドライトのボタンカットをメインにしてますが、上の部分はドロップカットのブルーサファイアが主役です。
下段には、ホワイトラブラドライトは同じですがピンクサファイアのボタンカット、アクセントにはピンクトルマリンを加えています。
留め金は、ニューホックです。
金具パーツはsilver925ですが、ニューホックはロジウムです。
ボタンカット水晶もポイントで使っています。
No.298-02

No.298-02

写真では美しい青さが出ていませんが。光にかざすと美しいブルーの色が浮かび上がります。
ホワイトラブラドライトは、別名レインボームーンストーンとも呼ばれます。

#292

No.292

No.292

ほぼ2ヶ月ぶりに作成したブレスレット。
依頼品ではなくて、ちょうど、良い素材(シトリンの大玉)が手に入ったので
手元にあるブルームーンクォーツと合わせてみました。
シトリン(黄水晶)12ミリ珠を中央に、ブルームーンクォーツでシンプルにまとめてました。
黄金の光にムーンクォーツの色合いがしっくりきて、華やかな印象を与えつつ癒されるというイメージです。目にすると元気になれる組み合わせです。

#288

No.288

No.288

先日、キーホルダーとして作成したものをブレスレットに組みなおしてみました。石の色の組み合わせを気に入ってくださって、ぜひともブレスレットにと希望されたのです。
ピンクに魅かれるというお話だったので、石の配列もピンク=モルガナイトが大目。数は8。

対するホワイトムーンストーンは4つ。
カット水晶をポイントにして光満ちる綺羅星のように。ポイントには深い色合いが魅力のディープローズクォーツ。
silver925の座金も良いと思います。

#285

No.285

No.285

ヒマラヤ産ブルームーンクォーツ8ミリとボタンカット水晶のブレスレットです。
ミルキークォーツと似ていますが、ほのかに蒼く輝くところからブルームーンクォーツまたはムーンクォーツと呼ばれています。
この石は、私が、一目ぼれして購入しました。珠の大きさは普通ですが、輪となり水晶のカットの輝きに映える不思議な雰囲気をもつブレスレットとなりました。
ずっと見ていると、ヒマラヤ山脈の空に輝く月が思い浮かんできます。
撮影に使用したのがコンパクトデジカメのためか、はたまた、テクニック不足なのか、撮影設定をどんなに変えても、美しく撮れなかったのです。
もしかしたら、この石の美しさは見た人間にしかわからないからではないか、と思うのです。。。。。
石から出ているエネルギーが、そうさせていると思います。

 

#283

No.283

No.283

虹入り水晶10ミリ珠とシャンパンルチルクォーツ6ミリで合わせてみました。

シャンパンルチルは小さいので、一見シトリンに似た印象を与えますが、6ミリ珠の中に比較的太いゴールドルチルが入っています。

エネルギーの活性化の身体エネルギーのヒーリングをイメージしました。